fc2ブログ

『メタ認知』『メタ推量』

●「メタ認知」とは〜メタ(meta)は、包括した、超えた、という接頭語で「メタ○○」と使うのが一般的だそうです。ですから、「メタ認知」とは“自分を包括した認知”とか、“自分の認知を超えた認知”ということになるわけです。また、そういう思考で認知することを「メタ認知」といい、予測や想像をすることを「メタ推量」と呼んでいます。

【メタ認知】→自分に対する認知そのものを認知すること。自分に置ける現象や家庭を他者の視点から客観視し、知って、理解するという意味。

【メタ推論】→自分を超えた他者の視点で推論すること。他者が自分をどのように見ているかを、他者の視点になってみて推論するという意味。

認知心理学では「メタ認知」や「メタ推論」は自己概念の形成や修正には自己を対象化し、自己を評価するという思考が欠かせない、わかりやすく言うと、自分のことを客観的に見ることをレベルアップさせ、まるで他人を見るように捉えて、冷静にその価値を測るということです。

また「メタ認知」とは自己の認知を認知することであり、「メタ認知的認知」と呼ぶ認知についての知識の側面を「メタ認知的活動=メタ推論」という、自己の認知をモニターしたり、コントロールするという側面から構成されていると説明されています。

自己に関する成長過程や、何かしらの行為に対して効果を発揮するために「メタ認知」や「メタ推論」を手法とした自己教育はきわめて重要だと言われています。

その過程で「メタ認知」的思考は、

自己教育と言った時の“自己”は、教育の“対象(客体)”であると同時に“主体”である。通常の教育という営みが、“教える者”と“教えられる者”という異種体間を元に成立していることを考慮するならば、自己教育における“自己”は、教える者であると同時に教えられる者であり、一人で二つの役割を果たさなければならない。そのためには、何よりもまず“自分はどんな人間か、どのような領域が得意・不得意なのか、どのような自己統制が可能か”といったことを明確にすることによって、学びの主体としての自己を自分でよく知っていることが必要不可欠である。また同時に、モニター役である他者の目や行動や説得に対して、どれだけ敏感に反応しうるかということも重要な要因である。(『教育心理学年報第29集「メタ認知研究からの提言」』丸野俊一氏のレポートより)

という様に使われているということです。


この本から

すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、〈三人称〉で考える。すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、〈三人称〉で考える。
(2012/06/25)
石原 明

商品詳細を見る


【告知】自分塾

6月の自分塾、日程決定しました。

平日組:6月12日(水)13:30〜
土日組:6月15日(土)13:30〜



受講生の方は、
いずれか都合の良い方へ
エントリーして下さい!

よろしくお願いします(^^)


jibun1.jpg



また、6月25日(火)には、
『母親との葛藤』をテーマに
女性限定のワークショップを
開催予定。

近々詳細をアップします。

こちらはオープン講座ですので、
どなたでもご参加いただけます。



テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

「恥」という感覚

最近『恥』ということについて
よく考えています。


恥


私たちが生まれたとき、
まだ赤ちゃんだった頃に、
『恥』って意識していた
でしょうか?


生まれたての赤ちゃんには
『恥』の感覚は皆無だと思います。


おしめを替えてもらったり
するのに、いちいち『恥』を
感じていたら大変ですからね。



でも、大人になった私たちは、
ものすごく強烈に『恥』を
意識しています。


常日頃から、とにかく
『恥』をかかないように、
人と違わないように、と
注意深く言動を選んでいます。


何かを選択する時には、
必ず『失敗しない』方を
選ぼうとします。


『失敗』は『恥』と
ほぼ同意というか、

『失敗=恥=死』くらいに、
恐れているように感じます。


『恥』をかいたときに、人は
「死にたいくらい恥ずかしかった」
と言いますから。


そして誰かに『恥』を
かかされた時には、
相手のことを死ぬほど憎んだりもします。



しかし、
“何を恥とするか?” は、
あくまでも本人の主観。

そう、“人によって違う” のです。


先日、あるカップルさんの
お話しを聞いていた時のこと。


一方は「恥をかかされた」と
言って猛烈に怒っているのですが、

相方はそれを恥ずかしいこと
とは思っていなくて、むしろ
微笑ましいエピソードとして
話していたんですね。


認識が違うと、反応もこれだけ
違ってくるわけです。

そして、「恥をかいた」と
思って苦しんでいるのは
本人だけで、相方も私も、
実はなんとも思ってないわけです。



この『恥』というのは、
『恥』を感じている本人の、
価値観そのものです。


カウンセリングに来る人の
多くが『恥』に苦しんでいます。

自分が自分のことを
『恥ずかしい』と
思っているのです。

↑ 他者ではありません。


そう思っているからこそ、
誰かにちょっと笑われたとかで、
もう立ち直れないほどに
落ち込んでしまったりします。


そして、
「これ以上恥をかかないで
済むように」と、

「これ以上失敗をしないで
済むように、HOW TO を
教えて欲しい」と言うのです。


でも、それは根本的な
解決にはならないんです。




生まれたての赤ちゃんの頃、
私たちは自信に満ちていました。

(自信のない赤ん坊っていないですから…)


あの頃の私たちは、
欲しいおもちゃに向かって
ただひたすらに這いずって行く
力がありました。

何度転んでも、
また立ち上がろうとする
根性がありました。

不思議なものに対して、
なぜ?なぜ?と問う
好奇心がありました。

「お兄ちゃん、お姉ちゃんが
出来ることは、必ず自分にも
できる!」という信念がありました。


そう、私たちは
愛すべき冒険者だったのです。


魂の使命は、
生きること
成長すること
その目的を果たすこと、です。

それは誰に教えられたのでもなく、
魂がどうしたらいいかを
知っていたからです。




でも、今は自信なんて
これっぽっちもなく、
「自分は恥ずべき存在だ」
と思っている。


なぜでしょうか?


今のあなたはどうですか?


ひたむきさや、根性や
好奇心や向上心・・・

これらを恐れてはいませんか?


だって、もし失敗したら・・・
と思ったら、恐くて出来ない。

そうじゃありませんか?



『失敗=恥ずべきこと』

そう思うようになったのは、
いったいいつからなのでしょう。


まっさらだった私たちの心が、

「これは失敗で、
とても恥ずかしいことなのだ」

という解釈を、
もしも学習しなければ、

今も私たちは、直観に導かれた
愛すべき冒険者のままで
いられたのかもしれません。



そして、世の中の成功者と
呼ばれる人たちはみな、
そういった人たちなのです。


人生は、
本当は上手くいくように
なっているみたいなのです。


ところが「これは失敗で、
とても恥ずかしいことなのだ」
という解釈が、

チャンスが目の前に来た時に、
ブレーキを踏ませるのです。


この、厄介で頑固な呪縛を、
私たちは親子関係から学び、

それが「三つ子の魂百まで」
と言うように、私たちの
生涯にわたって影響します。


でも・・・、

この呪縛を解くことが出来たら、
人生がきっと変わります。




☆人生最初の人間関係である
『親子関係』を見直して、
しあわせになりたかったら・・・

お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

6月のスケジュール(2013)

6月のセッション予約可能日


9:00のスカイプ限定枠が可能になりました。海外で時差のある方にも便利です。
10:00~19:00は対面・電話・スカイプいずれもOKです。

※メニュー【心理カウンセリング・OHカード・レイキ】の詳細はこちらです




1日(土)
10:00 13:30 15:30

2日(日)
9:00 10:30 13:30 15:30

5日(水)
10:00 13:30 15:30

6日(木)夜の対面可
10:00 15:20
19:30

7日(金)
10:00 13:30

10日(月)
10:00 13:30 15:30

11日(火)
10:00 13:30 15:30 17:30

12日(水)
10:00 13:30〜自分塾平日組

13日(木)
18:00(出張)

15日(土)
10:00 13:30〜自分塾土日組

17日(月)
10:00 13:30 15:30

20日(木)
10:00 13:30 15:30

21日(金)
10:00 13:30 15:30

22日(土)
10:00 15:30

25日(火)
10:00 13:30〜葛藤する私たちの“浄化”のワークショップ

26日(水)
10:00 13:30

27日(木)
13:30 15:30

30日(日)
9:00 10:30 13:30 15:30





※セッションは完全予約制・前払い制です。

メールでの予約お問合せはこちらです
(24時間以内に返信いたします)

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)



仕事中は電話に出られない場合もございます。
その場合は恐れ入りますがおかけ直しください。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード