fc2ブログ

サポーターズ講座 第三期募集中!

【サポーターズ・サポート講座(男性のうつ編)】


少人数制(定員2名)で、
現役心理カウンセラーから、
「うつの心理」「患者さんとの接し方」
「回復への道のり」を直接学べる講座です。

リーズナブルな料金設定!
(3000円)

月1回、2時間の講座を、
必要なだけ継続していただけます。
(ワンクールの目安は5回です)
(開講日時のご相談も承ります)

サポーターの方の心の辛さも
しっかりと受けとめていきます。


-----------------------------------------


受講希望が2名になりましたので、
第二期の開講が決定しました。


実際に配偶者や親兄弟がうつ、
というわけではないお二人ですが、

カウンセリングを通して
自己探求を深めていく中で、

「自分もあの時はうつ状態だった」
「誰もがうつになりうる」

そう思うようになったそうです。



「私が学ぶことで、何か力に
なれるのではないか?」

そんな自分の想いを行動に移す。
それは容易なことではありません。

自分が当事者でなければ尚更です。


うつ予備軍の方・無自覚のうつの方
どちらも相当数おられると思います。

きっと、私たちのすぐ隣にも。

そのとき、
心の痛みとそのカラクリを知っていて、
優しく対処出来る人が身近にいたなら、
どれほど助けられるかわかりません。


そんなサポーターさんが、
また増えるのだと思うと、
とても嬉しくなります。



また不思議なことに、
講座に参加してくれる二人は、
びっくりするほど、
境遇が似ていたりします。

やっぱり何らかのご縁があって、
このメンバーで学ぶことに
なるんだなぁ、と毎回思わされます。



『うつ』は身近な病。

患者さんだけの問題ではありません。

患者さん本人も、
支えるご家族も、
その子どもたちも、
そして地域の誰もが、

この問題を共に乗り越えることで、
心からの幸せを感じられるよう、
成長していくことを目指します。




★この講座の対象となる方

・夫がうつで苦しんでいる奥様
・息子がうつで苦しんでいるお母様
・友人や同僚に患者さんがいる方



現在は働き盛りの男性のうつに
焦点をあてておりますが
今後、対象を広げていく予定です。



★この講座の目的


現在地の確認~目的地へのルートを学ぶ


1)同じ苦しみを分ち合える人がいることを知る

2)他の人の話からヒントを得る(パターンから学ぶ)

3)患者さんの話を聴くトレーニング(傾聴)

4)自分の気持ちを伝えられるようになる
(そのためには、まず自分の感情と向き合う)

5)ウツの原因を知る(心のカラクリを学ぶ)

6)自分自身の他者との関わり方を見直す

7)患者さんの心の中で起こっていることを論理的に学ぶ

8)患者さんへの接し方のトレーニング

9)正しいゴール(目的地)を設定する


-----------------------------------------


【サポーターズ・サポート講座(男性のうつ編)】
  第三期募集中!


定 員 2名(希望者2名で開講)

日 時 毎月一回、ご希望の日時に開催

場 所 望のカウンセリングルーム
    (室蘭市中島町1丁目 中島入口バス停より徒歩1分)
     詳細は申込後にお伝えします。

料 金 3,000円

お申込 メールでのお申込みはこちらです
    (24時間以内に返信いたします)

    お急ぎの方は電話でお申込み下さい。
    電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合いがございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/


関連記事:サポーター第二期募集記事
     うつ病の患者さんを支える人へ

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

自分優先(1)

woman-1045464_640.jpg

あるクライアントさんの
優先順位はこんな感じ。


夫の意向>子供の意向>世間の意向>自分


ところが、本人は、
自分が限りなく後回しに
なっている
ってことにも、
気付いていませんでした。


この方は、こうした優先順位
に従って、長年生きてきた結果、


自分が何をしたいのか?
何を食べたいのか?
何を求めているのか?
何がうれしいのか?


それすら、全く
分からなくなってしまいました。


人生そのものが、まるで
無味無臭になってしまったよう。


何を見ても、何を食べても、
感情が動かない状態に
なってしまったのです。


そこまでいってしまうのは、
究極の状態ではあります。

が、無自覚のうちに
自分の感情が鈍くなっている人は
相当いらっしゃると思います。



さて、あなたの優先順位は、
どうなっているでしょうか?


『自分』はどのヘンに
位置していますか?



「でも、自分優先にってことは、
ワガママってことですよね?」

そう思った方も、たくさん
いるのではないでしょうか?


でもね、そうじゃないんですよ♪

その答えは次回に(^^)。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

自分優先(2)

1aaee76952235782eda3e2456cc749b2_s.jpg

自分優先(1)

自分を優先する=ワガママ


私達には、こんな観念が
刷り込まれているみたいです。

そして、ワガママと思われる
ことを異常なほどに恐れます。


ワガママと思われないためには、
自分の欲求を隠さねばなりません。

そして「私はいいから(^^)」って、
他者の要求にひたすら応えるのです。


他者の意向>世間の意向>自分


こんな感じで。

「他者を大切にする私は、
とってもイイ人ですよ〜」って、
アピールするわけです。



確かに。

いつもそうやっていれば、
相手には都合がいいでしょう。


悪く思われることも、
少ないかもしれません。



でも、あなた自身は?

様々なニーズを抱えた、
あなたの本心は、
それで満足しているのでしょうか?


これは、【あなたの本心】と、
【表向きのあなた】と【他者】
との、三者の関係です。



【表向きのあなた】はいつも
【他者】を優先します。

そのために【あなたの本心】を
ないがしろにします。


目の前の【他者】に「いいよ」と言い、
【あなたの本心】に「黙ってろ!」と、
言うのです。


それを何十年も続けてきているのです。


はたして、
【あなたの本心】は、
【表向きのあなた】を、
好きでしょうか…?



たぶんね。
好きじゃない、と思います。


これが、『自分が嫌い』な感覚。


【表向きのあなた】が
【あなたの本心】に、
嫌われちゃっているのです。


「あなたは外面ばっかり良くて、
私をちっとも大切にしてくれない、
調子のいい人よね。
もう信頼なんて出来ませんから!」

そう思われちゃっているのです。


「自分」を「信頼出来ない」状態を
『自信がない』と言います。


『自分が嫌い』で、『自信がない』
それはとても生きづらいはずです。


自分では最善と思っているからこそ
いつも【他者】を優先しているのに、
どんどん辛くなってくるのです。



ということは、

そのやり方は、
最善ではないかもしれない…。

そう思ってみてください。


昔はそれで
上手くいったかもしれません。

でも、この新しい時代には、
もう合っていないのです。


そう、これからは『自分優先』!

でも、決してワガママじゃない
自分を優先する方法は、次回♪


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

自分優先(3)

b9fbd965f751af100056ee0a91e22918_s.jpg

自分優先(1)
自分優先(2)

「私はいいから(^^)」って、
本当に、本当にいいのかな…?

心から言えますか?
心から笑えますか?

笑えなかったとしたら、
心は何か訴えていますよね?

「それはいやだ」「淋しい」
「そんなの悲しい」って。


そんな心の声をね、聞いてあげましょうよ。

「そうはいかないの!黙ってて!」
って、端っから押さえつけるんじゃなくて、

「そうだよね、わかるよ」って。


「いいよ(^^)」って
反射的に答える前に、

先に、自分の心の方を向いて、
「そうだよね、わかるよ」って、
自分に優しい目を向けるんです。


「それはイヤだ」って声を
心の中で肯定してあげることです。

「…だからと言って、
「イヤです」「ダメです」って、
とても相手には言えません!」と、
思われたかもしれませんね。

そう、その思いにもOKを
出していきます。

「そうだよね、わかるよ」
「どう思われるかと怖いよね」
「だからノーが言えないんだよね」と。


「じゃあ、今は…
“イエス”ってことにしようね」


わかります?

