ARCHIVES 2013年01月
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム
No image
Read more

スポンサーサイト

 --, --   -
No image
Read more

ミッションステートメント2013

「まず自分がしあわせになりなさい。そしてしあわせになれたら、その方法をまわりの人におしえてあげなさい」p140変な人の書いた世の中のしくみ(2012/10/17)斎藤 一人商品詳細を見る今年の私のミッションステートメントに、斎藤一人さんの本から、この言葉をお借りしたいと思います!「まず自分がしあわせになりなさい。そしてしあわせになれたら、その方法をまわりの人におしえてあげなさい」今、目の前のクライアントさんがまず...

 04, 2013   0
No image
Read more

ダイヤモンド

人はみんな、一人残らずダイヤモンドです。だけど、原石のままだったり、土やホコリが付いていたり、磨かれていなかったりするんです。私達は、輝いている人を見ると嫉妬の感情がわき上がることがあります。そのとき、私達は自分自身の価値をディスカウントしています。「私はキレイでも輝いてもいない」「ダイヤモンドなんかじゃない」「ただの価値のない石だ…」そう感じて辛くなるから、輝いている人を見ると苦しい。「ステキで...

 05, 2013   0
No image
Read more

『現在地』と『目的地』

心理カウンセリングは旅のようなものかもしれません。まず『現在地』があって、そこから『目的地』へ向かう旅。今、人付き合いが苦手な人が、人と楽しくつき合えるようになるとか、とにかく『今』から出発して、『そうなったらいいなという未来』へ向かって歩くこと。カウンセラーはその旅の道連れであり、コンパスの役割でもあります。さて、悩んでいる人がよく陥っている落とし穴があります。それは、「なぜ『現在地』が『目的地...

 07, 2013   0
No image
Read more

ボウルビィ『安全基地』

 ボウルビィらの研究をまとめると、母親を始めとする保護者の「安全基地」がどれほど確固たるものであったかと言うことに応じて、子供は次のような特徴を持った発達を遂げる傾向がある。 まず第一のタイプは、保護者が子供に十分な「安全基地」を与えることが出来た場合である。すなわち、子どもの自主的な挑戦を背後から見守り、それを妨げない。ただ、見守っているというメッセージだけは子どもに伝え続ける。そして、困ったと...

 14, 2013   0
No image
Read more

被害者スタンス

夫婦間のよくあるケンカは、『どっちが被害者か?という争い』に、なっていることが多い。つまり、被害者の立場を取り合っている状態。「私はあなたに〜〜された!」って。それって、もし自分が被害者になれば、相手は自動的に加害者になるんだよね。そしてお互いに「加害者にはなるまい!」と、必死の攻防戦を繰り広げるわけ。『加害者=悪者』『被害者=正義』って、思っているからね。「私が正しいと相手に分からせれば、悪者は...

 16, 2013   0
No image
Read more

伝われば、上手くいく!?

コミュニケーション=苦手…って人は多いですよね?で、そんな皆さんの言うセリフは、「上手く話せないんです」です。最近ふと思ったのは、どうやら『上手く話せる』(そうなれば)『相手に意図が伝わる』(そうなれば)『わかってもらえば上手く行く』(思い通りになる)というイメージを持っている人が結構いるんじゃないか?ってことです。『相手に意図が伝わる』ってところまではOKなんですよ。でも、あなたの意図(情報)に対して...

 23, 2013   0
No image
Read more

2月のスケジュール

2月のセッション予約可能日10:00~19:00は対面・電話・スカイプいずれもOKです。20:00以降は基本的に電話・スカイプになります。(下記の日程以外で、夜の対面をご希望の方はご相談ください)※メニュー【心理カウンセリング・OHカード・レイキ】の詳細はこちらです1日(金)13:302日(土)10:30 13:30 15:305日(火)10:30 13:30 15:306日(水) 夜の対面可13:30 15:3019:307日(木)10:30 15:309日(土)10:30 13:30 15:3010日(日)10...

 25, 2013   0
No image
Read more

相棒

カウンセリングでは、私たちが普段意識していない領域の『潜在意識』についてお話しします。この『潜在意識』『顕在意識』、簡単に言えば『心(感情)』と『頭(思考)』です。私たちは『心』と『頭』の二人三脚しながら、歩いているのだとイメージしてください。でも、『頭』は自分ひとりで歩いていると思っているんですね。だから本当は、相方である『心』が「それは嫌だ」と感じていたとしても、その言い分を聞くどころか、嫌が...

 30, 2013   0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。