fc2ブログ

「あなたを悲しませたくない」(加筆)

「あの人を悲しませたくないんです」
「きっとダメになってしまいます」
そんな言葉をよく聞きます。


「だから〜は、出来ません」
「だから〜は、言えません」


そう決めているあなたへ。
それは本当に本当ですか?


相手が悲しむか悲しまないか、
あなたには手に取る様に
見えているのですか?

じゃあ、きっとあなたは
エスパーなんですね?


「・・・・」


黙っているけれども、
あなたの心の中にはありありと
打ちひしがれる相手の姿が、
相手のその後の未来が、
見えているのでしょう。



でも、『未来』は分からないし、
コントロールできないものです。

このことを、私たちはつい
忘れてしまいがちです。


そして無意識なのですが、
相手の感情や行動を、
コントロールしようとしてはいないでしょうか?



「悲しませたくない」というのは
一見優しげな言葉ですが、
「歓ばせたくない」と同意です。



つまり、

『あなたは自由に感情を感じてはならない。それは私がコントロールする』

という態度なのです。



厳しく聞こえるかもしれませんが、
ちょっと昔のことを思い出してみてください。


あなたが悲しんだり、歓んだり
自由に感情を感じて、
自然にふるまっていると、

誰かの機嫌が悪くなったり、
怒られたりしたことはありませんでしたか? 

おそらくそれはご両親ではないでしょうか?



あなたはその人たちの
機嫌を取るべく、
自分の自然な感情から遠ざかって
しまったのではないでしょうか? 

そうしていつも顔色を窺い、
彼らの望むことを先読みし、
その通りの自分を演じることで、
生き延びてきた。


そう、エスパーにならなきゃいけなかった。



エスパーならば、
怖いことを回避できます。

先に要求を満たすことで、
相手の感情をコントロールする
(怒らせない、悲しませない)
ことが出来たからです。

歓ばせることもできたからです。


それは、自分を守るために
必要な能力だったのですね。



でも、そのエスパー経験から、
すべての人の思いを読めるのだと
思ってしまった…。


そこは

『あなたがエスパーで、ほかの人々は察してちゃん』

という世界です。



あなたは常に“察してちゃんを
察してあげること”に忙しく、
すっかり疲弊してしまっています。




そしてなんと、

『エスパーをやり過ぎると、自分の感情が察せられなくなってしまう』

というパラドックスが起こります。


そうなると、
自分の感情がわからないので、

『相手を悲しませないための選択』
で、自分を悲しませていても、
全然気付けません。


それは正しい選択だと信じています。


でも、潜在意識には、
察してちゃんへの怒りと
自分を蔑ろにされた悲しみが
(本当は自分自身への怒りが)
溜め込まれているのです。


それが、今の
あなたの現状かもしれません。




☆「私もエスパーかも…?」と、思ったら。


お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

どうしよう、どうしよう?

過去、何かマズいことになって、
「どうしよう、どうしよう」
って言ってウロウロした経験は、
誰にもあると思います。


そんなとき、私たちは必ず
自分を守ろうとしています。


失敗や失態を隠したい。

それによって、
自分を悪く思われることを
なんとかして避けたい!


「ああ、どうしよう?」
「どうしたらいい?」って。



出来ることならこの失態を
どうにかこうにか取り繕って、
やっぱり “良い人” と思われたい…。


つまり、自分で自分のことを

「このままでは自分はひどい悪人だ!」

と、思ってるんです。

そしてそんな自分を
ものすごーく責めているんです。


更に、

「このままでは嫌われてしまう…」

と、ものすごーく恐れています。



そう、

だから「どうしよう?」は、
「どうしたら嫌われないか?」
ってことですよね。

ってことは、あなたは相手に
“嫌われたくない” んですね。


それって、
相手があなたにとって
大切な人だってことですよね…?



だったらね。

取り繕ったり、
言い訳したりするよりも、

「ごめんなさい」です。


「ごめんなさい」
「悪気はなかったの」

「もう、嫌われちゃうんじゃないかって思って恐かった」

「本当にごめんね」


そういって、本当の胸の内を
相手に差し出すんです。



結果はね、
たぶんハッピーエンドです。

だって、もし自分が
謝られる側だったらどうですか?

思わず許しちゃうんじゃない?




「どうしよう、どうしよう」
にハマっている時は、

「どうもしない。ただ謝罪する」
が一番賢明です。


「ごめんなさい」が言えるって
すごくステキです。


でも、私たちはなかなか
「ごめんなさい」が言えませんね。


それはきっと、
エゴが優勢になっているから。


「自分の非を認めたら、絶対
責められるぞ、嫌われるぞ」と、
あなたを脅すのがエゴの声です。


でも事実はそうではないんです。
非を認められる人は、愛されるのです。



ま、分かっててもなかなか
難しいですけどね(^-^;)。



☆6/25 “浄化”のワークショップ参加募集中!

お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : わたしの心
ジャンル : 心と身体

浄化のワークショップ(再投稿)

女性限定のワークショップ
のお知らせです!

テーマはずばり『母親』


あなたとお母さんの関係は
良好ですか?

ある人は
「あの人(母)が許せない!」
と、今も苦しんでいるでしょう。

ある人は
「あの人のことはもういいんです」
と、諦めか達観しているでしょう。

ある人は
「母とは友達みたいな関係」
と、何も不満を感じていない
かもしれません。


でも・・・、

あなたが今人生に悩んでいて、
生きづらさを感じているのなら、

私たちのルーツである
母親との関係を、もう一度
検証してみる必要があるのです。



私たちの悩みのすべての根源は、
親子関係に行き着きます。

『人生で一番初めに形成される
人間関係』が、その人の人生の
基本設定になるからです。


とはいえ、母親を責めることは
何の解決にもなりません。

問題は、
あなたの『お母さんへの感情』と、
あなた自身との付き合い方

の方なのです。



自分自身の感情を大切にする術を
学べないまま、私たちは大人になりました。

そうして今も苦しんでいます。
感情を持てあましているのです。


今まで持てあまし、やむを得ず
封印してきた沢山の感情が、
あなたの人生のブレーキに
なっているのかもしれません。


しあわせになりたいなら、
まずそのブレーキを外すこと。

ブレーキを踏んだままで
アクセルを踏み込んでも、
思うように人生は動き出してくれません。



今後定番のWSとして、
継続できればいいなぁと思っています!



【葛藤する私たちの“浄化”のワークショップ】

日 時 2013年6月25日(火)13:30~15:30

場 所 望のカウンセリングルーム
    (室蘭市中島町1丁目 中島入口バス停より徒歩1分)
     詳細は申込後にお伝えします。

料 金 特別価格 2000円

定 員 6名(定員になりました)

お申込 メールでのお申込みはこちらです
    (24時間以内に返信いたします)

    お急ぎの方は電話でお申込み下さい。
    電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/

テーマ : 幸せになる方法
ジャンル : 心と身体

どうしよう→こうしよう

クライアント様から
メールをいただきました。

ブログ記事
『どうしよう、どうしよう?』
合わせてお読み下さい。

M様、ありがとうございます♪



ここから--------------------


先日はありがとうございました!
本当に助かりました・・・!

生きた心地がしない時間を
短くしてくださり、
的確で丁寧なアドバイスを
ありがとうございました。


あのあと、
『落ち着いて謝る』と決めたので、
無事に細かい用事を済ませられました。

もし、その落ち着きを得られ
なかったら、私は混乱したまま
自動車の運転も危なかったと思います。


夫とは無事仲直りできました。

夕方メールしたのです。

「ごめんなさい、帰ってきてください。さみしいです」と。

そしたら、

(普通に帰る予定です。そんなに自分を責めないで)

と返事がきました。


この時、どれ程うれしかったか・・!

やっと深呼吸できた気がしました。
夫は優しすぎないか?とも思いました。


帰ってから話を聞くと、夫は
「自分も大人げなかった」
と言っていました。

その日、会社でもトラブルがあり
「何かトラブルの起こりやすい
日なのではないかな・・」と言っていました。


今回、主人の価値について
あらためて感じました。

もっと大切にしないといけないな・・




『どうしよう、どうしよう?』読みました。

私はよく言います。

『どうしよう?状態』がこわくて
人と会いたくないんだ、と今気がつきました。

とっても怖がりですし(汗汗)

それで「どうしよう?」となって
しまった時、夫に「大丈夫」とか
他人の目線で教えてもらっていました。


私がその状態になると、娘は、
耳をふさいで隠れるような
感じになってしまいます。

かわいそうです。

今書いていて気付いたのですが、
怖さが私を苦しめ、
生きづらくしているみたいです。


幼稚園行事などで気ぜわしく
ご報告が遅れてしまいました。

色々なことがあったので、
あれだけの恐怖を感じて
起承転結したことを、
先生のブログを見て(あ・・)と
思い出しました(笑)


よかったです・・!!
忘れてしまうくらいに小さくなって!

本当に感謝しています・・!
ありがとうございました!



(T県/女性・40代)

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

『私は〜〜である』

先日、新しいファンデーションを
買って、早速使ってみたところ
…大失敗でした。


「肌色が濃すぎて使えない!」


実はこの失敗を、過去にも
繰り返しやらかしています。


私は子どもの頃から
『色黒』で通っていました。

学級写真の面々を見ても、
女子の中ではダントツに
黒かったワタシ。

痩せてて、チビで、色黒。

そんなセルフイメージが、
訂正されることなく、頭に
刷り込まれているわけです。


だから、

「色白の方」
「色白〜普通の肌色の方」
「健康的な肌色の方」

こういう3択になっていると、
「色白?ちゃうちゃう」と
つい「健康的な〜」を選んで
しまうんです。


そして、毎回無駄にする(-_-;)。



お化粧をするようになってから
もう、20年以上。

日焼けにも気をつけるように
なったので、今は多分『普通』
の肌色に近い感じなんですよね。


でも、この刷り込みが、
毎回無意識のうちに、
私に濃いファンデーションを
買わせるんですよ!


今回、
「もうほんっとにこの
思い込みを訂正しよう!」
と思いました☆


これがファンデーション
くらいの話ならいいんですが、

この『私は〜〜である』という
セルフイメージは、実際に
私たちの人生を左右します。


例えば、

『私には愛される価値がない』

もしもそんなセルフイメージを
持っていたとしたら、私たちは
選択を誤ります。

愛情やしあわせを、
受取り損ねてしまうのです。


人生の中で、どれだけたくさんの
愛情やしあわせを受け取れるか?は、

運とか環境要因とかじゃなく、
自分自身のセルフイメージ如何!


事実、
『私には愛される価値がない』

そう信じていた頃の私は、
不幸のオンパレードでしたから…。



だけど、それなら
セルフイメージを変えられれば、
人生も変えられる、ってことです。


それが本当だった…!


そう分かるまでには
ずいぶん回り道したけれど、

今は「しあわせです」と
言えるくらいになりました。


その道のりを、
出来るだけやさしく簡単に
お伝えできるように、試行錯誤の毎日です。


テーマ : 潜在意識の法則
ジャンル : 心と身体

敵の敵は味方 !?

「今のあなたじゃダメ」
「もっと頑張らなきゃダメ」
「なんで出来ないの?」

って言う人と、

「今はそれでいいんですよ」
「頑張り過ぎですよ」
「出来ることからやっていきましょう」

って言う人と、

どっちがあなたの味方だと思う?

friends-3011896_640.jpg

実は、
前者はクライアントさん自身で、
後者はカウンセラーです。


カウンセリングに来る人は、
まず間違いなく、『自分の敵』
になっちゃってます。


今自分は溺れていて、なんとか
浮き上がろうとしているのに、

その頭を沈めるようなことを、
自分自身に言っているって、
なかなか気付けないんですね〜。



「今の私じゃダメなんです」
「もっと頑張らなきゃ!」
「なんで出来ないの?」


そう言って自分を痛めつける間は、
あなたは自分の最大の敵。


ところが、
カウンセラーのスタンスは違います。

「今はそれでいいんですよ」
「頑張り過ぎですよ」
「出来ることからやっていきましょう」


そう、正反対なわけですね。



ここで気をつけないと、
クライアントさんに

「わかってもらえない」
「この人は味方じゃない」

と思われちゃったりします。



『弱っている自分』の最大の敵は、
『強がっている自分自身』です。

それはエゴから来る『プライド』です。





癒しは『弱っている自分』を
受け入れることから始まります。


『自分のプライド』が、
『傷ついた自分自身』を
ナイフで刺し続けているのに、

「早く癒されて元気になって、社会復帰したい」

なんて、無理な相談なんです。

その事実に気付いてもらう…
この、最初の一山が
カウンセリングの難所です。


カウンセラーは
『弱っているあなた』の
味方であると同時に、

『強がっているあなた』の
味方でもあります。


とはいえ、
『自分を痛めつけるあなた』
から、『弱っているあなた』
を擁護する必要があるときは、
私は反対サイドに回ります。

でも、『敵の敵は味方』


ほんとうはいつでも、
『弱さ』も『強がり』も
全部ひっくるめたあなたの味方。


ああ、今書いていて気付いたけど…


『弱さ』も『強がり』も
全部ひっくるめたあなたの味方。

 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

これって、『未来のあなた自身』。


あなたが、まるごと全部
『自分の味方』になったとき、
カウンセリングは終了するのです!



その日まで、いえそれ以降も、
私はずっとあなたの味方です♪



関連記事:「今はそれでいい」どん底の希望
     「自分が嫌い」なスーパーマン
     まず私が私の味方♪
     二人三脚
     相棒



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

トイプのチョコ、見つかりました!

友人宅のチョコが、市内で
無事見つかりました!

知利別町某所で震えて
うずくまっているのを
近所の方が発見、保護して
連絡を下さったそうです。

情報を拡散していただいた皆様、
ご協力ありがとうございました。

感謝いたします。


ああ、ほんとに良かった!


チョコ

無事帰還。
そしてシャンプー中ww

かなり痩せた感じですが、
怪我もなく元気だそうです♪




テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

7月のスケジュール(2013)

7月のセッション予約可能日


9:00のスカイプ限定枠が可能になりました。海外で時差のある方にも便利です。
10:00~19:00は対面・電話・スカイプいずれもOKです。

※メニュー【心理カウンセリング・OHカード・レイキ】の詳細はこちらです




1日(月)
10:00 13:30 15:30

2日(火)
10:00 13:30 15:30

5日(金) 夜の対面可
10:00 13:30 15:30
19:30

6日(土)
10:00 13:30 15:30

7日(日)
10:00 13:30 15:30

9日(火)
10:00 13:00 17:00

10日(水)
8:00 10:00 13:30 15:30

12日(金)
10:00

15日(月)
10:30 13:30〜“葛藤”ワークショップ

16日(火)
13:30 15:30

17日(水)
10:00 13:30

20日(土)
10:00 13:30 15:30

21日(日)
9:00 10:30 13:30 15:30

22日(月)
10:00 13:30 16:00

25日(木)
10:00 13:30 15:30

26日(金)
10:00 13:30 15:30

27日(土) 夜の対面可
10:00 13:30 15:30
17:30

29日(月)
13:30 15:30

31日(水)
10:00 13:30 15:30





※セッションは完全予約制・前払い制です。

メールでの予約お問合せはこちらです
(24時間以内に返信いたします)

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)



仕事中は電話に出られない場合もございます。
その場合は恐れ入りますがおかけ直しください。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

『ダメ母』と産後うつの関係は…?

"ダメ母いる女性は危険?産後うつになりやすい女性の特徴5つ"


みなさん、子どもが産まれたときは、「これからは毎日が幸せでいっぱいだわ!」と思っていたのではないでしょうか?

でも、いざ子育てが始まると悪戦苦闘の毎日。幸せ気分どころか、逆にストレスがたまって落ち込みがちになってしまうこともありますよね。

このストレス、できるだけ放置してはいけません。最悪の場合、産後うつになってしまう可能性があります。

では、どのようなタイプの女性が産後うつになりやすいのでしょうか? 心理カウンセラーの三浦望さんに“産後うつになりやすい女性の特徴”について、教えていただきました。

あなたは当てはまってませんか? 早速チェックしてみましょう!


↓ こちらをクリック
itmama.gif


ステキなママのハッピーな毎日を応援するサイト『It Mama』さんから、取材協力の依頼がありまして、記事を書きました。

「ドキッ」とするタイトルを
編集の方がつけて下さいました。

どんな内容かは、読んでみてください。

私的には、
『聖母願望のある女性は〜』って
タイトルにするかな?

(^^)v



テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

褒められたい、褒められたい(加筆)

『この世界で生き延びるためには、
人に褒められるような価値のある人間でなくてはならない』


私たちはこの観念に
苦しめられています。


だから私たちのエゴは、
「褒められよう褒められよう」
と頑張ってしまいます。

褒められるためには、
自分の気持ちは二の次、三の次。


『良い人は自分の感情を優先してはならない』

これもおなじみの観念です。

そうして自分の気持ちを
踏みにじっているのは、
実は相手ではなく自分自身だ、
とは気付いていないのです。



例えば犬。

彼らは褒められるのが大好きで、
それ自体が喜びです。

でもそのために犠牲はしません。

私たちはそんな彼らを愛します。



例えば猫。

彼らは褒められることを
必要としません。

“自分自身” でいること、
自分の感情に忠実であることが、
何よりも喜びです。

だから、犠牲はしません。

私たちはそんな彼らを愛します。



そして人間。

褒められること、イコール
「自分が存在していてもいい」
という承認
と思い込んでいます。

だから、
なんとしてもそれを得なければ、
この世に居場所はない…と恐れています。

そのために、
自分の喜びや自由や尊厳を、
迷うことなく犠牲にします。


そして、
「代償を差し出したのだから、
求めているものが手に入るはず」
と期待しますが、

必ずしも承認が得られるとは
限りません。


その時にわき上がるのは、
行き場のない怒り。

しかし、その怒りまでもが
『良い人』には許されません。


怒りの炎は
自分自身の中に押し込められ、
その身を焼き、傷つけます。

それでも私たちは、
良い人を演じ続けているのです。


この不器用な私たち人間に、
「ありのままでいいよ」
「そのままで愛してるよ」
そう言ってあげませんか?


犬や猫が愛されるのは、
彼らが自分を愛しているからです。

自分が愛されていることを、
疑っていないからです。

だから人間のように、
愛されるための謀(はかりごと)を
しないのです。

「私のこと本当に愛してる?」
なんて、人間を試さないからです。


そして、
私たちにどんな欠点があっても、
彼らは関係なく愛してくれるからです。

その愛に、私たちは癒されるのです。


自分自身にも愛を注ぎましょう。

そうすると、魂が愛を送り返してくれます!

自分自身の『愛の循環』を
取り戻した時、私たちは
そのままで『愛される人』になっています。

誰の承認も必要なく、
愛に満たされているのです。



テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード