fc2ブログ

【6/6 OHカフェ@なら vol.14】

~ OHカフェ@なら 6月(vol.14) ~


【日 時】 2012年6月6日(水)13:30~16:30

【定 員】 5名

【場 所】  風舎第1ルーム
      (アクセスはこちらを参照)

【OHナビゲーター】 ともこ

【内 容】 OHカードの概要、基本的な使い方の説明や、
      実際にカードを使って体験していただきます

【参加費】 2,500円 (リピーター2,200円)

【お申込】 カウンセリングルーム「風舎」まで

◆E:mail  fuusha_07x@yahoo.co.jp
◆電話でのお問い合わせ 090-9629-0535 (梅村)
※ お電話を受けできない場合があります。
留守電にお名前(非通知設定されている方は連絡先も)を
入れておいてください。後程、こちらからご連絡差し上げます。

関連記事はこちら

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

『公正世界仮説(just-world hypothesis)』

『公正世界仮説(just-world hypothesis)』
 メルビン・ラーナーによる


公正世界仮説とは

一般に人間は「世界が予測可能、理解可能であり、したがって自分の力でコントロールできると考えたがる」こと。世界がでたらめで無法地帯だったら、そんなことは不可能だろう。だから多くの人は、世界がコントロール可能であり予測可能であってほしいと願い、それが講じて世界は公正だと思い込むようになる。

なぜなら公正な世界は予測可能な世界の一つだからである。ルールに従っていればOK、ルールを破れば罰される、つまり「良い人は報われ、悪い人は罰される」、そうした世界観である。

さらに問題なのは、逆方向の推論がしばしば行われることだ。成功者を見ると「あの人は幸運に値するだけのことをしてきたにちがいない」と、富や地位や権力を手にしているだけで、その人物の評価が高まる。逆に不運な目に遭った人に対して、「ああいう目に遭うのも本人に何か原因があるはずだ」といった「被害者非難」と呼ばれる現象につながりやすい。

別の調査では、偶発的な不運に見舞われた人々が、失格者の烙印を押されやすいことが確かめられた。たとえば「給食手当をもらっている子どもは、そうでない子どもよりも頭が悪い」「イケメンの訓練生の方が飛行機の操縦がうまい」等々。

公正世界仮説がいかに人間の認識をゆがめるか、おわかりいただけただろうか。



「権力」を握る人の法則「権力」を握る人の法則
(2011/07/21)
ジェフリー・フェファー

商品詳細を見る


この本から


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

セルフ・ハンディキャッピング

『最大の敵は自分自身』


セルフ・ハンディキャッピングとは

自己尊重を維持する最善の方法は、自分から先に降参することであり、あるいは自分の目指す道をわざわざ閉ざすような障害物を置くことなのである。



人は、まず自分は優れている、能力がある、と思っていたい。だが失敗をすればこの自尊心はいたく傷つく。ところが意図的に失敗の確率を高めるような細工をしておけば、実際に失敗しても、自分の能力が低いせいではないと言い訳できる。

例えば、数学の試験の前に読書に耽るとか、他の科目の勉強に必要以上に時間をかけるなどは、その代表例だ。そんなことをすれば、当然ながら良い点はとれないが、お粗末な成績は本来の能力を反映したものではないと、理屈をつけられる。

まさに同じように、積極的に上を目指さない人は、自分が昇進しないのは人格や能力に問題があるからではなく、自らの選択の結果なのだと暗に示すことができる。駆け引きはキライというベスの発言は、負けた時の痛手からプライドを守るものと言えよう。


自分に不利な工作をしておくほど、初手から降参するとか、そもそもゲームに参加しないといった行動は、意外に多い。私は数十年にわたって権力や影響力について教えてきたが、最近になって私に出来る最大のことは、学生に上を目指す挑戦をさせることだと思うようになった。

なにしろ、失敗を恐れ、全力を尽くして挑もうとしない学生があまりにも多いからである。だから自分自身を乗り越えよう。セルフイメージにこだわるのをやめ、ついでに言えば、他人にどう思われるか気にするのもやめよう。

そもそも他人はあなたのことなどそんなに気にしていない。みんな自分のことで手一杯である。自ら努力を放擲すれば、プライドは維持できるかもしれない。だがそれれは、いつまでたっても上には行けない。(P27)




「権力」を握る人の法則「権力」を握る人の法則
(2011/07/21)
ジェフリー・フェファー

商品詳細を見る


この本から

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

内集団バイアス

内集団バイアス


人間は自己愛が強いので、自分に似た人を好む傾向がある。様々な調査でも、人間同士が惹かれ合う要因として類似性が重要であることが確かめられている。

たとえば名字か名前のどちらかが自分と似ている人と結婚する確率は、そうでない場合よりも高い。被験者にランダムに番号を割り当てた実験では自分の誕生日と似た番号の人に厚意を抱くという結果が出ている。

さらに、自分の属す集団(内集団)をひいきし、それ意外(外集団)を差別しがちである。このような傾向を内集団バイアスと呼ぶ。


自分と同じ社会的カテゴリーに属す人も優遇する傾向がある。



「権力」を握る人の法則「権力」を握る人の法則
(2011/07/21)
ジェフリー・フェファー

商品詳細を見る


この本から

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

愛のチューニング

最近、中学生・高校生の子たちに
手当てする機会がありました。


改めて、レイキって何なんでしょうか?

「純粋な宇宙の愛のエネルギーです」
と言われても、きっとピンとこないよね。


1079e30881dfd7d9d5a8669e0ad4585f_s.jpg


そうだ、吹奏楽をやってるんだよね?

A中学の吹奏楽部と、B中学の吹奏楽部は、
それぞれに個性があるって分かるよね。

その個性を形づくっているのは、部員一人一人。

部員が細胞の一つ一つで、
吹奏楽部が一人の人間、と考えてみて。



部員の誰かが体調や気持ちが乱れていたら、
部全体にも演奏にも影響が出るよね。

部員一人一人が、心も体も快調で、
みんなの心が一体になったときに、
一番良い演奏が出来るはず。



実はね、
宇宙もこの吹奏楽部みたいなしくみなの。

私たち一人一人が部員で、
それぞれの楽器(使命)を持って
生まれてくるんだ。



そして、宇宙は一人一人を幸せに輝かせ
ながら、最高の『愛のシンフォニー』を
奏でようとしている指揮者。

更に、私たち一人一人もこの宇宙のタクトに
息を合わせて、自分の役割を果たしている
時に、最高の幸せを感じるんだよ。


だけど、みんなそれぞれに、
いろんなストレスがかかってて、

チューニングがずれていたりする。
そうすると、不協和音が出てきちゃう。

満足のいく演奏が出来ないし、
自分の役割に疑問を持ったり、
自信を失ったりしてしまう。



だから、宇宙と調和するように、
チューニングを合わせてあげるんだ。

そのための道具も、私たちは生まれつき、
与えられているんだよ。

そのひとつが、『手当て』なの。



歯が痛いときは、無意識に頬に手がいくし、
お腹が痛い時もお腹に手を当てるよね。

すると、痛みがやわらぐでしょう。

それは、手のひらを通して、
宇宙と調和するからなんだと思うの。


辛いことがあって胸が痛むときも、
そこに手がいくんじゃないかな?

手は癒しの道具なんだよね。



特に『お母さんの手』なんて、
子どもの頃は何よりも効くお薬だった。

本当に安心できたよね。

それは、宇宙の愛、お母さんの愛が、
手のひらを通して流れ込み、

乱れていた心もいつの間にか静まって、
『愛』に波長が合ってくるから。



自分や、ほかの誰かを責める気持ちは、
『愛』の状態ではないものね。

『愛』の状態に戻る。
本来のあなたの魂が、在るべき姿に。

そのひとつの手段が、レイキの手当て、
なんだと私は思っているんだけど、

伝わったかなぁ…?


うん。
まあ何となくでOKです(^^)。

じゃあ、軽く合掌してください。
画面の前のあなたに『愛』を送ります♪



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

傷つきやすい人は、すでに傷ついている

傷つきやすい人は、すでに傷ついています。

自分の内面での自己攻撃が激しいからです。

「自分はダメだ」
「役に立てない」
「いつも失敗する」

そんな言葉で、自分を痛めつけています。


この『自分をけなす言葉』は、
まるで内面からのボディブローのように、
その人を痛めつけます。

そして、
心は痛々しく腫れ上がっているのに、
自分ではその自覚がなかったりします。


あなたの腫れ上がったハートは、
他者からも見えません。

ところが、腫れ上がったところを、
誰かが知らずに「ポン」と叩いたとしたら?

あなたは「痛い!!」と叫びます。
相手に「傷つけられた」と感じます。


でも、実際にはもう、
すでにハートは傷ついていたのです。


相手も、自分の何気ない言動で、
あなたが傷つくのを見て驚きます。

自分が悪人にされたようにも感じます。
もちろん気分は良くありません。

だから、何度かそんなコトがあると、
「出来るだけそっとしておこう…」と
あまり接触しないようになります。


距離を置くようになってしまうんです。
まるで「腫れ物」に触るように…。

vintage-2373083_640.jpg


そうなったらなったで、当人は、
周りが遠巻きになったことを感じて、
とても寂しい想いをしていたりします。

「自分は必要とされていないのかも」
「嫌われてしまったかもしれない」と。

そこで「自分はダメだ」と、またも
自分をけなす方向に行かないでください。

それこそが、負のスパイラルです。
更に自分にボディブローを打ち込みますか?

それは、解決には繋がりませんね。



『自分が自分を傷つけている』
その事実を認めるのは、とても辛いことです。

誰かのせいにしている方がラクなんです。

それでも…、誰のためでもない、
自分のために勇気を出してください。

でも、まずは傷をしっかり癒すことです。

やさしく自分をいたわる方法を、
今まで知らなかっただけですから、
新たに学べばいいのです。


たくさん傷ついてきたあなたに、
伝えたいんです。

もう自分を傷つけなくても大丈夫、
本当にしあわせになれるんだってことを。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

心の栄養失調

tablet-1704842_1280.png


心が、栄養失調になっていませんか?


「私はいいから…」と、旦那さんや、
子どもたちにだけ食べさせて、

お母さんが倒れてしまったりしたら、
みんな嬉しいでしょうか?

それほどまでに自分たちのことを
思ってくれていたのかと、
感激するでしょうか?


そうじゃありませんよね。

きっと、お母さんの犠牲に気付けなかった
自分たちを、激しく責めるでしょう。

本当は、お母さんにもお腹いっぱいで
いてほしかったはずです。


(お母さんに限らず)

まず、自分に栄養を!!

母乳をあげたかったら、自分が
しっかり栄養を取ることが必要です。

『愛』もおんなじです。

まず自分が、『愛』で
お腹いっぱいになることです。

そうしたら、大切な人にも好きなだけ
『愛』を分けてあげられます。


今、『愛』に飢えているなぁと
思う方は、『愛』を分けてもらう体験を、
十分にしてみてほしいのです。


自分の力では難しかったら、
誰かに助けてもらっていいんです。

礼儀正しく『お願い』しましょう。


もしも誰かにお願いして、
断られたとしても大丈夫です。

別の人にお願いしてみましょう。

それはその人には荷が重かったり、
タイミングが悪かっただけです。



身近に『愛』に満ちた人を探してみましょう。
きっと心がチャージされます。


そばにいると、安心する人。
自信を持たせてくれる人。
劣等感を与えない人。
疲れない人が、いいでしょう。


自分の直感も大切にしてください。
それはとても敏感なセンサーです。

「そういう人であってほしい」
という“期待”があまりに強いと、

直感で違和感を感じ取っていても、
「そんなはずない」と、直感からの
シグナルを打ち消してしまったりします。


その人と居る時の心地よさに、
フォーカスしてみるといいかもしれません。




あなたの心が栄養失調になって
いるとしたら、それは世の中に
とっての大きな損失です。


栄養失調の状態では、あなたの
本来の力が、発揮されないからです。


愛が循環しないからです。


あなたが満たされることが、
この宇宙には必要なのです。


遠慮なく、満たされ、幸福になりましょう。


自分の満たし方、お願いの仕方が
分からないときは、私に声をかけてください。

私もどうしていいか分からなかったけど、
これは学ぶことが出来ます。


完璧じゃなくても、自己犠牲を
しなくても、ちゃんと生きていけます。

この宇宙は、そのように
なっているらしいのです。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

【永松茂久/感動の条件】読書メモ


感動の条件 ~あなたの一生を1時間で変える本~ [DVD付]感動の条件 ~あなたの一生を1時間で変える本~ [DVD付]
(2011/05/25)
永松 茂久

商品詳細を見る



●お客様はほとんどが幸せになりたい人。「この店を幸せにしてあげよう」というお客はいない。(p59)

●類友の法則「フォーミー」は「フォーミー」同士(奪い合い争いばかり)、「フォーユー」は「フォーユー」同士(与え合い、喜ばせ合う)で引き合う。(p60)

●あなたの饅頭屋が大成功したらどうする?「2店舗目を出店する」はNG。「あんこを増やしてさらにおいしい饅頭を作る」上手くいったときこそ、笑顔を増やし感動レベルを上げる。(p63)

●「事業拡大、多店舗化こそオレの成功!」⇒一人さん方式「お前たちがわざわざ出て行くより、その(とんでもない山の上の)桜みたいに、来てくれた人を感動させる店を作る方が楽しくないか?」⇒「いかに期待以上のものにして返すことができるのか?」だけを考えることに切り替えた。(p64)

●「一人の大きな感動が連鎖をおこしてやがてとてつもない渦になる」「この人が何をしてくれるか」ではなく「自分がこの人に何が出来るか」を考えれば、相手にとってあなたは必然的に魅力的な人になる。(p67)

●自分の幸せと人のしあわせ、それは「卵が先か、鶏が先か」。つまり「どっちが大事か」ではなく「どっちも大事」(p71)

●夢を叶えることが出来ない人が多いのは、叶わない方向へ夢を掲げてしまっているから。叶え方以前に、まず夢の設定が間違っていると、かえって回り道になってしまう。(p120)

●今思えば、僕が間違ったのは「人に褒められること」を夢と錯覚したから。(p124)

●その夢が叶うことで、周囲の人たちも幸せになるような「フォーユー」の夢には、なぜか協力してくれる人が集まってくる。(p138)

●夢+フォーミー=野心(一人で叶える夢)
 夢+フォーユー=志(人が感動して協力したくなる夢)

●「そこにいない人の悪口は絶対に言わない」(p156)

●メンタルブロックを外す一番効果的な方法は、「自分は出来る!」と思っている人と触れること。「大丈夫、お前は出来る」と思わせてくれ、勇気を持てる。(ところが、エセポジティブ人間と接すると、逆に劣等感を感じさせられて、新たなブロックが出来ることもあるので注意する)(p167)

●そこにいる誰もが輝ける「感動を生み出す組織」得意なことを自分の道として、一生懸命に出し切ると、大好きな自分に出会える。誰もが勝者、みんなが「価値組」(p179)

●「どうすれば伝わるんだ?」はコントロール。「伝わらなくてもいいや。自分たちが『フォーユー』の気持ちで生きていこう』とスタンスを変えたとき、その想いは本物になり、勝手に広がる。(p217)


※このメモは、原文ママではありません。
 望のフィルターを通しての、まとめです。
 詳しく知りたい方は本書をお読み下さい。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

最近の…

近所の川沿いの桜も開きました。
ここのベンチで花見できるなぁ…(^.^)。

120511_10047E001.jpg


不思議なんですが…。

クライアントさんの相談内容って、
シンクロするというか、なんというか。

まるで「今月のテーマはこれです」
って感じで、似た問題が集中したりします。


そして今月のテーマは、『夫婦関係』
らしく、別居や離婚、不倫にまつわる
お話が多くなっています。



そこで、別ブログのご紹介です。

ひっそりと、地味に書いてまして、
あんまり人気ありません(^^;)。


…が、興味のある方は
のぞいてみてくださいね。


こちら⇒室蘭離婚相談所


あ、もちろん離婚を勧めている
わけではございません!

相談者さん自身が一番しあわせな道を
考えるためのものです。


でも、夫婦の危機って、
実はものすごいチャンスなんです。

自分を見直し、
相手をもっと知るチャンス。


お互いの弱味と強み、
魅力の再発見もあるでしょう。


何年も一緒に暮らしていて、
実はこんなにもわかっていなかった
のか…と、知ってびっくりします。


「そして、夫婦関係が再生したとき、
新たな春が始まるんですよ…」

そう言ったら、
信じてもらえるでしょうか?


こちら⇒室蘭離婚相談所


また、共依存・DVについて、
こちらのメインブログよりも、
こってりした記事を書いてます。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

『関心』

girl-2695241_640.jpg

人は自分への『関心』がなければ、
生きていけません。


人生とは、この『関心』を
求めてがんばること、
とも言えるかもしれません。


私たちが一番辛いこと、
それは『無視』です。

つまり、『自分への関心』を
絶たれた状態のことです。


人からの関心を持たれない、
というのは、すなわち、
「あなたは必要ない」ということ。

自分の存在価値を、
全く感じられないことほど、
辛く苦しいことはありません。



だから、私たちは関心を求めます。

そのために他者の心を読み、
ニーズを満たそうと、
期待に応えようとします。

その見返りとして、自分への
『関心』を得られると思うのです。


「ありがとう」
「助かったよ」
「あなたのおかげ」
「がんばってるね」

そういった言葉をもらって、
自分の存在価値を確かめます。


ところが、もらえなかった時は、
損したような気がしたり、
相手を恨んでしまったりもします。




問題は、

「それ以外に関心を得る方法はない」
と、思いこんでいることです。

でも、それは違うんです。


他者からの『関心』は、
もちろん嬉しいものです。

けれども、私たちが忘れがちなのは、
自分からの『関心』です。


自分が自分のニーズに気付き、
それを満たしてやり、
優しい言葉がけをして、
気遣ってあげること…。


いつも他者からもらいたいと
思っていることではありませんか?

そして、あなたがいつも、
他者にやってあげていることかも?



では、自分にはしてあげていますか?


自分に『関心』を持って、
プラスのストロークをたっぷり
注いであげてください。


人からもらえるのを待つだけじゃなく、
自分が自分にあげていいんです。

あなたには価値があります。

それを、まず自分が認めて
あげてください。


そうしたからって、何も損はしません。
そこには見返りも必要ありません。

“自分がうれしい” だけで、いいのですから。



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

自分への『上から目線』

『上から目線』って、
イヤな言葉ですよね☆

でも、きっとあなたもやってます!

「私はそんなことしない」って、
今思ったあなたも、ですよ。

giraffe-1124451_640.jpg


「あの時なんで、こう出来なかったんだろう?」
「あの時、ああ言っていれば良かったのに!」
「あの時、間違わなければ…」

そんなセリフをつぶやいたこと、
ありませんか?


あるでしょう?

(それも、かなり頻繁に)


これは自分への『上から目線』です。


今日のあなたは、“あの時” よりも大人です。

“あの時” 分からなかったこと、
“あの時” 出来なかったことが分かるくらい、
成長しているってことです。


大人の自分が、今より小さかった自分に、
「なぜ出来ない!?」と言っているんです。


“あの時” のあなたには、
それが精一杯だったんです。


身長120センチでは届かないところに、
今160センチの自分が届くからと言って、
子どもを責めるようなものです。


それは弱い者いじめです。

強い者、大きい者が、
自分より弱くて小さい者に
力を振るうのは、いじめです。



自分いじめをしていませんか?

気付いたら、やめましょう。


そして、自分に「ごめんね」を言って、
『自分と仲直り』してください。



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

あなたは自由です

自分のやりたいことは、全部やりましょう。
自分がやりたくないことは、
やらないか、やりたくなるまで待ちましょう。
あなたは自由です。
幸せになるために、どのように生きてもいいのです。
人の思惑は、気にしなくてもかまいません。



この本から

死ぬのが怖いあなたに死ぬのが怖いあなたに
(2011/01/20)
山川 紘矢

商品詳細を見る

テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

【ワンディ・ドリームマップ講座】のお知らせ

「なりたい自分」を発見することで、
引き寄せの法則が動き出し、
その思いが実現してゆきます。


夢を加速する【ドリームマップ講座】が、
室蘭で開催されます。

大変貴重な機会です。要チェック!


講座の詳細はこちら


未来をより輝くものにしたい!

夢はいろいろあるけど、なかなか行動出来ない。
行動出来る自分になりたい!

なんとなく毎日を過ごしているけど、
新しい自分を発見して前に進みたい!

何のために働いているのか?
私の本当にしたいことは?

自分が何を目指したいのかハッキリしたい!

今の自分のありかたを見直したい!


・・・そんなあなたにオススメです。



※ドリームマップとは、夢への地図。
 夢(目標)達成のための地図。

 将来の自分の姿をビジュアル化し、
 カラフルな台紙の上に写真や文字で
 表す自己実現のための目標達成ツールです。



日 時 2012年8月5日(日)10:00~16:00

場 所 室蘭市市民会館(室蘭市輪西町2-5-1)

定 員 20名(事前申込・先着順)

講 師 加倉井 さおり
    (株)ウェルネスライフサポート研究所所長
    ICP 認定コーチ・ドリマ先生

受講料 12,000円
    (教材費、受講後のメールコーチングサポート含む)

申込み メールにて受付後、詳細をご案内します
    フォーエバードリームプロジェクト北海道事務局
    担当:ツケダ ayatuke@me.com


★参加者全員に講師サイン入り著書プレゼント!

小さなことにクヨクヨしなくなる本小さなことにクヨクヨしなくなる本
(2011/08/17)
加倉井さおり

商品詳細を見る



講座の詳細はこちら

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

差別

anger-2728269_640.jpg


私、最近怒っております。

何かというと、『怒り』が
差別されていることに、です。


ポジティブな感情は、誰にでも
歓迎され、大切にされています。

でも、ネガティブな感情は、
とっても迫害されていると
思いませんか?


でもね、同じネガティブでも、
『悲しみ』はまだいいんですよ。

「ちゃんと感じてあげましょう」
なんて言われて、これまた大切に
扱ってもらってます。


しかし、『怒り』は違います。

「まだ怒りを感じちゃうなんて、
私はまだまだ未熟なんですね…」

なんて言う方がいっぱいいます。


心のコトをいっぱい勉強した人ほど、
この落とし穴に落ちています。



喜怒哀楽はそのどれもが、
必要だから存在しています。

『怒り』は他の感情と同じく、
大切なものです。


「怒ってはいけない」という
間違った認識を、もうホントに
どうにかしたいものです。


皆さん、

『怒り』=人を攻撃する=悪いこと=悪い人

という間違った公式を、
植え付けられてます。


「怒り」は「感情」
「攻撃」は「行動」です。

怒ることと、人を攻撃することは、
イコールではありません。


『怒り』は、ただ『怒り』です。

怒りを受け入れる、というのは、
「ああ、今私は怒りを感じてるな」
と、自覚することなんです。


そして、ジャッジをしないで、
「そうだよねぇ、腹立つよね。わかるよ」
って、自分に言ってあげればいいんです。


その上で、「どう行動するか」は、
その場の状況や、相手の気持ちも
ちゃんと考えるべきではあります。

でも、

怒りを持ったからと言って、
すぐに「自分は悪い人」だ、
と思い過ぎないでください。


あなたの怒りを、あなたが差別し、
迫害してしまったら、誰がそれを
大切にしてくれるんですか !?

自分くらいは、
「そうだよね、わかるよ」って、
言ってあげて下さい。


あなたがあなたを差別し、
迫害するのを見るとき、
私は悲しいです。

行き場をなくした『怒り』が、
かわいそうに思えるから。


そして、『怒り』を感じます。

行き場のない『怒り』を救って
あげたいという、パワーが涌いてきます。


そう。

『怒り』はパワーの源でもあります。



『怒り』と仲よくなりましょう。
自分のパワーを取り戻すためにも。


参考記事:インナーチャイルドと怒り
     どんな感情にも『YES』と言う

メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

怒り

クライアントさんからのメッセージ~


最近怒れるようになってきたんです。

以前の私は、自分が悪い、自分のせい、
悪いことが起こるのも、
自分が至らないからと考えがちでした。

ですが、カウンセリングを受けることで、
自分を大切にするということが
少しわかるようになってきました。


「私はおこれる人間だったんだ」
と最近それがわかって、うれしいです。

と言いますか、怒っていたんですよね。

それにすら気が付かず、
モヤモヤしていたんですよね。


なんだか気分がすぐれないわ、
という方は占いじゃなく、
カウンセリングですね。

なんだか、変な文章かな?


自分を大切にできるようになると、
肩の力が抜けて、楽になれる。

この楽しさを、もしカウンセリングを
受けることを悩んでいる方がいたら
心から、背中を押してあげたい気持ちです。



(室蘭市/女性・40代)

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

『犠牲』はギャンブル!?

poker-1061051_640.jpg

私たちは、人に好かれたくて
『自己犠牲』をします。


本当はイヤだな…って思いながらも、
「いいよ」と笑顔で答えたりします。

自分のニーズよりも、相手のニーズを
満たすことを優先します。


そうすれば、『良い人』として、
好きになってもらえたり、
そばにいてくれたり、
大切にしてくれるんじゃないか…と、
思うからです。


それは、

「これあげるから、それちょうだい」

という、“見返り” を当てに
しているってことです。


でも、実際には後ろのほうの
「それちょうだい」の部分は、
口に出しません(出せません)よね?


だから、相手には「これあげる」
しか伝わっていません。

あなたがお返しに “それ” を欲しいと
思っているとは、相手は知らないわけです。


ギブ アンド テイクの関係なら、
相手も「それちょうだい」を
理解しているからいいのです。


でも、犠牲は黙って差し出すだけ☆

だから、相手が気付いてくれて、
更に、あなたの欲しい “見返り” を、
返せるかどうか…の確証はありません。


なのに、差し出した側は、
「相手は私の求めているものを
分かってるはず」って思ってるんです。


『相手はきっとそれが分かるだろう』
ということに賭けて、
『自分の犠牲』を差し出しているんです。


これはギャンブルです。


もし “見返り” が返ってきたなら、
それは、運が良かったってことです。


実際には何ももらえないことも、
全然違うものが返ってくることも、
あるのです。

つまり、『ハズレ』もあるわけです。


ところが、犠牲をした側は、
ギャンブルをした自覚がないですから、
それを『ハズレ』とは思いません。


正しい投資には、正しい利益が
返ってくるものだと思っています。

だから、正しい “見返り” が返って
こなかった時は、相手を恨みます。



「お返ししてくれないのは、きっと
私のことが嫌いだからだ」と…。

でも、そうじゃないんです。



賭け(ギャンブル)は負けるものです。

そして、賭けなんかしなくても、
そのお金(エネルギー)を、
「自分を満足させるために使う」
ことも出来ます。


相手に使うお金(エネルギー)があるなら、
まず自分に向ける、ということです。


その方が、確実にあなたの心は満足します。


「いつも淋しい、いつも心が満たされない」

そんな気持ちを抱えている人は、
知らず知らずに『心のギャンブル』を
しているのかもしれませんよ。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

リアル「青い鳥」!

ホントに青い!キレイ!

お友達が市内で撮影したもの。

しあわせのおすそわけです。
イイことあるかも(^^)。

120501_054809.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

『うつ病の役割』(7)

うつは『頑張り過ぎ』の病です。
では、何にそんなに頑張ってしまう
のでしょうか?



そもそも、うつになる方は、
真面目で責任感が強いのです。

その生き方は、一言で言えば
『人の期待に応える人生』です。


いつも人の顔色が気になります。

相手に求められていることを、
先回りして読み、適切な言動を
しようと試みます。

また相手のリアクションから、
自分の言動が正しかったか、
あるいは間違っていたかを常に
評価しています。


うまくいった時は安心し、そうで
なければ、失敗した理由を探し、

相手に応えられなかったのは、
自分の何かが悪かったのだ、
と責めるのです。

そして次は失敗しないで相手の
期待に応えようと身構えます。



そのように行動していることに
無自覚の方もいらっしゃいます。


あるいは、自分は常に『正しい』
ことを選択して生きてきた。

それなのに、どうして世の中は、
こんなに生き辛いのだろう?と、
感じている場合もあります。

その人にとっては、『正しくあれば、
相手や世の中に受け入れてもらえる
であろう』という考え(観念)が
あって、やはり相手に受け入れられる
ことが重要なのです。



どちらにしても、そこには
「自分はどうしたいのか」「自分は
どう感じているのか」が、ありません。


“相手”を気遣うばかりに、“自分”を
置き去りにしてしまっているのです。


仕事でも、友達でも、恋愛でも、
いつも相手の顔色次第で、自分の
顔色も変わるわけです。


「何か悪いこと言ったかな?」
「嫌われたかもしれない…」


頭の中は恐れでいっぱいになります。

何よりも怖いのは「嫌われること」
嫌われるくらいなら、自分を
犠牲にすることを厭いません。


「嫌われない」ために頑張る。


人に「嫌われない」ことが、
その人にとってはこの世で、
生き抜くために必要だったのです。



けれども、100%嫌われない、
なんてことは無理なのです。


なぜって、
私たちはちょっとしたことで、
人を好きにもなり、また、
嫌いにもなるものだからです。

好かれることもあり、
嫌われることもあるのです。


また、相手の期待に100%
応えることも、不可能です。


そんな『不可能なこと』に挑戦すると、
必ず『挫折』を味わうことになります。


挫折の繰り返しは、
その人の自尊心を奪っていきます。


「自分はダメだ…」

人の期待に応えられない自分を責める声が、
その人を、闇へと追い込んでいくのです。



シリーズ:『うつ病』の役割(1)
     『うつ病』の役割(2)
     『うつ病』の役割(3)
     『うつ病』の役割(4)
     『うつ病』の役割(5)
     『うつ病』の役割(6)

テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

良い人病

例えば、

以前自分がいじめられた
いじめっ子が、
今は孤立していたりする。

そんな場面を見たら、どう思う?



「かわいそうだなぁ…って思う」

うんうん。
そう思うよね。

一人の辛さは誰より分かってるもの。



でも、「かわいそう」100%なの?


「うーん…、半分くらいは
ざまあみろって思う…かも☆」


そうそう、ぶっちゃけ、
そういう気持ちもあるよね。


その気持ちに気付いている、
ってことが大切なのですよ!


woman-571715_640.jpg



もしもね、

『そんな悪感情、私はありません!』
って、言いたくなるのなら、

あなたは『良い人病』かもしれません。


「ざまみろ」って感じたからといって、
あなたはそれを相手に言って、
トドメを刺したりはしないでしょう?


「かわいそう」って感じてる自分も、
ちゃんといるでしょう?



今の世の中、異常なくらい悪感情に
潔癖なんじゃないかと思うんです。


例えば、

大腸菌って、嫌われてるけど、
誰のお腹の中にも住んでいて、
善玉菌とうまくバランスを取ってる
おかげで、腸は快調に機能します。


大腸菌は、生態系にも必要だから、
存在しているんです。



『そんな悪感情、私はありません!』
っていうのは、

大腸菌の存在を認めず、なおかつ
絶対に出さないように、ウンチを我慢
するようなものじゃないでしょうか?


悪感情もおんなじです。


『抑圧』すれば、それは自分に
とっての毒になるんです。

それが『良い人病』の原因です。

溜め込まれた悪感情によって、
心に変調を来します。


『良い人』になろうとしたのに、
溜め込んだ悪感情が発酵して、
自分が『悪い人』に思えてくるという、
大変たちの悪い病気です。



だ・か・ら、

『抑圧』しないで、溜めずに
スーっと流してやればいいんです。

誰かに見せる必要はありません。
トイレと同じく、
プライベートなことですから(笑)。


心も日々快便を心がけて、
『良い人病』を予防しましょうね(^^)。


関連記事:どんな感情にも『YES』と言う

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

『下から目線』を手放そう

brothers-2107264_640.jpg


上から目線の間違いじゃありません。
下から目線、です。

私たちは、意外にもこの目線を、
しょっちゅうやっているんです。


例えば、こんな場面。

TVを観ながら「国はなっとらん!」
「行政はもっと~すべきだ」

そんなセリフを聞いたり、あるいは
言ったりしたことがないでしょうか?


そのとき、私たちのスタンスは
こんな感じになっています。


国(行政)=強い者、大きい者

自分=弱い者、小さい者



国(行政)を上に見て、下の方から
上を指差して、批判をしています。




また、下から目線の人は、
自分が低いスタンスに入るので、

あらゆる人に「上から目線」で
見られている気がしてしまいます。




例えば、病院で。

「あの医者は患者をなんだと思って
るんだ!」と怒っている人。


確かにお医者さんは、
患者さんを尊重するべきです。


理不尽な扱いをされていい人
なんか、一人もいません。

仕事に私心を持ち込むことは、
いいとは言えないでしょう。


でも、医者だって人間。

イライラしているのには、
何か理由があるのかもしれません。

もしお互いが対等ならば、
「患者側も医者を尊重するべき」
と言えるのではないでしょうか?




相手に見下されている気持ちになるとき、
私たちは下から目線になっているのです。

相手が上で、自分は下、なんです。
自分から下に入ってしまっています。




その関係は、親と子に似ています。

「あなたは大人で強いんだから、
私を守ってくれるべきでしょう?」


と、言っているのですから。



確かに、親子ならそうでしょう。

でも、たとえ政治家と国民でも、
医者と患者であっても、

『一人の大人』としては対等なはずです。



いや、援助が必要な人や、
守られるべき人はもちろんいます。

行政は、国民の僕であるはずです。
それを否定するものではありません。



だけど、

この『下から目線』のエネルギーは、


あなた=やってくれる人

私=やってもらう人



という “依存” のエネルギーなのです。




このエネルギーで生きていると、
「世の中不公平だ!」
という怒りをしょっちゅう感じます。


買い物に行けば、不機嫌なレジ係に
当たって、ものすごく不快になります。

私=お客様=やってもらう人


この公式では、自分が
(大切にされるべきなのに)
大切にしてもらえなかった!
という、結果になります。

傷つき、怒りが涌いてきます。


だけど、自分とレジ係の人も、
一人の人間として対等です。


そういう目線で見てみると、

「ああ、この人は何か面白くない
ことがあったのかなぁ?」と、
相手をおもんぱかる余裕が出てきます。


そして、その人に対しても、
「まあ、人生いろいろあるよね」
なんて思えたりしたら、あなたは
自分を小さくしないで済みます。


前者は『粗末に扱われた自分』が残ります。

後者は『相手を思い遣る自分』が残ります。


さて、どちらの自分を大きく感じますか?
どちらが強く感じるでしょうか?

どちらの自分が気持ち良いでしょうか?




『下から目線』は、
『被害者目線』とも言えます。


してもらうのが当たり前、
してもらえなければ傷つき、怒る。


それは、子どものマインドです。

自分の想い通りにならないからと、
「お母さんなんか、嫌いだ!」
ってだだをこねているのと一緒です。


自分を被害者にしないことです。
弱くて小さな子どもにならないことです。


相手の態度が理不尽だと思うなら、
「もっと私を尊重してください」と、
穏やかに伝えればいいのです。


でも、そのお願いが相手に
伝わらないこともあるでしょう。


相手はそんな余裕がないからです。

だから、お客様に対しても、
患者様に対しても、国民に対しても、
やさしく出来ないんです。


だとしたら、その人に愛を送りましょう。

ただ心の中で、その人の背後にある
辛さや事情を思い遣って、
愛のエネルギーを送るんです。



「してもらう人」から、
「してあげる人」へのシフトです。



それって損なんじゃないか、って、
気がした人もいるかもしれませんね。

「なんで何もしてもらってないのに、
自分からそんなことするのよ?」って。



でも違うんですよ。

そう意識すると、
不思議なことが起こります。


店員さんがやさしくなります。
お店でやさしくされます。

会社が楽しくなります。

お医者さんも親切です。
なんだかラッキーなことが起こります。


あなたから滲み出るエネルギーが、
『怒り』から『愛』に変わったからです。

あなたが先にやさしくなったからです。



類友の法則が働いて、やさしさや
親しみが引き寄せられてきます。



これはね、

相手のため、ではありません。
実は自分自身のため、なんです。


「情けは人のためならず」なのです。
回り回って、自分に愛が還ってきます。


それが宇宙の法則です。




メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 自分を愛する
ジャンル : 心と身体

【6/20(水) OHカフェ@横浜 vol.2 】

【6/20(水) OHカフェ@横浜 vol.2 】


日 時  2012年 6月20日(水)10:30~12:30

場 所  Umiのいえ横浜サロン 

参加費 2,000円

定 員  4名

※子連れ可です。子連れの場合は、
 お子さんの月齢/年齢をお書き添えください。

 OHナビゲーター satomi

関連記事URL 

お申込は、Umiのいえまで・・

◆E:mail  umi@umi.lar.jp 上村まで

◆電話でのお問い合わせ 080-5443-1892 上村

  ※ お電話を受けできない場合があります。
    留守電にお名前(非通知設定されている方は連絡先も)
    を入れておいてください。
    後程、こちらからご連絡差し上げます。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

「はっはっは、ご冗談を」

●相手を倒す人間は駄目。

●武道の立場から見て最も理想的なのは、
 打ちかかられる前に、危険を察知して
 避けること。

●相手を倒すのは下の下の下策。
 相手を倒してはいけない。
 「万有共生」が基本。

●その相手を殺すならともかく、
 生かしておく限り、1回つぶされた人間は生涯、
 自分をつぶした相手を付け狙うから。

●だから「天下無敵」を目指す。
 天下無敵とは敵をつくらないこと。

●相手を敗北させてはいけません。
「はっはっは、ご冗談を」が基本なんです。(p350)


  この本から

脳の王国脳の王国
(2011/01/31)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



茂木さんの言葉じゃなくて、
巻末の対談での内田樹さんの言葉でした。

テーマ : 心に響く言葉・メッセージ
ジャンル : 心と身体

道徳

dc6db6cc4ba846830738d1ba68e72f18_s.jpg

=道徳的な、小学校によくあるスローガン=


よく見て考えよう
仲よくしよう
元気に遊ぼう



ふーーーむ。



「よく見て考えよう」って、
こういう漠然としたスローガンが、
日本人には刷り込まれていると思うが、
具体的にどういうことだろう?




例えば、

悩んでいる時、人は頭の中でひたすら、
延々と相手のことを考えていたりする。


考えても答えの出ないこと

~あの人はどう思っただろう?、とか
その人にしか分からないこと~
を、

延々と考えることを、人は、
『考えること』だと誤解している。


それは、このようなスローガンの
影響ではないだろうか?


ここのところを、具体的に教えないから、
みんな大人になるころには、立派に
エスパーになってしまうのではないか?


エスパーとは⇒関連記事参照



「自分と人とは違うんだよ。
だから、自分の “考え” は、
あくまでも自分の考えなんだ」


「相手の頭の中を、
いくら考えてもわからないよ」


「だから、どう思った?って、
優しく聞けばいいんだよ」と、
具体的に教えたらどうだろう。




「仲よくしよう」と言っても、
クラス全員とは仲よく出来ないこともあるよ。

相性っていうものがあるもの。


だから、
「すべての人と仲よく出来なくてもいい。
でもクラス全体の調和をとるには、
どうしたらいいかな?」


「誰と、どのくらいの深さでつき合うか、
っていうのは、自分が決めていいんだよ」


「好きでも嫌いでも、尊重を忘れずに!」


「何かを一緒にやるときには、
協力しあう方法を考えよう」
と、教えたらどうだろう。


その方が、よほど平和なクラスになると思う。




「元気に遊ぼう」って、
元気に遊びたくない子はダメなの?
って感じる。


外で走り回るより、じっと絵を
書いてるのが好きだったり、
いろんな子がいるよ。


少なくともワタシは、
ドッジボールよりお絵描きが好きだった。


そういう子を「暗い」っていう
風潮を作っているのは、

「元気なのが良いことだ」っていう
刷り込みのせいじゃないのかな?



道徳って、本当に善き日本人を
無駄に苦しめてきた原因だと思う。


よく見て考えよう
(分からないときは聞こう)

仲よくしよう
(好きでも嫌いでも、相手を尊重しよう)

元気に遊ぼう
(ワクワクすることをしよう)




自分の個性を大切にできると、
他者の個性も大切にできる。

「みんな均一に」という、強力な枠の中で、
「それは違うような気がする」というのは、
とても勇気がいる。


それでも、勇気を出そう。
あなたの幸福は、あなたの権利だから。


そして、幸福な人がいっぱいいる国は、
幸福な国になると思うから。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

「今はそれでいい」どん底の希望

「人を心から信頼できません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「今は何も意欲がわきません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「誰にも会いたくありません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「外に出たくありません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「人が怖いんです」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「励まされると落ち込みます」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「自分の意見を人に言えません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「自分がどうしたいのか、わかりません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「感情が麻痺して何も感じません」
いいじゃないですか、今はそれでも。


「人の顔色が気になります」
いいじゃないですか、今はそれでも。




「いいじゃないですか、今はそれでも」

私がそう言うと、皆さん驚かれます。


「よくありませんよ!」と、
反論するのは、あなたがそれを
『悪いこと』と決めているからです。


そして『もう一生自分はそのままだ』と、
(あなたが)決めてかかっているからです。



いいですか。

“今は” ってことです。
“ずっと”じゃないんです。



私が『今はこれでいい』と
言い切れるのは、

『現状は、これから変えられる』
と知っているからです。





このことを受け入れた瞬間に、
人生の崖っぷちは、
崖っぷちじゃなくなります。



実は、

ぶら下がっていたのは崖じゃなく、
地面はすぐそこにあることに気付きます。


「今がどん底だ」それでいいんです。

そこが『底』だから、もうそれ以上
落ちる必要がありません。




もしも、あなたが
『今の自分じゃダメだ…!』

そう思い続けるなら、
これからもずっと、崖に
ぶら下がっていなければなりません。



どっちでも、あなたが選べるんです。
いえ、あなたしか選べないんです。


あなたが選択するまで、
私は寄り添っています。


でも、残念ながら代わりに
選択してあげることはできません。



『今はこれでいい』

これは魔法のことばです。
つぶやいてみてください。


“今” 自分がどこにいるか。

そう、現在地が分かって初めて、
目的地へのルートが現れます。


今日のどん底から、
希望の明日へ向かって、
一緒に歩き出しませんか?



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

リレー・フォー・ライフ2012in室蘭

リレー・フォー・ライフ2012in室蘭


【日 時】 2012年8月25日(土)
      14:30 から 26日(日)10:30まで

【場 所】 みたら横広場



f61f2dd4b01989b7587399a103ae3a7b_s.jpg ab944f32237bbffaa3a48b7d12174a15_s.jpg 42822cb56df1c32dc64de08a717359c4_s.jpg

昨年の写真


以下、RFL2012in室蘭ブログから転載


RFLでは、「サバイバー」は
「がん」と一回でも診断された方を指します。

そのサバイバーを支えているのが「ケアギバー」

家族や友人、医療関係者等
サバイバーを支えている方はみんな「ケアギバー」です。

がん、だけではなく、私達は意識していてもしていなくても、
いつも誰かに支えられています。


もちろん人だけではありません。

食べ物、家、道路、パソコン・・・自分が存在する世界には、
「私」を支えている人・物で溢れているといっても
過言ではないかもしれません。


ですから、

自分の周りにサバイバーがいなくても、
意識的に彼らと関わることがなくても、
このブログをご覧の皆様はみんなケアギバーです。




■RFL室蘭実行委員会の問い合わせ先はこちら

電話 080-4046-4232

メール rfl_hokkaido☆hotmail.co.jp (☆を@に変えてください)



■ご寄付も募っています

ゆうちょ銀行ヘ振込 店番 908 (普通) 口座番号 4624910

ゆうちょ間での送金 記号 19090 番号 46249101

名 義 リレーフォーライフ室蘭実行委員会

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

うつ病の患者さんを支える人へ

大切な人がうつ病で苦しんでいたら、
それを見守る人も、とても辛いもの。


助けてあげたい、
でもどうしたらいいんだろう?


「がんばって」はNGワードらしい、
ということは分かってるけど、

じゃあなんて言葉をかけてあげたら、
この人の気持ちが楽になるんだろう?


出来ることは一生懸命しているけど、
回復の兆しが見えない。

ますます落ち込んでいく様子に、
不安でたまらなくなる。


闘病が長くなれば「どうしてこの人は、
良くなろうとしないんだろう?」
そんな想いもわいてくるかもしれない。


そしてまた、
そう考える自分を責めてしまったり…。




そんな

『サポーターの方をサポートする場』
を創りたいと思っていました。



【サポーターズ ・サポート講座】
 

集まるのは同じ悩みを持つ人たち。

普段なかなか人には言えない
心の中のもやもやを、
安心して吐き出せる場所。



そして、

心理カウンセラーの立場から、
『うつ』の人の心の中では、
何が起こっているのか?

理解出来ない行動の理由は?


あなたの言葉は、患者さんには
どう聞こえているのか?

あなたのこと、家族のことを、
将来のことをどう考えているのか?


そんな疑問にもお答えしていきます。

「なんで?」「どうして?」
の理由がわかることで、あなたの
ストレスが軽減するかもしれません。


その上で、『聴く・話す』という、
患者さんとのコミュニケーションで、
最も大切なスキルを、自然に学んで
いただけるような場を目指します。




【サポーターズ・サポート講座(男性のうつ編)】


日 時 2012年6月18日(月)10:30~12:30

場 所 望のカウンセリングルーム
    (室蘭市中島町1丁目 中島入口バス停より徒歩1分)
     詳細は申込後にお伝えします。

料 金 3000円

定 員 4名

お申込 メールでのお申込みはこちらです
    (24時間以内に返信いたします)

    お急ぎの方は電話でお申込み下さい。
    電話番号はこちら(9:00~18:00)


仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

心の門

心の門を堅く閉ざしていた
うつ病の人が、

カウンセリングを重ねて、
少しずつ笑顔を取り戻してきます。


ゆっくり、ゆっくり。
とにかく焦りは禁物。


…なのだけど、そばにいる家族は、
どうしても焦ってしまうことがあります。


心の門の奥深くに
閉じこもっていた患者さんが、
そろそろと門のそばまで
出て来たので嬉しくなって、

「さあさあさあさあ♪」とばかりに
門の外(自分たちの世界)へ、
引っ張り出してしまったりします。


あるいは、「チャンス!」とばかりに
患者さんの門の中まで入ってきて、
本人を連れ出そうとしたりしてしまう。


でも、外の世界は、
今の弱っている患者さんにとっては、
暴力的なほど刺激が強いのです。


みのを剥がれたみの虫のように
無防備な状態で、外気にさらされ、

患者さんは何も出来ず、
無力な自分に茫然自失…。



そしてまた、門の奥深くに逃げ込み、
以前よりも固く固く扉を閉め、
閉じこもってしまうのです。




患者さん本人も、一日も早く
元気になりたいと願っています。

家族と楽しく過ごしたい、
友人と会ったり、出掛けたりもしたい。

いつ、そんな自分になれるんだろう?
と、自問自答し続けているんです。




患者さんが門に近づいてきたのは、
「もしかしたら、大丈夫かも?」
という自信が、
わずかでも涌いてきたから。


しかし、外界の刺激の竜巻に巻かれ、
逃げ帰ってきた自分に、そのわずかな
自信も木っ端みじんになってしまいます。


やっぱり自分はダメだ、
このまま良くなれないんだ…
と、絶望してしまうのです。


その状態から、再び門の近くまで
行けるようになるには、かなりの
時間がかかってしまうことが多いです。




患者さんがまた門の近くまで
出てきた時には、焦らず騒がず、

穏やかに
「ああ、よくきたね。うれしいよ」
と、微笑んであげられるといいですね。


門の外にひっぱり出すのは、NGです。

「いつまでそんなところにいるの?」
「早く出ておいで」なんて、言わないで。


本人にとってはそれが精一杯だし、
今はそこまでで上出来なのです。


今は塀越しでOK。

でも、

「私たちはいつでもここにいるからね」
という家族の愛が感じられたら、
なにより患者さんは勇気づけられます。



心の奥深い安全地帯と、門との間を、
行ったり来たりしながら、患者さんは
だんだんと回復していきます。


「こんな自分でも、受け入れて
くれているんだ…」という安心感が、
患者さんにとっては何よりの栄養です。



しかし、

「待つのがどうしても辛い」
という時は、家族の方も、

カウンセリングなどのケアを
受けることを、視野にいれて
みていただきたいと思います。



テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

心の門番

door-2139535_640.jpg


あなたの心に門番がいたら、どう?


その門番は、
とてもやさしくて頼もしい人。

あなたをしっかりと守ってくれる。


あなたを傷つけるものは、
断固として通さない。


あなたをよく知っていて、
あなたの調子に合わせて、
門を開けたり閉めたりしてくれる。



どう?

「それはありがたいわ」と、
クライアントさん。


この方は今、
うつから回復しようと
頑張っているところ。


うつになる人は、この
心の門のセキュリティが弱く、
あらゆるものを検閲なしに
受け入れてしまいがち。


なぜなら、
「NO」が言えないから。


自分にプラスになる
人、物、考え。

自分にプラスにならない
人、物、考え。


特に後者は、
それぞれの思惑でもって、
その人の心の中に入り込もうとする。



自分の心に何を取り入れるか、
取り入れないかは、ちゃんと
選ばなければならない。


それが食べ物のことなら、
私たちはもっと慎重に、

身体にとって良いものを
選ぼうとするだろうに、

心に取り込むものは、
選択することなく、
侵入を許してしまう。


人に「NO」と言うのは悪いこと、
と刷り込まれているがために。



うつになる人は、
とても真面目で責任感、
正義感の強い、
いわゆる良い人が多い。

そして、

いつも誰かの期待に応えよう、
と頑張ってきた人だ。


『他者の期待を満たすこと』
が、生きる基準だった。



その生き方は、
その人を幸せにはしない。

だから、門番が必要なのだ。



その門番は、
とてもやさしくて頼もしい人。

あなたをしっかりと守ってくれる。


あなたを傷つけるものは、
断固として通さない。


あなたをよく知っていて、
あなたの調子に合わせて、
門を開けたり閉めたりしてくれる。




その門番は、自分自身なのだと、
彼女は分かりかけている。



関連記事:自分が好き!

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

いつでも「タダ」

「ありがとう」
「助かったよ」

「すてきだね」
「すごいね」


人を褒めることば、
人に感謝することば、

そして、ことばに添える笑顔。


これらの元手は 0円 です。


だから、相手から良い反応が
返ってこなかったとしても、

なんにも『損』はしていません。



相手が良い反応をしてくれ
なかったら、なんだか
損した気持ちになる人は、

タダのものを人にあげて、
見返りに何かもらおうと
しているのです。




タダなんですから、
あげる気持ちでやってください。

遠慮なく振りまいていいんです。


何も失ったりしない代わりに、
『心の資産』は、振りまくほどに
着実に増えていきます。


それは、
「こんな自分って好きだな」
と思えるようになることです。


セルフイメージが、
いつの間にか上がっています。



元手はタダ!

やらなきゃソンソン!


テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード