ARCHIVES 2012年11月
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム
No image
Read more

ブックリスト2012

2012年1月(5)●笑いごとじゃない―世にも明るい闘病記 (ちくま文庫) ジョーセフ ヘラー、スピード ヴォーゲル 他/★★★●始めよう。瞑想?15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫) 宝彩 有菜/★★★●人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ 中島 義道/★★●論理的思考力を鍛える超シンプルトレーニング―人気国語塾発!「3つの型」で驚異の効果! 福嶋 隆史/★★★★●神の詩―バガヴァッド・ギーター 田中 嫺玉/...

 01, 2012   0
No image
Read more

『犠牲』という通貨

『愛されるためには、相手の期待に応えねばならない』という、とてもポピュラーな観念があなたの中にもないだろうか?職場で、友人同士で、夫婦間で、親子の間で、今もたくさんの場で、「愛されるために」たくさんの人が自己犠牲をしている。自分の気持ちを、長年二の次三の次にしてきて、今では自分の気持ちもわからなくなってしまって、「なんでこんなに苦しいんだろう?」「私はこの人のなんなんだろう?」「この人は私のなんな...

 05, 2012   0
No image
Read more

聖母願望(追記)

今、『子育て』という貴重な、輝かしい体験をしているお母さん達へ。特に新米のお母さんたち、「疲れてませんか?」・・・疲れてるでしょ?あ、・・・もしかして、「疲れた」「しんどい」なんて言っちゃいけない!って、思いましたか?「我が子を愛しているのに、子育てが辛いとか言ってしまったら、子供に申し訳ない」「自分の都合を優先しちゃった時、罪悪感でいっぱいになって…」そんなご相談が多いこの頃。皆さん、母親という...

 07, 2012   0
No image
Read more

幻滅

私たちは相手に勝手に期待して、勝手に幻滅して、勝手にディスカウントする。ディスカウントというのは、相手の価値を値引きして見たり、価値を低く見ること。「そんな人とは思わなかった!(怒)」なんてセリフが出るときがありますよね。この怒っている人↑は、もともとは相手の価値を “高く” 評価していたわけです。たとえば、ある女の子が彼のことを「私のことをすべて分かってくれて、いつでも私を最優先にしてくれる人♪」と思...

 14, 2012   0
No image
Read more

二人三脚

私達は自分と二人三脚してるようなもの。自分=顕在意識。相方=潜在意識。この相方をちゃんと理解してあげないと、人生のレースは決して思うようにならない。自分の行きたい方向と、相方の行きたい方向は一致しているかどうか?それをまず確認しよう。え?行きたい方向はひとつに決まってる?それが実はそうじゃないかもしれないんだよ。たとえばダイエットを考えてみよう。あなたは「痩せたい」。それが自分の本心で、それ以外な...

 16, 2012   0
No image
Read more

子犬のトラウマ

人に頼ったり、相談したりするのが苦手で、上司に何かお願いするときも、常に言い訳がましい、回りくどい言い方になってしまい、相手を不快にしてしまうらしい…。そして、そんな自分を責めたり、恥じたりしてしまいます。そんなご相談がありました。このような人は、『人を信じられない』『信頼したいけど、恐い』という気持ちがあるようです。すると、無意識的に『被害者のスタンス』に入ってしまいがちです。本人は、(嫌われな...

 17, 2012   0
No image
Read more

イエス、プリーズ

『遠慮』は、日本人の美徳とされ、私達はごくごく小さい頃から無意識に刷り込まれています。初めての外国で、ホームパーティーに招かれた日本人の話を聞いたことがあります。ホストに「料理のおかわりいかが?」と声をかけられたとき、無意識に「いえ、結構です」と言ってしまったら、「そうですか(^^)」と、それっきり勧めてもらえなかった…、と。ここでその人は、「相手はもう一度勧めてくれるだろう」と、思っていた自分に気付...

 18, 2012   0
No image
Read more

わからないことが、わかった

「私は、この人のことがわからない」今、同じ出来事を体験していたとしても、相手がどんな気持ちか、なんてわからない。夫婦でも、恋人同士でも、血の繋がった親子であっても、相手は私になんて言って欲しいと、感じているかはわからない。私は自分がどうしてあげたらその人にとって一番いいことなのか、わからない・・・。(出来るのは、想像することだけ)「私は、この人をわかってないってことが、わかった」この気付きほど、素晴...

 21, 2012   0
No image
Read more

『ルール』と『不信感』

先日、停電で、窓から見える大きな交差点の信号が消えていました。国道に合流するT字路なのですが、見ていると、信号がなくても(おまわりさんもいない状態)ちゃんと左方優先を守りながら、スムーズに合流していきます。こうした非常時に、「自分だけが良ければいい」といった行動を取らない日本人の美しいDNAを感じました。そして、「実は、信号なんてなくてもいいのかもしれない」なんてことを考えてしまいました。急いでいる時...

 29, 2012   0