ここで
【あなたの本心】と、
【表向きのあなた】が、
一致した
ことが。


たとえ、今までと同じ
【他者】優先に見えたとしても、
心は全然違うってことが。


「ノー」が言えないワタシだけど、
「今はそれでいい」と、自分が
自分にOKを出せたことが。


【表向きのあなた】が、
ちゃんと【あなたの本心】と
向き合っていることが。


これが、あなたが
あなた自身と仲よくなる、
第一歩です。



『まず先に、自分の心に
目を向けて、優しく肯定する』

ってだけです。

そうして、

あなたがどう判断して、
どう行動したとしても、
『優しく肯定』してあげましょう。

良いとか、悪いとか、
ジャッジはしないで。


今のあなたの選択は、
今のあなたのベストなんだ、
と、受け入れられるなら、

あなたは、
『誰かの意向の奴隷』
ではありません。


そう思うと、なんだか
力強く感じませんか?



もう一度書きます。

『まず先に、自分の心に
目を向けて、優しく肯定する』

これだけで、ワガママですか?
違いますよね?


私達は、時には不本意な返答を
しなければならないこともあります。

でも、心はいつだって
自由でいていいんです。


実は、心を押さえつけていたのは、
相手ではなく、世間でもなく、
自分自身(いつも他者を優先する、
表向きの自分)だったわけです。


そのことに気付きましょう。


そうして、
「自分の心にも、他者にも
優しい選択ってなんだろう?」
と、心がけてみてください。



『ワタシも良くて、アナタも良い』
そんな関わり方が、だんだんと
出来るようになってきます。



その時は「どっち優先?」
なんて、考えなくても
良くなるかもしれませんね!


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

OHカフェ@むろらん vol.22

8月はお休みしちゃいましたが、
9月はOHカフェやりますよ♪


OHカフェ風景


【OHカフェ@むろらん】のお知らせ


日 時 2012年9月30日(日) 10:00~12:00

場 所 望のカウンセリングルーム
    (室蘭市中島町1丁目 中島入口バス停より徒歩1分)
     詳細は申込後にお伝えします。

参加費 2,000円

定 員 4名

案内役 望(OHカードJP 認定 OHナビゲーター)

お申込 メールでのお申込みはこちらです
    (24時間以内に返信いたします)

    お急ぎの方は電話でお申込み下さい。
    電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/



以下、7月30日のOHカフェに
参加してくださった方のご感想です。

30代〜70代と、
いろんな年齢層の方に
ご参加いただきました!


●話を最後まで聞く、
 大切さに気付きました。

 初めは不安でしたが、
 楽しくてまた触れたいです。

 今日のメンバーとも会えて
 よかったので、また色々な
 テーマでしてみたいです。


●人の話を最後まで聞こうと
 する意識が、普段欠けている
 ことに気付きました。

 楽しかったです。
 自分も(カード)欲しいです。

 子供も一緒に参加出来たら、
 楽しいと思いました。


●人の話を良く聞いてから話す、
 ということがわかりました。

 いかに自分も人の話に
 かぶさって話をしているのかに
 気付きました。

 この世界の楽しさに触れ、
 嬉しかったです。


ありがとうございました!

キュイジーヌ キュイジーヌ



テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

あなたの種(源)を知る

唐突ですが、私達の個性を
鉢植えに例えてみましょう。


この鉢植えには、初めから
植物の種が植わっています。

自分でチューリップがいいとか
ヒマワリにして、とか選べません。


その与えられた種が、
あなたへのギフトです。


芽が出てくるまでは、
どんな種なのかわかりません。


「やっぱりバラがいいなぁ」
「ユリもステキ…」

親は夢を見てしまいますよね。


でも、芽が出てきたとき、
どう見てもチューリップなのに、
バラの育て方をしたら
どうなるでしょうか?


蕾みを付けたチューリップに
「なんでバラじゃないの?」と
言ったらバラになれるでしょうか?


チューリップの子供は、
チューリップの自分を
誇りに思えるでしょうか?



また、
親がヒマワリだった場合、
当然のように、我が子も
ヒマワリであろう、と
思ってしまうことがあります。


そうして、善かれと思って
チューリップの我が子を、
ヒマワリとして育てようと
一生懸命になってしまう…。

チューリップとヒマワリでは、
必要な環境も、育て方も異なります。


チューリップはすくすくと
育てるかどうか、心配になりますね。



また別のパターンで、
親も子供も、揃って
すみれに生まれたとします。


その親が、すみれの自分を
嫌っていたとしたら、

すみれの我が子を見るたびに、
イヤな気持ちになってしまって、

つい冷たく当たったり、
「ヒマワリのようになりなさい!」
って、強要してしまったり
するかもしれません。


ヒマワリが大好きな日なたは、
すみれには強烈すぎて、しおれて
しまうのではないでしょうか?



その人の種は、
天から与えられたギフトです。

気に入らないからって、
交換したりは出来ないんです。


だから、
ヒマワリはヒマワリらしく
咲けばいいんですね。

すみれはすみれ、
チューリップはチューリップ。


子供が小さいうちは、ご両親が
鉢植えを大切にケアしてください。


日中はお日様に当ててやり、
夜風が冷たかったら、
部屋に入れてあげる。

必要なお水(愛)の量も、
その花によって違いますね。


葉っぱの色つや(表情)を見れば、
体調や心の状態もわかります。


そうやって、大切に
育てられた子供は、
立派にその子らしい花を
咲かせるでしょう。


そうして、大人になったときは、
自分で自分を、
大切に出来る人になります。


自分を夜風から守り、
必要なお水をしっかり取り、
お日様の当たる場所を確保する。

それは、大人であれば
自分の責任で出来るように
なっているのが理想です。


『自分のケアが出来る』のは、
その人が必要な時に、
適切なケアを受けた経験から
学んだのです。



でも、「ヒマワリであれ」
と育てられたすみれさんや、

「バラなら良かったのに」
と育てられたチューリップさんは


自分に必要なお水の量や、
自分が生き生きする環境が
わからないまま、
大人になってしまいました。

だから、自分のケアが
充分にできないんです。


お水が多すぎたり、
少なすぎたり、
お日様が足りなかったり。

もちろん、それでは元気に
生き生き咲けません。


そして更に、そんな自分を
責めてしまいます。

「どうしてバラになれないんだろう?」
「ヒマワリじゃない自分はダメだ」


本当は可憐なすみれなのに、
可愛らしいチューリップなのに、
なんてもったいないんでしょう!



「バラこそが素晴らしい」という、
親から植え付けられた観念は、

あなたがあなたらしく生きるために
役に立っていないと思いませんか?




もしあなたが今、
『自分が嫌い』だとしたら、

あなたは自分が何の種を持って
生まれてきたのか、

その種は、どうしたら
素晴らしい花を咲かせられるのか、
まだ気付いていないだけです。


『自分を知る』ことは、
自分の種(源)を知ることです。

「自分を知るって、怖い」と、
よく言う人がいますが、

それは、親に刷り込まれた
「バラであるべき」という
観念のせいです。


自分の心の中をよ〜く見て、
本当に「自分がバラではない!」
ということに直面するのが
怖いのだと思います。


でも、
別にあなたがバラである必要も、
バラのふりをする必要もないんです。


あなたが、自分の種を受け入れて、
自分らしく咲くことが出来れば、
この人生は成功です。



あなたの種はなんでしょうか?
間違ったケアをしていませんか?

そもそも、自分を大切に
してあげられてますか?


「私はすみれです!」
「チューリップの自分が好きです」


堂々と言える自分になりたいなら、
『種』を知る旅に出てみませんか?




関連記事:ひまわりの気持ち


心理カウンセリングや
ワークショップは、
あなたが自分の種を知る
手がかりになるでしょう♪



メールでの予約お問合せはこちらです
(24時間以内に返信いたします)

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合いがございます。
留守番電話になった場合は、お名前と電話番号を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。



その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/







テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

愛をちょうだい?

chocolate-3294455_640.jpg


きっと誰もが求めていて、
でもなかなか手に入らないと
思っているもの、なーんだ?


それは『愛』じゃないかな。


あなたは『愛』が欲しいときに、
「愛をちょうだい」って言えますか?

たぶん、言えない人が多いよね。


そんな人がよくやる戦略、
それは・・・

『アメあげる』作戦。



あなたは、相手のポケットに
入ってるチョコレート(愛)が
欲しい、とします。


でも、
「そのチョコ分けてくれる?」
って、そのまま言えないから、


まず自分の持っているアメ玉を
「はい、これあげる♪」って
差し出します。


そして、心の中で
(そしたら、お返しにチョコを
もらえるはず・・・)と、
期待しているんです。


でも、相手はあなたの思惑に
気付かずに、「ありがとう」と
アメを受取っていってしまいました。



あなたは怒りが涌いてきます。

「普通はお返しするよね!?」
「なんて失礼な人だろう?」
「きっと私のことが嫌いなんだ」


自分が差し出したアメ玉が
無駄になってしまった、
好意を踏みにじられた!と、
感じるからです。

でも、本当に相手は悪い人
なんでしょうか?



「はい、アメあげる♪」という
このセリフを、相手は言葉通りに
受け取っただけ・・・というのが、
正解じゃないかと思います。


声に出されなかった、
(だから、チョコをちょうだい)は、
相手には届いていないのです。


このアメ玉に当たるものが、
『自己犠牲』です。


『自己犠牲』は、
等価交換を前提としています。

初めからそれに見合っただけの、
見返りを当てにした投資です。

でも、自分がギャンブルをしている、
という自覚のない人が多いんですね。


相手もまた、自分がギャンブルに
加担しているとは知らないので、
行き違いが起こるのは必須です。




だからね、そんな回りくどい
方法をとらないで、


「チョコわけてくれる?」
って、ストレートに言えれば
いいんですよ(^^)。


もし、あなたのポケットに
チョコが入っていて、誰かが
「チョコちょうだい?」って
言ったらどうしますか?


→「たくさん持ってたら、あげます」


うん。そうだよね。
余分に持ってたら、
気持ちよくあげられるでしょう?


でも、ちょっとしかなかったら?
迷っちゃうかもね。

→「これあげちゃったら、
自分の分がなくなっちゃう…」


わかりますよ、その気持ち!


私達は、自分が十分に持って
いなければ、人にそれを与える
ことはできません。

それが普通です。


「気持ちよくいいよ、って
言えない自分は醜いと思います」

なんて、自分を責めないで。


あなただって、ポケットに
たっぷりチョコが入っていたら、

しかもそのチョコがいくら人に
あげてもなくならない、って
わかっていたら、

いくらでも分けてあげられるはず。


それどころか、
ポケットが空だったら?

あなたがいくら相手のことを
大切に想っていても、
ないものはあげられないよね・・・。


だからね、

「チョコを分けてあげられない」
「チョコそのものを持ってない」

その現実と、
『あなたが良い人かどうか』ってことや、
『相手をどのくらい愛しているか』とは、
関係ないんです。


ここ、とても大切なので、
覚えておいてくださいね。



素直に「チョコちょうだい?」って
言えない人は、過去に誰かから
チョコをもらえなかった経験を
しているのだと思います。


きっとね、相手はそのとき、
チョコの持ち合わせがなかったんです。


でも、あなたは傷ついてしまった。

「チョコをもらえないってことは、
愛されていないからなんだ」って、
思ったから。


その辛さを、もう二度と
感じたくないですよね。


そしてある時、あなたが
何かで相手を喜ばせた時に、
ご褒美としてチョコ(愛)を
もらえた、という出来事から、

『確実にチョコをもらうためには、
自分が先にアメ玉を差し出せばいい』

と、思い込んでしまったんです。


それは仕方のないことでした。

だけど今はもう、その方法は
あなたの役に立っていないのです。


「私がアメ玉をあげるばかりで、
ちっともチョコをもらえない」

そう感じているでしょう?



じゃあ、勇気を出して、
「チョコ、分けてくれますか?」
って、言ってみてください。


できれば、ポケットがチョコで
いっぱいの人を選んで、
挑戦することです♪


手持ちのチョコのない人は、求め
られると逆切れしたりしますから(^^;)。


本当はね、みんなみんな
お母さん、お父さんのチョコが欲しい。
奥さんの、旦那さんのチョコが欲しい。


でも、彼らに持ち合わせがなかったら、
お互いが悲しい思いをするから、

今は、たくさん持ってる人に
お願いしてみてね。



そうして、ふんだんにチョコを
分けてもらったら、あなたの
大切な人にも、お裾分けして
してあげてください。


チョコレートは美味しい。
みんな大好き♪

そして、本当は世の中は
チョコ(愛)がいっぱいなんです。

それが見えなくなっているだけ。



『チョコの見つけ方』は、
人生最強のスキルです。

アメ玉で釣って、人のチョコを
分けてもらおうとするより、
確実&ノーリスクな方法が
あるんですよ(^^)v。



関連記事:犠牲はギャンブル!?


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

サポーターズ第二期の感想をいただきました

サポーターズ講座、
第二期がスタートしました。

講座1回目を終えて、
受講生の方からメッセージを
いただきました。


ここから-----------------


昨日はありがとうございました。

実を言うと今回の講座は、
「ちょっと受けてみようかな」
的な、軽い気持ちでした。

でもこの講座を受ける事で、
いままで自分のまわりで
起こっていた出来事や、
自分自身に起こっていたことが

やっと今、少しずつだけど
理解できる時が来たんだなーと
感じています。

今まさに、スタート地点に
立っている様な気持ちなのです。


そしてなぜか、不思議な事ですが
今まで解らなかった
『本当の自分自身』を知るための
スタート地点でもあるとさえ
感じるのです。


三浦さんのサポートに感謝です。
ありがとう。

そして次の講座も
よろしくお願いいたします。


(室蘭市/女性・50代)

---------------ここまで



サポーターズ講座第三期募集の詳細はこちら


テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

心の痛点

人は、一人一人顔立ちも違うし、
体格も違う、性格も様々です。


そして、今日は【心の痛点】の
多い人について書いてみます。

woman-1958723_640.jpg


実は、私達の中には、
他の人よりも【心の痛点】が
多い人がいるのです。


でも、それが多いか少ないかなんて、
見た目には分からないし、

自分以外の人が、同じ刺激に
どのくらいの痛みを感じているか、
知りようがありません。


でももし、
「自分はなんだか傷つきやすいなぁ」
と感じていたり、

「大げさだ」とか「芝居がかってる」
と言われたことがあるのなら、

あなたは【心の痛点】が、
人より多いのかもしれません。


例えば、それが体の痛点であれば、

普通の人なら「あ、やっちゃった」
ってくらいの小さな切り傷でも、

「痛い、痛い!助けて!」と、
叫んでしまうかもしれません。


そんなあなたの姿に、他者は
「大げさすぎるでしょ」と、
言うでしょうし、

あなた自身も他者とのギャップに
「自分はヘンなのかな?」と感じます。

そうして、そんな自分を
責めてしまってはいませんか?



でも、本当に痛かったのですよね?
わざとじゃないですよね?


だとしたら、あなたは【心の痛点】
が人よりも多い、という特徴を
持っている可能性があります。


その痛みは、
あなたにしか分かりません。

それをあなたが否定してしまったら、
かわいそうだと思います。

心は、本当に悲鳴を上げている
のですから。




こんな説明をすると、

「じゃあ、ずっとこのままですか?」
「なんとかして痛点を減らしてください!」

と、言われる方もいらっしゃいます。



だけど残念ながら、後天的に
痛点を減らすことは出来ません。

でも、絶望しないでください。

『幸せに生きる』ことは、
可能ですから。


痛点が多いなら多いなりに、
「自分を痛めつけない生き方」
を、これから学ぶのです。


そのためには、
まず『痛点の多い自分』を
受け入れることです。


それは個性であり、恵みです。


自分が傷つきやすいからこそ、
人の痛みが分かる人なんです。

人に優しく出来るんです。

『痛み』を知るぶん、
きっと強い人です。


あなたはとてもステキな人なのです。


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード