ARCHIVES 2013年10月
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム
No image
Read more

スポンサーサイト

 --, --   -
No image
Read more

「愛しているなら…」という束縛

束縛の続きです。「私はあなたのもとへ帰って来る」と、あなたがパートナーにコミットし続けることで、彼もだんだんとそれを信じられるようになってきます。そうして関係が落ち着いてきたら、基本的な信頼は構築できてきています。そこからはまた次のチャレンジです。そう、「ノー」が言える関係を目指します。これまで私たちは、ある神話を信じてきました。相手に『ノー』と言うことは、『愛していない』ということだ…と。『ノー...

 04, 2013   0
No image
Read more

ありのまま、あるがまま

私たちは『未知のこと』に対して恐れを感じます。死ぬのが恐いのは、死後どうなるかわからないからです。試験が恐いのは、どんな問題が出て来るかわからないし、合格出来るかどうかもわからないからです。もしも、死後の世界が極楽浄土であることを確認出来たならば、死はそれほど恐ろしいものではなくなるでしょう。「明日の試験問題は、この問題集と同じです」と言われれば、試験もなんら恐くなくなるでしょう。サッカーのPKがハ...

 05, 2013   0
No image
Read more

こどもの世界

ほとんどの人が誤解していること、誤解していることにすら気付いていないことを、今日は書いてみようと思います。それはですね…この世に『本当の大人』なんて誰もいないんだ!!…ってことです。肉体年齢が何歳であっても、です。私たちはみんな『年食った子ども』です。そう思って親を見てみましょう。あの上司を見てみましょう。そして、自分を見てみましょう。誰が『本当の大人』ですか?本当はね、誰も大人じゃないんですよ(笑...

 08, 2013   0
No image
Read more

自分と相思相愛になろう~“自分LOVE”のススメ~

カウンセリングで手に入る最大の恩恵は、この世でいちばんの恋人が手に入ること。それも決して心変わりしたりしない、信頼出来る人。死ぬまでずっと添い遂げられる伴侶。その人は『自分自身』。『自分自身』が大好きな相手だったら、毎日が楽しい。心理カウンセリングに来る人は、まず『自分が嫌い』です。「そんな大嫌いな自分を、どうにか変えて欲しい」と、いうわけです。夫婦関係が行き詰まって奥さんが「夫をどうにかしてくだ...

 10, 2013   0
No image
Read more

『良かれと思っての心』が・・・

『人間関係が怖い』は、実は『自分のエゴの声が怖い』なのだ。エゴは四六時中、私たちの耳元でささやく。「自分なんか人に好かれるわけがない」「きっと悪く思われたに違いない」「自分のここがダメ、あそこがダメ」「自分の気持ちより相手の気持ちが大切」ってね。それを信じてしまうから、私たちは人と関係を築くことが怖くなってしまうんだ。それを信じた私たちは、エゴのサイドに自分から回り込み、エゴと一緒になって自分を責...

 11, 2013   0
No image
Read more

子どもが本当に求めていること

私が小学校の6年生のときだったと思います。当時習っていたエレクトーンで、とある合宿メンバーに選ばれてしまいました。それはヤマハの札幌センターで4日間缶詰で有名な先生の指導を受ける、というものでした。その間は近場のホテルに初めて会う子と同室で泊まるのです。私は親と離れるというだけで、もう寂しくてしょうがないほど気が小さい子どもでした。でももう決まってしまったことにイヤとは言えず、その日が近づいてくる...

 14, 2013   0
No image
Read more

11月のスケジュール(2013)

11月のセッション予約可能日9:00のスカイプ限定枠が可能になりました。10:00~19:00は対面・電話・スカイプいずれもOKです。※メニュー【心理カウンセリング・OHカード・レイキ】の詳細はこちらです1日(金)10:00 13:30 15:302日(土)9:00 10:304日(月)10:005日(火)10:00 13:30 15:306日(水)10:00 13:30 17:307日(木)〜12(火)まで研修のためお休みをいただきます13日(水)10:00 13:30 15:3014日(木)10:00 13:00 15:3016日(...

 23, 2013   0
No image
Read more

心の応援者

対人恐怖がある方に、よくやってもらう筋トレがあります。それは『挨拶』です。例えば幼稚園児のママだったら、「朝と帰りの送迎のときに、目の合ったママさん誰にでも、はっきりわかるよう感じよく挨拶してください」と。とはいえ、こういう人は、人が恐いのですから、「挨拶するのも恐い」と言います。でも実際、その人が恐れているのは、『挨拶して無視されること』です。相手が挨拶を返してくれればホッとし、返してくれなけれ...

 27, 2013   0
No image
Read more

「助けたい人」はいますか?

「ウチの夫、DV夫なんです!」と言って駆け込んで来る人で、本当にDV状態の人はあまりいない。実際のDVというのは、双方共に自覚がないのが普通なのだ。それから「DVは夫から妻への暴力」が、一般的だと思われているが、実際にはその逆も少なくない。妻の側からの心理的・経済的コントロールや、モノを投げる、壊す、あるいは殴る…などの暴力があっても、夫はそれを『暴力』とは思わず、ただ耐えるのみの状態になっていることも多...

 28, 2013   0
No image
Read more

『もう期待しない』

『奥さん』に、考えてみてもらいたいことがあります。『奥さん』を自分のことだ、と思った方は、当然ですがご結婚している方ですよね。そして『旦那さん』がいるんですよね。じゃあ、質問です。あなたは旦那さんに、こんなメッセージを送っていないでしょうか?「私はあなたを当てになんかしてない。あなたは別に必要ないから」ちょっとショッキングだったかもしれません。しかしこれは、カウンセリングに訪れる奥様たちが、みんな...

 30, 2013   0
No image
Read more

ブックリスト2013

2013年1月(7)●〈からだ〉の声を聞く 日々のレッスン―人生に〈気づき〉をくれる365日のセルフワークリズ・ブルボー/★★★●君を成長させる言葉酒井 穣/★★●空の智慧、科学のこころ (集英社新書)茂木健一郎、ダライ・ラマ十四世/★★☆●億万長者専門学校 実践編クリス岡崎/★★★☆●ゼン・マクロビオティツク―自然の食物による究極の体質改善食療法桜沢如一/★★★★●娘は男親のどこを見ているか (講談社プラスアルファ新書)岩槻謙司/★★★☆●多肉...

 31, 2013   0
No image
Read more

自分を開く

自分を隠そうとしない人は、愛されます。『他者と向き合う』それは『相手という鏡に自分自身が映ること』でもあります。その時、好ましい自分像を見られる人は、他者と会っていても疲れず、楽しく過ごすことができます。他者も、その人と過ごすことを楽しむことができます。ところが、人に会うととても消耗する、という人は、向き合った相手に嫌悪している自分像が映るのです。いえ、もっと詳しく言えば、自分自身にも隠したいと思...

 31, 2013   0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。