fc2ブログ

OHカフェ@むろらん vol.21

7月も、OHカフェやります♪

※定員になりました(7/23)

OHカフェ風景


【OHカフェ@むろらん】のお知らせ


日 時 2012年7月30日(月) 10:00~12:00

場 所 望のカウンセリングルーム
    (室蘭市中島町1丁目 中島入口バス停より徒歩1分)
     詳細は申込後にお伝えします。

参加費 2,000円

定 員 4名

案内役 望(OHカードJP 認定 OHナビゲーター)

お申込 メールでのお申込みはこちらです
    (24時間以内に返信いたします)

    お急ぎの方は電話でお申込み下さい。
    電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/



以下、6月30日のOHカフェに
参加してくださった方のご感想です。


●少しドキドキ心配したけど、
カードをやり始めると『話す』
『聞く』が楽しくなってきて、
『聞く』ことの大切さを感じています。
普段は人の話を最後まで聞いてないかもね。

印象に残ったのはOHカード(ベーシック)
面白かったのは物語を作れたこと


●初めてOHカードに参加しての感想は、
思っていたよりも難しいものではなくて、
自然体ですっと入って行けて、
さらに自分では見えなかった部分を
気付かせてもらえるものなのだな~
と、思いました。

●印象に残ったカードは、一番最初に
手にしたカード(山猫)と、その後の
二枚を組み合わせてお話を作る
遊びが楽しかったです。

チャンスがありましたら、
色々な方々とのOHカードに
参加してみたいです。


ありがとうございました!

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

「去る者、追えず」

「去る者、追えず」

「去る者、追わず」の間違い、
ではありません。

「去る者、追えず」です。



あなたのまわりに、人との関係を
バッサリと切り捨ててしまう人
っていませんか? 

ちょっとした行き違いだったり、
流儀の違いなどでもめると、もう
その相手との関係を絶ってしまう人。


私のパートナーはそういう人でした。



端から見れば、もうちょっと
歩み寄ってもいいんじゃないかなー、
と思えるのだけど、
もう絶対にダメなんです。


もしもこの人に嫌われたら、
きっと自分もこうなる
(切り捨てられる)んだ…。

そう感じるのは、本当に恐ろしかったです。



彼は、去る者を
決して追いませんでした。

「それは彼が強いからだ」と、
ずっと思っていました。

でも今は、違うと分かります。


彼は「去る者を追わない」
のではなく、
「去る者を追えなかった」のです。




彼にとって「追う」というのは、
相手にすがることになるのです。

それは過去、大切な人にすがり、
裏切られた記憶の再現です。


もう二度と感じたくない感情なのです。

追わないことで、
最後のプライドを守っていたんです。



自分から拒絶したのだと、
勝手にすればいいと、
お前なんか必要ない、と、
思うことでしか、自分を
守れなかっただけだった…。



「あんな母親、いなくたっていい」
「こっちから願い下げだ」


いつもそう言っていた彼。


人に去られることを恐れ、
その恐れ故に、
人を遠ざけてしまう生き方…。


彼は今も、そうやって
生きているのでしょうか? 


「いいんだ。あんなヤツいなくたって」


私のことも、そうつぶやいて、
記憶から切り捨てたかもしれません。



あなたの周りにも、
そんな人はいませんか?


「去る者、追えず」

今日、ふと出てきた言葉でした。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

愛の深さは誰が決める?

何気ないやり取りだったのに、
急に彼の機嫌が悪くなった…。

そんな時あなたは不安になり、
「どうしよう、何か悪いことした?」
と、うろたえてしまったことは
ありませんか?


そして、相手の機嫌を取ったり、
理由がわからないのに謝って
しまったり…。




では、そんなあなたに質問します。

あなたの中に、
こんな方程式はありませんか?


彼の喜ぶ度合い = 私の愛の深さ


良〜く見てください。

これ、本当にイコールですか?



あなたの愛情レベルは、
彼のご機嫌次第で、
上がったり下がったり
するものでしょうか?


違いますよね?


あなたが彼を、本当に
心から愛していたとしても、
彼の機嫌が悪くなることは
あるんです。


彼自身に余裕がなかったり
する場合もあるし、

あなたが彼の痛い所を
うっかり突いてしまったり、
する場合もあります。


でも、あなたが彼を本当に
愛していると言い切れるなら、

自分に非がある部分は
「ごめんね」と素直になって、

「でも、私の愛情は五つ星よ!」
という自信まで、投げ捨てないように。



相手はこんなことを
言うかもしれません。

「俺を愛しているなら、
俺が望むことを分かって、
そうするはずだろう!?」と。

「そうじゃないってことは、
俺を本当に愛していないんだ」と。


でも、その言葉に
惑わされないでください。

そんなのはエスパーじゃない限り、
不可能ですから。



そしてあなたも、
彼の愛情レベルを

『いかに私を喜ばせてくれるか否か』

というあなたのご機嫌でもって、
評価するのはやめましょう。


私の喜ぶ度合い = 彼の愛の深さ


これもまた、間違いです。


カップルが別れてしまうのは、
この間違った方程式のせいです。


お互いがこの方程式を
信じているからです。

そして、相手に
エスパーであることを
求めているからです。


相手の喜ぶ度合い ≠ 自分の愛の深さ


このイコールは成り立ちません。

私たちはどちらも人間なんだ、
ってところから、
関係をスタートしてください。


すでにエスパー合戦をしているな、
と気付いたならば、

今から、人間に戻って、
もう一度お互いを知り合って
いきましょう。


自分の愛情の深さは、
他人が決めるものではありません。

あなたが、
自分で決めるものです。


関連記事:【以心伝心】2011.10.27放送
     愛を捨てる行為

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

「ママ、笑って」

あるクライアントさんの
お話しから。


子どもが私に聞くんです。
「ママ、怒ってるの?」って。

だから「怒ってないよ」と、
答えると、

「じゃあ、笑って」って。



そうね。

子どもにとって、
お母さんの笑顔は、
いちばんの栄養だもの。


でも「笑って」って言われても、
笑えないときもあるでしょう?


お母さんの心が、
辛さでいっぱいのときに、
笑いたくても笑えないことが。


じゃあ、笑えないとき、
あなたは子どもを愛せていない?


「・・・そんなことない」


うん。
そうだよね。


どんなときも、
心から愛してるよね。



あなたのお母さんもきっと、
笑えないくらいに
心が苦しかったときが、
いっぱいあったんだろうね。


お母さんの強ばった顔が、
怒ってるように見えて、
怖かったし、悲しかったんだね。



本当は誰も悪くなかった。

ただ、辛かったの。
自分の人生の、いろんな領域で
うまくいかなくて、もがいてた。


今のあなたのように。

今だから分かるように。



テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

ありのままで

私はとてもよくやってきた。


ありのままの自分を見せていい。
人を信じてもいい。

失敗したり間違ったりしてもいい。
…完全でなくてもいい。


人に頼ったり甘えてもいい。
人の期待通りに動かなくてもいい。

弱みを見せても大丈夫。

私が悪かったと言ってもいい、
人と気持ちを分かち合ってもいい。


私は愛される価値がある。

私は一人ぼっちじゃない。
私は大切な存在だ。


衝突を恐れず、解決を探ろう。

怒りを表現してもいい。
…感情は素直に表現する。


つらいと言っていい。
自分のことを第一に考えてもいい。


自分が楽しむことは良いことだ。
…大いに遊び楽しむ。


私は自分をケアする責任がある。

言いたいことは直接言う。
本音で話す。


変化はわくわくする。



★古いファイルに残っていた言葉。

 どんな時に書いたものなのか、
 誰の言葉だったのか、
 全く不明ですが。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

私のカウンセリング体験記2

室蘭在住の佐藤様から、再び
体験記を寄せていただきました。


一度目のカウンセリング終了後も、
折りある毎に、その時々の気付きを
お手紙で知らせてくれていました。


そんな佐藤さんが、また
『新しい自分に出会う』までの
体験記を、シェアしてくださいます。

どうぞお読み下さい。





一度目のカウンセリングの
終了後に、一番実感できたこと。

それは「一人」と、
「一人を感じる」ことが
全く違うということです。

カウンセリング前は、
一人でいても、
誰かのとなりにいても、
「一人を感じていた」のですが、

カウンセリング後は、一人でいても、
誰かのとなりにいても、
「愛されている自分」を
感じることができました。


「愛されている」という気持ちを
感じると、とても強くなれます。

自信がなくても、立ち止まっても、
嬉しいときも悲しいときも、
一人ではないのですから。



もう一つは、
「愛している」からといって、
愛を示せる訳ではないということを、
知ることができました。

私と家族の間で問題が起きて、
以前なら「私のことを思ってるなら
そんなことできるはずない!」と
思ってしまうような出来事が起きても、

「起きた出来事」=「愛されていない」
という訳ではないということです。



家族がいて、生活していると
嬉しいことばかりではなく、
怒ったり泣いたりするような出来事が
毎日のように起きるものです。

どんな出来事が起きても、
「示せない愛」を感じると、
心は安定します。


これ、本当にカウンセリングの
おかげです。


そんな幸せな日々を送る私が、
二度目のカウンセリングを
受けることになったのは、

「自分が変わったように、
夫にも変わってほしい」という
気持ちが強くなってしまった
からでした。


でも、当たり前だけど、
人を変えることなんて、
出来るわけもなく、

「変わるのなら自分。
でも、どう変わっていけば
いいのかわからない…」

「うん、助けてもらおう」と、
一度目のカウンセリングの相談より、
はるかに気軽な気持ちで、
相談に行ったのでした。



二度目のカウンセリングで
わかったこと、それは
自分の感情を自分で感じることが
できていない
、ということでした。


小さい頃から、両親が、
お酒を飲みながら
ケンカする中にいて、

自分で楽しいことも、
悲しいことも、感情を味わう
余裕はありませんでした。


特に「楽しい」と感じた瞬間に
ケンカが始まると、
絶望感や孤独感を感じるから、

絶望感を感じないために、
楽しい、嬉しい感情も
感じないようにしたり、

心の隅に、
こっそりしまい込んでいました。


そして、
一度目のカウンセリング後も、
反射のように、感情を
コントロールしていたのです。



その時でなくても、
ゆっくり思い出すように、
感情を味わってみて、という
三浦さんの言葉に導かれるように、

少しずつ「嬉しい」「悲しい」
といった感情を味わうことが
出来るようになりました。


そして、
どんな感情になっていても、
そう感じている自分を
受け入れました。


次に
「嬉しい!でも出来ない」
「悲しい…でもやらなければ」
と、前に進むことが出来ました。



そうするうちに、私は、
「私の感情を家族に伝えられていない」
と気付くことができました。


気持ちを伝えるのに、
遅いことはありません。


これからゆっくり、
自分の気持ちを振り返りながら、
夫と子供に伝えよう。

きっと伝えることが出来る、
と思った時に、二度目の
カウンセリング終了となりました。



「自分が気付かない自分を知る」
って、少し不安なものです。


でも、どんな自分も包める愛が
そこにあることを、カウンセリングで
実感することができます。


いつどんな時も、
自分は一人じゃない。

周りにいる人に助けられながら、
自分も助けながら、やっていける

って、思えます。



今回も、これからも、
きっと助けてくれる三浦さん。

〜どうもありがとう〜




    室蘭市 佐藤




テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

心の食中毒

夏。

食べ物が傷みやすい季節、
という認識があるから、

私たちは「怪しいな」と
思うものはあえて食べないとか、

匂いや味が変じゃないかな、
って、注意しますよね。

baby-3041366_640.jpg


だけど、
心にはとても無頓着
だったりします。

TVの言うこと、
先生の言うこと、
親の言うこと、
友達の言うこと、

見ず知らずの誰かが
言っていたこと…、

ありとあらゆるものを、
そのまま飲み込んでしまって
心が食中毒を起こしている、
なんてこともあるんです。



もっと、
心に取り入れるもののことも、
気をつけてみましょう。


それはあなたの心の栄養になる?
それとも、毒になる?



物心ついた頃から、今までの
心に入れてしまったあらゆる
観念も、検証してみましょう。

大昔に誰かに言われた言葉が、
今でもあなたの心の中で、
毒を出し続けてはいませんか?


もし、それがあなたの心の
栄養になっていないなら、
今からでも遅くありません、

「ピッ」とはじいて、
除いてしまいましょう。



おや?

「でも、何が毒で、
何が栄養かわからないんです…」

そんな声が聞こえます。



そうですね。まずは
ソレを見分けられるように
ならなくちゃいけませんね!


でも大丈夫、あなたには
そのためのセンサーが、
すでに備わっています。


そのセンサーは『感情』です。



その言葉を聞いた時、
あるいは思い出した時、
良い気持ちがするのなら栄養。

でも、

イヤな気持ちになるのなら、
それは毒である可能性が強いのです。



『感情』は、
目や鼻や舌のように物事を味わい、
それがあなたにとって
良いものかどうかを教えてくれます。


『感情』が「これはおいしい!」
と感じるものを、遠慮なく
たくさん取り入れましょう!

何度も思い出して、
味わうのもOKです。



そして「これはイヤな感じがする」
というものは、取り入れないように。


あ、単なる好き嫌いとは
別の次元ですよ!

嫌いだったらなんでも避けていい、
という話ではなくて、

食べ物で「あ、これ危ないかも」
って感じるときのような感覚。



わかります?



そして、相手の好意と、
差し出された言動とは、
分けて考えることも大事です。


例えば、相手が “善かれと思って”
あなたに果物をくれたとします。

でも、よく見たら傷んでいた…。

としたら、あなたはやっぱり
食べないでしょう?

せっかくだから…って食べますか?
わざわざお腹を壊すのですか?



ソレと同じです。



相手が “善かれと思って”
あなたに何かを言ったとします。


でも、それが
あなたを傷つけることなら、
心に入れてしまわないことです。


相手のキモチだけは、
有り難く受け取ってもいいですが、
それで具合が悪くなっても、
相手は責任を取ってはくれません。


苦しい想いをするのはあなたです。


そんなときには、これ。

「Thank you. But no thank you」
(心の中でね!)

このスタンスでいいんです♪

ぜひ試してみてください。






今、生きるのが辛いなぁ、と
感じているあなたは、

ずっと、
心が食中毒を起こしているのかも
しれません。




『感情』を回復するには、
カウンセリングがお役に立ちます。




メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード