fc2ブログ

【褒められ上手】2011.10.13 放送内容

前回の内容はこちら


●突然ですが、澤田さんをほめ殺しです☆

ところで澤田さん。先日の『メディカルアイ』聞きましたよ(^^)。学生時代はずーっとバスケット選手で、たいそうモテたそうですね~。確かに背も高くてカッコいいですよね!更に今はステキなお声でも、ファンがいっぱい…。

それに、こうして番組をご一緒させていただいてて、澤田さんってとっても真面目で誠実だな、と感じます。どんなに忙しくても「相談事はフェイスtoフェイスで!」と言って、時間を作ってくださる優しいところにも、いつも助けられてます。ありがとうございます!!


うわ、なんですかこれはっ? と戸惑う澤田さん。今どんなお気持ちですか…?

澤田さん:「心を、掻きたい!」

心が痒くなっちゃいました?(笑)。なんだか居心地が悪くて身悶えしちゃう感じ、よーくわかります。



実は「褒められるのが苦手です」という人はとても多いようです。そしてそういう方の特徴は、

・褒められると居心地が悪い
・力一杯否定したくなって、
 あれもこれもダメなんですと、自分を悪く言ってしまう
・更にあんまり褒められると「嫌みですか!?」と、逆切れする人も

そういう私も以前は褒められるのがすごく苦手でした。

なぜかというと…(自分をそんなに良くは思えないというのもありますが)「謙遜しないと自慢してると思われて、きっと相手に嫌われてしまう」と、どこかで思っていたからです。

同じような人にも聞いてみたところ、やっぱり皆さん同意見でした。つまり、褒められるとどうしても否定したくなるのは、『相手に嫌われたくない(良い人と思われたい)』から、みたいです。



●「謙遜しないと嫌われる」の文化的背景

そこには、まず日本のカルチャーとして「謙遜こそが美しい」という共通認識がありますね。なので、この文化圏の中で生活していながら「謙遜しない」というのは、ある意味チャレンジャーです。アウトローになってしまう可能性があります。※アウトロー(法や秩序の外にいる人の意)

この文化圏の中にいて、もしも自分が謙遜しない人だったら、アウトローのレッテルを貼られる気がします。また、日本では自慢というのもよく思われません。

自分や自分の奥さんを敢えて悪く言ったりしますよね?昔は「うちの愚妻が…」とかよく言ったそうです。「でも、これ失礼ですよね?」と、今では言えますけど、それでもこの文化的背景は根強く残っているんですね。

「謙遜しないと自慢してると思われて、嫌われるんじゃないか」って、これだけたくさんの人が思っているんですから。



●ところで、それ(謙遜しないと嫌われる、という多くの日本人が持っている観念)は本当なのか?


「それじゃあ…」と、ここで澤田さんにお願いしました。
「今度は褒め言葉に対して、全部否定してもらえますか?」

で、もういっかい褒めさせていただきます(^^)。


~センスがいいですね。仕事に対して真剣ですよね。人との接し方に誠実さを感じます ....etc...


澤田さん:「いえいえ!とんでもない」「僕なんかクソ野郎です!」


うわぉ w( ̄▽ ̄;)w。
「そんな力一杯否定してくださって…。ううっ、否定されるってわかってるのに、私もなんだかだんだん辛くなってしまいました」

だって、私の「いいな」って感じることに、すべて「ノー!」って言われるんですから!

それって、私の感性に対して「どこがですか?全然そうは思えない!」って、言われているのと同じです。極端に言えば「私はリンゴがすきなんです」と言ったら、「え~?リンゴ?どこがいいの?まったく美味しいと思えない。あなたの味覚を疑います」っていうのとおんなじなんです。


なんかヘンじゃないですか? 嫌われたくない、良い人と思われたいのに、やっていることは相手を見下していませんか? 「あなたの感性を疑います!」「あなたの好みは間違っています!」って、本人を目の前にして言っているわけです。


実は『謙遜』の反対語は『不遜』と言います。不遜というのは、「奢り高ぶること」や「人を見下すこと」といった意味です。どうやら私たちは『不遜』『謙虚』を取り違えていることが多いみたいです。『謙虚』になろうとして、『不遜』になっちゃってるんですね。

そして基本的に、人は誰でも自分の良いと思うコトやモノを否定されて、いい気持ちにはなれません。ということは、「せっかく褒めたのに…(T-T)」と相手をがっかりさせているのかもしれないんです。



●では、真に『謙虚な態度』とは?

それはね、『愛』には『愛』で応えることです!

「あなたのここがステキ」と、わざわざ言ってくれるというその人の行動は、好意ですよね? 間違っても攻撃じゃあないですよね?

好意、すなわち『愛』なんです。私たちはいつも人からの『愛』を求めているくせに、誰かが差し出してくれた『愛』を地面に投げ捨てるようなことをしてしまいがちです。しかも!それが『謙虚な態度』であると思っているのです。



それじゃあ澤田さん、私がもう一度褒めますので、最後までとにかく「うんうん」って聞いてもらえますか?そして、最後に「ありがとう」って受け取ってください。


~人との接し方に誠実さを感じます。自分にちょっと厳しすぎるところもありますが、何事にも真剣ですよね。ラジオというリアルタイムなやり取りの中で、臨機応変な対応が出来るところ、相手の話を引き出す力、素晴らしいと思います ....etc...


澤田さん:(やっぱりちょっと悶えつつ)「ありがとうございます」


はい。ありがとうございます!(ちょいと強引でしたが)私の愛に応えてくださいましたね~。うれしいです。ついでに言うと、「ありがとう」と答えたからと言って、決して『自慢』しているふうでもないでしょう?(事実、何も自慢してないですから~)



実はこの「ありがとう」は、「私の良いところを見てくださって、ありがとうございます」という相手への感謝なんです。これが、愛で応えるということだと思います。「いえいえ、とんでもない!」と否定するのは、相手からの愛を目の前で地面に捨てるようなもの。


自分が相手に同意出来るか出来ないか、というのはまた別問題なんです(セルフイメージの問題)。同意出来ないからって相手を否定するんじゃなく、「ああ、この人はそう感じてくれているんだな」ってだけです。だからね、褒め言葉に「ありがとう」と応えるのは、自分のためじゃないんですね。ただ、相手への感謝です。


さあ、ここまで聞いてみてどうでしょう? 褒め言葉を否定する人と、「ありがとう」と受け取る人。どっちが謙虚なんでしょうか…?(そしてどっちがお互いラクでしょうね?)

そう、「『愛』を受け取れる人こそ謙虚であり、愛される人なのだ」と思いませんか?



●それでも、受け取るのがすごく難しい!という人へ

そうは言っても、やっぱり褒められるとどうしても居心地が悪くて、辛くなる人もいると思います。それはそれで無理しないでいいんですが、でもそんな人こそ、『もしも褒められたら、とりあえず反射的に「ありがとう!」と応える』と決めちゃっておくと楽ですよ♪

「いえっ!とんでもない」と否定した後のお互い気まず~い雰囲気…よりも、ずっと気持ちいいはずです。

そしてありがとうの後に「いや~、そんなこと思ったことなくて…びっくりです」とか、「ちょっと恥ずかしくて困っちゃいました」とか付け加えてOKです(とんでもない!よりずっとソフトでしょ?)。

でも、鉄則はまず先に「ありがとう」と一旦受け取ること。「自分が否定すると相手も辛いんだ」という、相手の立場からの視点を持つことを心がけてみてください。



●今週のヒトコト

「褒められ上手になりましょう♪」

褒められ上手は愛され上手ですから(^^)。



 


次回は10/27(木)の予定です。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

【以心伝心】2011.10.27放送

前回の内容はこちら


前回から、「日本のカルチャーの誤解シリーズ」を、勝手にスタートしました! 今回は2回目です。


●『以心伝心の誤解』


今日のテーマは『以心伝心』です。日本人はこの言葉が好きですよね。歌の歌詞、漫画・ドラマ、小説・・・。「言葉は、いらない」とか、「見つめ合うだけですべてがわかる」とか・・・。


(澤田さんは、『以心伝心』から、スティービー・ワンダーをイメージするそうです。そうなんだ~!彼の歌詞をもう一度よく見てみたくなりました☆)


とにかく『以心伝心』には『真実の愛』…みたいな、とても美しいイメージを持ってる方が多いようです。

「理想のパートナーってどんな人?」と聞くと「何も言わなくても、私のことをわかってくれる人」って答える人の多さからも、そんな気がします。


しかし、その誤解でもって、今日もまたあらゆるところでトラブルが起こっています。

・・・だって人間関係のトラブルって、突き詰めて行くと、必ず「あの人が私のことをわかってくれないんです!」というところに辿り着くから、です。




●で、いきなり結論に行きますが、この考えは不幸の元です!!


“この考え”と言うのは『愛しているなら、私の望んでいることが言わなくてもわかるはず』というものです。

この観念を持っている人は、恋人にも、親にも、友人にも「何も言わなくてもわかってくれる」ことを期待しますし、それが当たり前って思っています。


例えば、恋人同士の会話で・・・

彼女:「友達の誰々がとうとう結婚するんだって~(心の中では「私たちもいい加減結しよう」って言ってよ!と念じていたり)」

彼女:「(不機嫌そうに)今日は仕事でこんなやなことがあってさ…(だから優しくハグして欲しいと、肝心なところを言わないで、わかってよ!と思っている)」

ありそうでしょう?


でも、彼氏はエスパーじゃないんです。たぶん普通の人間です。彼女の思考や願望を「正確」に読み取るなんてことは出来ません(仮に読み取れたとしても、彼女の想い通りに言うか言わないかは、彼の自由です)。



そして反応が期待通りでなかった時、彼女は言います。
「なんでわかってくれないの?」って。


このとき彼女は、自分だって彼氏の想いを100%理解することは不可能なんだ……という“事実”に気付いていません。


だってね。彼は「ふーん」とかわしたけど、実はプロポーズのタイミングを計っているかもしれないし、「気にするなよ」と言って、(不機嫌そうだな~、そっとしておいてあげよう)って気遣ってくれているのかも。


そんな相手の胸の内を、「わかってくれないってことは、どうせ私のこと愛してないんだ」ってところに着地しちゃったりしていることって、本当に多いんです。


私たちは自分以外の誰かの心を、100%理解することは不可能です。

なんだかそう聞くと、身もふたもないような、残念な気持ちになる人もいるかもしれません。でも、わかる・わからないは関係なく、そこにはちゃんと愛情ってあるんですよ。



昔、知人が飼い猫の肩を揉みながら私にこう言ってました。

「犬や猫ってのは、いつも人間を見上げてるだろ?それで肩が凝ってるんだよ。」
「だからこうして揉んでやると喜ぶんだ」と。

・・・それだって猫本人に確認した訳じゃないですから、本当のところはどうだったのかわからないんです。実は猫に取っては迷惑だったかもしれませんよね?(笑)。


だけど重要なのは、この人はその猫のことをとっても大切に想っていた、という事実です。猫にとっては有り難迷惑だったかもしれないけど、そこには確かに猫に対する愛があった


それこそが『わかってくれることよりも、大事なこと』なんです。




●私たちの最大の誤解はこれです。(紙とペンのある人は書いてみて)


「分かってくれる」=「愛情のある証拠」

「分かってくれない」=「愛情のない証拠」



これ、本当ですか? イコールとして成り立ちますか?
誰にでも納得出来るように、立証出来ませんよね?

だから。これは誤解なんです。
イコールに大きくバッテンをつけてください!

この誤解で苦しんでいる人は本当に多いんです。


「わかってくれてもくれなくても、そこには愛があるのかも?」

私たちに分るのは、そのくらいです。
それが本当のところであり、それで充分なんです。




●言葉の力


そして、自分の想いをわかってもらうには、やっぱり言葉でのコミュニケーションが必要なんです。

ところが、「言わなくたってわかるはず!」という『以心伝心』を信じている人は、言葉を使わずにひたすら「わかって欲しい…」とテレパシーを送っていたりします。

その結果、願い叶わずがっかりする人生を実は自分が選んでいるのです。

いつも誰かに対して、怒ってばかりの毎日になります。それ、楽しくないですよね?「そんな人生、イヤだ」って思うなら…ちょっとイメージしてみてください。



もしもですよ…。さっきの猫が喋れたとしたら「私たちは肩は凝らないから大丈夫。それより喉を撫でてくれるともっとうれしいの」って、言ったかもしれません。


そしたら飼い主さんはどうすると思います?


(「そうか、わかった!」って撫でます!と、澤田さん。相手の本心がわかって、「そうだったのか~」とか、「うれしい」感じもしますよね~♪)


そう、きっと喉を撫でてあげるでしょうね。


これが正直なコミュニケーションの結果、手に入るものです。建設的でしょう? 



え? そんなのロマンチックじゃない?
そんなことないんですよ。

なぜかというと、「言わなくたって、わかるでしょ!」ってプンプンしてる人と、「そうしてくれるとうれしいな~♪」「ありがとう!」って言う人と、どっちが愛されると思います?

わかりますよね!!


ちゃーんとロマンチックな展開になりますから(^^)。

あ、男性もですよ。「男は自分の気持ちや欲求を表現すべきではない」と思っている人が多いですが、今は新しい時代です。21世紀ですから、どうぞチャレンジしてくださいね。


以心伝心の誤解を解くと、毎日がハッピーになりますので、ぜひ試してみてください。




●今週の望のヒトコト


『あなたもわたしも、人間だもの』


相手にエスパーであることを期待しないでください。

そして、「お願い+ありがとう」のセットで、ますます愛され上手になりましょう♪

「でも、相手にとって無理のないお願い」で、というのを心がけてください。それが思いやりですから~。


(そして・・・。この「思いやりの心」こそ、『以心伝心』ではないかしら? と思います^^)



ということで。最後にはなぜか、みつをが降臨する私・・・でした☆



 


次回は11/10(木)の予定です。

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

「死へのプロセス」の六段階

エリザベス・キューブラー=ロス。彼女は末期患者200人に面接した体験から、死を前にした患者がたどる五段階のプロセスのモデルをあげています。そこに、アルフォンス・デーケン神父の付け加えた第六段階目までを。


1)否認

告知された患者は、まず自分が死ぬという事実を否定します。無理のないことですが、自分が死ぬということを受け入れられないのです。そして、医師の診断は誤診に違いないなどと思い込もうとします。これは自己保存本能の自然な表れと考えられます。


2)怒り

自分が死ぬという事実が否定できないことがわかると、「なぜ、今、私が死ななければならないのか」という問いかけが、怒りとともに発せられます。この怒りは看護にあたる家族や医療関係者に向けられることが多いのですが、患者は決してそれらの人々に個人的な恨みを抱いているわけではありません。この怒りは「私は生きている!」という患者の自己主張なのです。

この時期の患者は精神的な支えを切実に必要としています。周囲のものは、忍耐と再診の配慮を持って患者に接する必要があります。


3)取り引き

怒りが収まると、患者はせめてもう少し生き続けたいという願いから、医師、運命、神などに対して、死を少しでも先へ延ばしてくれるように交渉を試みます。いわば取り引きです。この段階は短いながら、患者が周囲に対して最も開放的・協調的になる時期です。したがって、理性的なコミュニケーションも可能となります。出来れば患者に、この機会に身辺を整理し、やりかけの仕事を片付けて、未解決の問題に決着をつけるように進めることが望まれます。また患者が自らの人生を振り返って、全生涯を貫く意義を見いだせるように手助けすることも必要でしょう。
「人生の見直しと再評価」と呼ばれるアプローチでは、患者に生涯の出来事を見直させ、過去の生活から持ち越した葛藤の解決や、傷ついた人間関係の修復を促し、患者が過去の出来事の意味を再評価して、人生を調和と完成へ導くことができるように、援助を行います。
「取り引き」の段階での人生の見直しと再評価は、患者が死への恐怖を乗り越えて穏やかな受容の段階に到達するのを助けるばかりではなく、逆に、この時期を逃すと手遅れになる危険性も大きいのです。


4)抑うつ

いよいよ近いうちに、すべてを失わなければならないという自覚が深い鬱状態を引き起こします。
この段階で何よりも大切なことは、周囲の者がなるべく患者の傍に付き添っているように心がけることです。そばに居ても何もしてあげられないという無力感を味わうのは大変つらいことですが、この時期になると見舞客の足も遠のくことが多く、患者は人々から見捨てられ、孤独のうちに死ななければならないのではないかという寂寥感に苦しめられます。何も話さなくても、ただ手を握って傍にいるだけで、患者の精神的な支えとなることができるのです。最後まで決してひとりぼっちにしないと、患者に納得させることが大切です。


5)受容

やがて、患者は死が避けられないという事実を素直に受け入れようとする態度に至ります。それは絶望から来る諦めとは違い。いわば、為すべきことはすでに為し終えたと感じての休息のときです。患者は周囲に対して次第に無関心になっていきますが、対応を強いてはなりません。


6)期待と希望

私自身の経験によれば、特に意志後の生命を信じる患者の場合は、更に進んで、永遠性への「期待と希望」という第六の段階に達することが多いのです。例えば、天国で愛する人と必ず再会できるという希望と確信を抱く人の場合は、死にまさる生命を積極的に待ち望みながら、平安のうちに死を迎えています。



キューブラー=ロスの研究は、アメリカ人の患者を対象としたもので、日本人の患者の場合など往々にして感情表現が控えめなため、各段階の特徴ーとりわけ「怒り」の段階などーを識別しにくいかもしれません。しかし、死に行く患者は、日本人やアメリカ人やドイツ人である前に、まずひとりの人間です。最終的な死への恐怖に直面する時の反応は、本質的な共通部分が存在すると考えて良いのではないでしょうか。
これらの段階を通じて、死に直面する苦悩を乗り越えていくところに、人生最後の段階における人格成長のプロセスがあると思います。


引用:

よく生き よく笑い よき死と出会うよく生き よく笑い よき死と出会う
(2003/09/17)
アルフォンス・デーケン

商品詳細を見る


テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

【11/11(金)夜OHワークショップ@むろらん】

しばら~く、お休みしておりましたOHカード。
ついに再開いたします。

充電バッチリ♪
まずは『夜OH』から(^^)v

『自分を深めるワークショップ』です。
超少人数・リピーター限定・そして夜…という、マニアック企画。

不思議な場の力を借りて、出会っていない自分に会いに来ませんか?


Night Oh (画像はイメージです・笑)


【日 時】 2011年11月11日(金) 18時15分~20時15分 

【場 所】 東室蘭駅西口から徒歩4分
      (お申し込みの方にお知らせします)

【参加費】 2,500円 

【定 員】 4名 (OHカフェのリピーター様限定)

【OHナビゲーター】 望


ご予約&お問合せはこちら(24時間以内に返信いたします)

※メールでの受付のみとさせていただきます。

※10/30 定員になりました。これ以降はキャンセル待ちです。


前回の様子

20110133s.jpg

こんな雰囲気☆です


テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

【11月20日(日) OHカフェ@むろらん】

お久しぶりの『OHカフェ@むろらん』です!


【日 時】 2011年11月20日(日)13時00分~15時30分 

【場 所】 東室蘭駅西口から徒歩4分
      (お申し込みの方にお知らせします)

【参加費】 2,500円 

【定 員】 4名 (望と面識のある方か、そのご紹介のある方)

【OHナビゲーター】 望


ご予約&お問合せはこちら(24時間以内に返信いたします)

※メールでの受付のみとさせていただきます。

※自宅開催のため、面識のある方に限定させていただいております。
 まったくの初対面の方は、
 面識のある方のご紹介があればご参加いただけます。

※『どなたでも参加OK』のOHカフェは、
 別会場にて近く開催する予定です
ので、
 今回はごめんなさい、ですm(_ _)m。


テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード