fc2ブログ

本当の自立

愛読のメールマガジンから、『私たちが幸せになるために必要不可欠!な “本当の自立(相互依存)” 』について、記事を転載します。

==============================================

▼幸せは「自立」から


トヨタの奥田さんやアメリカ元大統領クリントンさんも絶賛する名著といえば、

スティーブン・コヴィー博士の、


●「7つの習慣」 (詳細は→ http://tinyurl.com/928a9 )


この本は、実にすばらしいので、必ず読まれることをお薦めします。


さて、7つの習慣によると、人間は



依存 → 自立 → 相互依存



と成長していきます。


依存のパラダイムは、「あなた」です。

たとえば、完全依存状態にある赤ちゃんをイメージしてみましょう。

赤ちゃんの「あなた」は「お母さん」です。

赤ちゃんの「幸せ」「不幸せ」は、完全にお母さんに依存しています。


・お母さん(あなた)がミルクをくれれば幸せ、くれなければ不幸。

・お母さん(あなた)がオムツをかえてくれれば幸せ、忘れていれば不幸

・お母さん(あなた)が近くにいれば幸せ、いなければ不幸


依存状態にある赤ちゃんは、どうすることもできません。


しかし、人間は徐々に成長し、「自立」していきます。

「自立」のパラダイムは、「私」です。


・「私」が冷蔵庫まで行ってミルクをゲットし飲む

・「私」は、一人で小学校までいける

・「私」は、自分でお金を稼ぐ


等々。


▼大部分の人間は、成人後も「依存状態」にある


さて、私たちは赤ん坊の「完全依存状態」から、成長するに従い「自立」にむかっていきます。

小学生になるころには、自分で近所の学校にも行ける。

読み書きもできるし、買い物にもいける。

しかし、金銭の「依存状態」は、普通就職して給料をもらいはじめるまでつづきます。

高校か大学を卒業し、就職し、給料をもらう。

これでようやく、親からの「自立」をはたします。

しかし・・・。



「依存」のパラダイムは「あなた」。

「自立」のパラダイムは「私」。



実をいうと、メンタル面の「依存」状態は、大人になり金銭的に自立した後も根強く残っています。


たとえば皆さん、誰かに「ゾッコン」惚れた経験はありますか?

そういう状態の時、あなたの感情は、「彼女」(あるいは彼)があなたにどういう態度をとるかに依存していませんでしたか?


・彼女(あなた)からメールがかえってこないから不幸だ

・彼女(あなた)からメールが3通きて幸せだ

・彼女(あなた)が電話をとらないから不幸だ

・彼女(あなた)と長電話して幸せだ


わかりやすい例をあげましたが、「あなた」によって皆さんの「幸せ」「不幸せ」が左右されることは案外多いのです。


・俺の給料があがらないのはケチな社長(あなた)のせいだ

・俺がリストラされたのは冷たい会社(あなた)のせいだ

・俺がモテナイのは、女(あなた)に見る目がないからだ

・俺が出世できないのは、上司(あなた)が陰険だからだ

・俺が金持ちになれないのは嫁(あなた)が浪費家だからだ


等々。

これホントかもしれないんです。

確かに社長はケチかもしれないし、会社は冷たいかもしれない。

上司は陰険かもしれないし、奥さんは浪費家かもしれない。


しかし、あなたが「依存のパラダイム」にいるかぎり、「幸せになれない」ということも自覚したほうがいいのです。



▼依存状態から脱却するために


自分が依存状態にあることを自覚できれば、そこから抜け出すのは簡単です。

「あなた」のパラダイムを、「私」にかえてみればいい。

たとえば、


「俺の給料があがらないのはケチな社長(あなた)のせいだ」


と考えている。

確かに社長はケチかもしれませんが、あなたは社長を気前のいい人間に変えることができますか?

普通は、できません。


この時、あなたの「幸」「不幸」は「ケチな社長」に依存している。

この状態から抜け出さないかぎり、あなたは永遠に不幸です。


これを「自立」のパラダイムにかえてみましょう。


「俺の給料があがらないのはケチな社長(あなた)のせいだ。

でも、社長を気前のいい人間に変えることはできない。

【私には】何ができるだろうか?」



こう考えはじめると、突如として、無限の可能性が見えてきます。

たとえば、


・今の会社で働きながら、もっと待遇のいい転職先を探す

・ネットオークションのやり方を勉強してみる

・アフィリエイトのやり方を勉強してみる

・投資の勉強をしてみる


等々。

「あなた」(社長)から「私」に視点を移すだけで、そのうち「収入
を増やす方法は無限に存在している」ことに気がつくでしょう。


(続きはメルマガで・・・)

Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358


==============================================


「わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する」をモットーに、情報を発信しつづけている北野氏のメルマガは、世界情勢はもちろん、私たちがしあわせに生きるために役立つ本や情報が、惜しみなく(!)書かれています。

ぜひ続きも読んでみて下さい。

登録は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


==============================================


しかし、これ以上分かりやすくは書けないかも・・・ってくらい簡潔です。読んでみて、自分が『依存のパラダイム』に居ることに、はた、と気付いた方もいるはず☆


自分が依存状態にあることを自覚できれば、そこから抜け出すのは簡単です。

「あなた」のパラダイムを、「私」にかえてみればいい。



はい、その通りです。

基本、心理カウンセリングでは何をやっているか?というと、「あなた」を「わたし」にシフトしていくお手伝いなのです。

でも、これが単純ではありません☆
なかなか上手くいかないパターンがあります。

それは・・・



「わたし」はわたしでも、『私が悪い』というスタンスから、なかなか脱出出来ない時、なのです。



続きは近日・・・。




テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

OHカフェ vol.12 参加募集中♪

▼2011年最初のOHカフェ、参加募集中です▼

【日 時】1/23(日)13時~15時半

【場 所】フェアトレードショップ ほしのおくりもの さん

     北海道室蘭市東町2丁目27-4 セミナービル2階 
     TEL・FAX:0143-45-1690

【参加費】2,500円
    (ペア割引/お一人様1,800円、リピーター割引2,000円)

【定 員】10名

【お申込】
メールフォームはこちらです
     (24時間以内に返信いたします)
      ◆電話でのお問い合わせはこちら(9:00~18:00)

     仕事中は電話に出られない場合もございます。
      留守番電話になった場合は、お名前と電話番号を残してください。
      後ほど折り返しご連絡させていただきます。




----------------------------------------------------------

それから! 今回はダブル開催です!

【OHカフェ@ならvol.3】

奈良で心理カウンセラー&OHナビ仲間のともこさん♪の、3回目のOHカフェです。
同じ日のほぼ同じ時間帯に、室蘭と奈良がOHカードで繋がっております。

ともこさんのメッセージはこちら。

ときに静かで、深い。
ときにはっとして、わくわく。

OHカードを囲んで、ひととつながり、話し、聴き合う場はあたたかい。
そして、OHカードは、わたしたち自身の直感や本質とつながるツールです。

無限の可能性に満ちた、OHカードに魅せられた、
わたくし、OHナビともこが、奈良でOHカフェ開催します。

今回から、リピーター割引制にいたしました。
何度、体験しても、また新たな気づきや体験の深まりが、感じられます。

あなたも、OHカードの豊かで楽しい世界をのぞいてみませんか。



----------------------------------------------------------

DSC_0862s.jpg DSC_0090s.jpg


さて、今年はどんなカードに出会うのか、そしてどんな自分に出会うのか!?

「わからないから、おもしろい」(^▽^)

皆様と一緒に楽しんでいきたいと思います♪




テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

成功は1日で捨て去れ

ユニクロで働く人とお話をしてみたい! と思うこのごろ。
それは・・・。


成功は一日で捨て去れ成功は一日で捨て去れ
(2009/10/15)
柳井 正

商品詳細を見る


↑ 柳井社長の著書です。

成長し続ける企業の創業社長の頭の中の、新しい世界を創ろう、洋服から、日本から、ひとりひとりから!という熱い想いに共感します。

「我が社は本当に良い会社です」と言い切れる。
社長や幹部だけがそう思っているのではなくて、商品において、サービスにおいて、働く環境として、すべてにスタッフひとりひとりがそう言い切れる会社を目指しているのだから、これはスゴい!

仕事に対する姿勢(特にチャレンジ精神)、考え方など、金言がいっぱいの本でした。


ユニクロ室蘭店のスタッフの皆さんは、とても若いけれど、気持ちの良いきちんとした対応をしてくれるなーと、感じます。商品も毎年進化していて、お気に入りのものも多い☆(お世話になってます)



で、スタッフひとりひとりは、ユニクロという会社を、商品をどう感じていて、どんな想いを持って働いているのかなぁ?と、興味が湧いてきます。社員から見た柳井社長の人柄、なども。


しかし彼らとは年代が違うせいか、全く接点がないのが大変残念・・・(T-T)。




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

本当のパートナーシップ

先日は『春夏秋冬』の
サイクルの話をしました。

関連記事:パートナーシップの冬へ


この春夏秋冬のサイクルは、
もっとちいさなスパンで
毎日起こっています。

パートナーとケンカして
しまった時など、ケンカの
発端になる小さな怒りや落胆、

それを分かってもらおうと
何かをしたり、言い合いに
なったりしたあと(夏~秋)
には

「やっぱりね、どうせ
私は誰にも理解されないんだ」

と感じる冬が訪れます。


person-731467_640.jpg



冬の状態では、温かい
コミュニケーションが出来ません。

相手にも冷たい態度を取ります。

目を合わせず、笑わず、
近づきませんよね? 


それでも何かのきっかけがあれば、
またいつものように言葉を交わし、
笑いあうことも出来るようになる
『春』の状態へ戻っていきます。



1日、一週間、一ヶ月の間にも、
何度も四季は流れているのです。

実は、しあわせ上手な人は、
この日々訪れる『冬』を出来るだけ
早く通過して、また春を
呼び寄せることが出来る人なのです。

(決してその人には冬が
訪れないわけではありません!)




・・・が、関係が冬の状態のまま
何ヶ月も(あるいは何年も)
膠着してしまうことがあります。

完全に轍にハマってしまったように、
自分たちの力だけではそこから
脱出出来なくなってしまうのです。

そして、その関係を終らせること
しか解決策がないように
感じてしまいます。


そこで、カウンセリングに
来られる方が多いですね。

もちろん、その関係を続けるのも、
別の道を選ぶのもあなたの自由です。

どっちを選んでも、ハッピーな
方へ進むためのサポートをします。

それは、関係性の冬にスタック
してしまわないような、新しい
物事の見方を獲得することです。


どんな関係性にも四季は訪れます。

「この人となら、一生春で過ごせる」
と思ったのなら、
必ず落とし穴にハマります。

夏も秋も冬も必ず巡ってくるからです。

そして
「こんなはずじゃなかった・・・」
と落胆してしまいます。


だから、『冬』に抵抗して
避けようとするのではなく、
いかに速やかに『冬』を
通過するか、なのです。



それには自分をオープンにすること、
相手も自分をもやさしい目で
見てあげられること、先に
きっかけを作ってあげられること、

あるいは相手がきっかけを
作ろうとアクションを起こした時に、
きちんとそれを受け取れること

・・・などですが、

「分かってるけど出来な~い!
(したくない!)」
というのが、
正直なところではないでしょうか☆


それが出来ないからといって、
自分を責めないで下さいね。
あなたがどうしても
「出来ない(したくない)」と思う
ことにも、ちゃんと理由があるからです。

あなたがダメな人間だからではありません。




だけどね。

「分かってるけど出来な~い!
(したくない!)」という気持ちの
裏には、こんな気持ちが
隠れていませんか?

「私をしあわせにしてくれるのは、
あなたの義務でしょう?」
という。


「あいたたたた(>_<)」と、
感じたあなたは、かなり
自分に気付いている人です。



その気持ちのもっと後ろには、
「私には私をしあわせにする力が
ない・・・」
というものが
隠れています。

つまり、「私には出来ないから、
あなたがやって」
と。


「あいたたたた(>_<)」

はい、痛いですね~。
ここがツボです。



「私には出来ない」と想っている
から、他者に期待(依存)
してしまうんです。

そして期待が裏切られたことで、
とても傷ついてしまいます。

さらにその傷つきを相手の責任だ!
と言って、パートナーを責めてしまいます。



・自分をオープンにする

・相手も自分をもやさしい目で見てあげる

・自分から先に(愛情を)与える

・相手からのきっかけ(や、愛情)を受け取る




これらの秘訣は分かるのですが、
それを自分から “先に与える” のは、
自分が損するような気がします。

だから「なんで私が?」って感じで
「分かってるけどしたくない」
んですね。


4つ目の『相手からのきっかけ
(や、愛情)を受け取る』のが
難しいのは不思議に想うかも
しれませんが、

自分が折れることが、なんだか
負けたように感じてしまった
経験はないでしょうか? 

それで、本当はうれしいのに
ふて腐れたような態度に
なってしまったことは? 

(ここのところは複雑なので、
ちょっと省略しますが)




実は・・・、

これらが難しく感じるのは、
あなたが自分自身との関係性で
『冬』にいるからなのかもしれません。

自分自身とのパートナーシップ
こそ、親兄妹よりも、
配偶者との関係性よりも
大切な関係なのです!


なぜなら、私たちが一生、
片時も離れず共に暮らす相手は、
他ならぬ自分自身だから
です。




「私、自分が大嫌いです」って、
言う人がいます。彼らは、
自分を大切に扱ってあげること、
自分に価値を見ること、
自分を愛することが苦手です。

「私には出来ない」と感じています。


そんな時、私たちは
他者の承認や愛を渇望します。

そして、自分を好いてくれる
パートナーが出来た時には、
天にも昇る気持ちがしますが、
その次に来るのは “不安” です。

そう、いつか相手の気持ちが
変わってしまわないかしら・・・って。


この恐れを持っている人は、
人生の四季が受け入れられません。

関係性はいつでも『春』から
始まります。

けれども、かならず夏が来て
秋が来て、冬も訪れるのです。

だから「この人となら、
ずーっと春のまま過ごせる
と思ったのに・・・!
(やっぱりこの人もダメなんだ)」
と、必ずショックを受けます。


もう一度言いますが、
『冬』に抵抗して避けようと
するのではなく、いかに
速やかに『冬』を通過するか、
なのです。



「冬は必ず巡ってくるけれど、
この人と(自分とで)
乗り越えていきたい」と想えること。

「またこの人と(何度でも)
春を生きたい」と想えること。

そうして、そのための
“双方の努力” が絶対に必要なのです。




そしてもうひとつ。

“この人” とは、実は
パートナー以前に、“自分自身”
であることに気付いていくことです。


繰り返しますが…私たちが一生、
片時も離れず共に暮らす相手は、
他ならぬ自分自身だからです。




メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

格言

『素直さは、自分を救う』

 クライアントさんに教わった♪


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

「体を温める」と病気は必ず治る 実践編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

今、流行のアレを・・・

読みました☆


新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」
(2009/12/17)
やました ひでこ

商品詳細を見る


これ、とっても良い本です。
読み終わると、なんだかやる気が出てきます。思わず引き出しの整理をして、段ボール二個のものを処分しちゃいました。

部屋は心の現れ・・・とか、私もよく話します。モノの扱い方は自分自身の扱い方と同じだったりするんです。本当に。

そんな心理がしっかりと『片付け』を通して語られています。
信頼出来る内容です。


最後まで読むと、「そっか~、所有って思い込みなんだ」「そーだよねぇ、土地だとか家だとかだって、地球の一部でそれを “私のモノ” だなんて、おこがましいよな・・・」「みんな宇宙からの借り物なんだね(しみじみ)」なーんて気持ちになります。

自分を取り巻くあらゆるモノに、人に、感謝の気持ちになるのです。


取り上げたいところはいっぱいありましたが、(個人的に)「うげっ、これはヤバい」と思ったところを・・・。


P83 無視と否定からくるエネルギー 

モノは「このやろう!」とは言いません。でも、もともとは「使おう」と思って手元に残していたはずで、モノもその思いによってこの部屋に連れて来られたわけです。使っていない今、というのは、その時のその関係を裏切ってきることになります。

断捨離は常に「モノと自分との関係性」を見ていきますから、その関係がちゅうぶらりんになって、無視どころか忘却の彼方となると、モノは自分の役割を全うできないうえに、存在価値まで否定された状態。そしてその仕打ちをしている当の自分は、忘れてしまっていて罪悪感は感じていない。けれど、その、かつてあった関係性は、物的証拠としてそこにある、そんな状態です。(一部割愛)



私の中でこんな図式が浮かびました・・・。

モノ⇒感情=インナーチャイルド

モノを感情(インナーチャイルド)に置き換えると・・・
きゃー! ヤバいです!!


そう。心が病んでしまう時、その人は長年感情(であるインナーチャイルド)を、全く持って無視し、その存在すらも無いかのように扱っています。

居ないものとして扱っているから、じゃあ居ないのか? というと違いますよね。
そこ(自分の心の奥深く:潜在意識)に、間違いなく存在しています。

居るのに居ないかのように扱われる “シカト” 。
この辛さは、誰もが分かっているはずです。

でも、同じことが自分の中で起こっているのに気付いていない。
長年放置されたインナーチャイルドは、そりゃあ怒っていますよね・・・。

うっ、コワ~っ(T-T)。


と、何が言いたかったんだっけ。

そうそう、とにかく人と自分の関係で悩んでいる人は、必ず自分と自分自身の関係がよろしくないのです。この本は、モノを通してそのことを分かりやすく説明してくれています。

お時間があれば、ぜひご一読ください。



関連記事:ふさわしい

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

2011☆やります宣言(再追記)

年初に書くつもりが、少々ずれ込みましたが・・・今年展開したいあれこれを公に宣言したいと思います。昨年初めの頃に書いていたコトは、年末近くなって思い出し、慌てて準備したのですが、なんとか実現(^-^;)。

『書く』ことの効果はいろんなところで言われていますが、やっぱり書かないよりは書いた方が絶対に達成率が高い! 今年もやりたいことがいっぱい☆さあ、書きますよ~(^^)v。




OHカフェ・・・毎月開催中♪

このペースで、今年もどんどんOHカードの輪を広げて行きたいです。とにかく、『来て・見て・触って』実際に遊んでみないと分からないのがOHカードの魅力です。
興味はあるけど・・・と思いながら、このブログを見てくれている皆様、とにかく『来て・見て・触って』ください!!「なんでそんなに盛り上がってるの?」という謎が解けますよ。

○室蘭近郊では、ご友人4人以上でご希望の日時に出張OHカフェも行います。ご相談ください。
○交通費をご負担いただければ、道内各地へ飛んで行きます。
○夜のOHカード・・・なんていうのも、怪しげで楽しそうです。企画してみたいですね!
○もちろん個人セッションも承ります。




OHカードイベント出店・・・随時受付中♪

昨年はRFL、フリーマーケット、にじいろcafe(札幌)などに出店しました。『癒し』に興味のある女性(意外に男性も)に人気です。

今年もいろんな場所で、OHカードに触れてもらえる機会を持ちたいと思っています。出店依頼等、詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。



学校や企業との取り組み・・・ご相談ください♪

人が集まる場所、そこでのお悩みはやっぱり『人間関係』です。でも考えてみてください。私たちは、円滑なコミュニケーションについてちゃんと学んだことがないまま、社会へ出て行きます。

何のトレーニングも基礎知識もなく飛び込んだ新たな環境で、様々な個性・年代の差、社内で良い人間関係を築き、お客様との関係をもスムーズにこなすなんて、大変なことなんです。

そして今いる環境の中で、人間関係がスムーズにいっていないとしたら、その人にとっては毎日がサバイバルです。ウツ病が増えているのも頷けます。

社会に出る前の専門学校生・高校生・大学生を対象に、カードを使った楽しいコミュニケーション講座などのご提供、また、企業様では社員の意志疎通を邪魔する心理的なブロックを分かりやすく解説したり、一緒にゲームをする感覚で、親密感をアップするワークショップや企業研修をおススメしています。

手始めに、気軽に入りやすいのはOHカードワークショップOHカフェを体験していただくと、雰囲気が分かるかと思います。お問い合わせ下さい。




子供とお母さんの心のケア(カウンセリング・ワークショップ・講演会他)・・・ご相談ください♪

学校での人間関係。これは子どもにとっては世界のすべて、と言っても過言ではありません。毎日戦場に向かうような気持ちで行っている子もいるでしょう。あるいは、それなりに上手くやっているけれど、どこか孤独で淋しい気持ちを抱えている子もいるでしょう。

そんな気持ちを誰にも打ち明けられずに苦しんでいる子・・・。お母さんはその子が何かを抱えて苦しんでいることを感じています。そして「ウチの子を、診てください!」と、よく頼まれるのですが、それにはまず、お母さんのケアが必須なのです。

お母さんの人生のあらゆる領域での『辛さ』を癒した上に、子供も元気になるのだから一石二鳥♪です。お母さんのケアは本当にやりがいを感じる仕事のひとつ。今年はもっと多彩な展開をしたいと思っています。

個人のカウンセリングはもちろん、講演ミニワークショップなどを提供しに、学校・サークルなどへも出向きますのでどうぞお声をかけて下さい。



●個人心理カウンセリング

実際にお母さんのカウンセリングが進んでいくと、子供の『症状(と、思われていたもの)』がいつの間にか消えてしまうことがよくあります。お母さん自身が自分を肯定し、ぶれない愛で我が子を支えられる自信を持つことが、何よりもお子さんを安心させるのです。


●ありのママ心理講座

昨年初開催で、大変ご好評をいただきました。今年も継続してやっていきます。お母さんが心からの笑顔でいられることほど、大切なことはありません。

子供はいつも大好きなお母さんを見つめています。お母さんが辛そうに生きていると、子供はそんなお母さんが心配で、無邪気な子供のままではいられなくなってしまいます。そんな我が子の姿にまた、お母さんは胸を痛めます。

子供が安心して子供でいられるために・・・。1人でがんばるお母さんに「ひとりじゃないよ!」とエールを送ります。

前回のワークショップの内容はこちら
前回のワークショップの報告はこちら

更に中級・上級講座も企画中! 同じ気持ちで集った仲間の力を借りて、力強い癒しの効果を実感していただけます! 個人のカウンセリングとは、またひと味もふた味も違います。



講 演・・・ご相談ください♪

これからの目標です。カウンセリングは基本的に1対1。ワークショップは数人の少人数性なので、関われる人数がどうしても限られます。これまでの心理カウンセリング心理療法ワークショップ等の経験から得たものを、地域へ広く還元していきたいと思います。自分を辛くしてしまう心のカラクリを、分かりやすい例え話などを使いながらレクチャーします。

心理カウンセリングは精神疾患のある人がかかるもの・・・などという先入観を払拭することの必要性も感じています。カウンセラーは普通の人がいつでも気軽に利用出来る、心の家庭医のような存在なのです。1人で悩んでいる方に、こんな方法もあるんだ、と希望を持っていただければ幸いです。



公開カウンセリング・・・企画中♪

実際に心理カウンセリングを受けることで、心のクセに気付き、しあわせな生き方を手に入れた方(またはその過程にある方)をお招きして、語っていただきます。また、その場で心理カウンセリングの現場を再現しながら、私たちを突き動かす心のオートマティックなカラクリについて解説します。

数年前よりも今が辛いとしたら、私たちが無意識に選択しているものは、もしかするとあなたをしあわせの方向へ導いているのではなく、辛い方へ辛い方へと向かっているのかもしれない・・・。そんなカラクリに気付き、自分をしあわせにする為の心の筋トレを続けてきたクライアント様の体験談は、あなたにきっと勇気と希望を与えてくれると思います。

プライベートな問題を話し合う濃い内容のため、当方のクライアント様のみのクローズド企画です。



各種勉強会

●エニアグラム研究会

●バイロン・ケイティ・ワーク勉強会


いずれも準備が出来次第お知らせする予定です。詳細はもう少々お待ち下さい。



心理カウンセラー養成講座・・・野望☆(^^)v

これは今年のモノになるかどうかわかりませんが、即戦力になれるカウンセラー育成をしていきたいという長年の夢なので、ここで宣言してしまおうと思います。

私はクライアントとしてスタートしました。一進一退するカウンセリングを必死になって続けて、その先に小さな光が見えたときのことが忘れられません。それがあるからこそ、今目の前のクライアント様も、いつか必ずその瞬間を迎えることが出来る!と信じていて、その信念があるからこそ、この仕事を続けることが出来ると思っています。

クライアント様より先に、その人の可能性と未来を信じています。悩みの最中にある本人は、そんな未来を信じたくてもなかなか信じられません。でも、私はその道のりをまず自分自身が、そしてその後はクライアント様と一緒に、何度も何度も歩いているのです。

カウンセラーはシェルパです。自分の足でヒマラヤの頂上まで何度も歩いているからこそ、吹雪の中でも登山者を導くことが出来ます。地図も理論も統計も必要です。でも何よりも経験こそが宝です。

だからこそカウンセラーを目指すなら、何よりも誰よりも自分をとことん癒すことをまず第一にしてみて欲しいと思います。その経験が、後にクライアント様とカウンセラー自身を守り、助けます。

状況によってルートを変更したとしても、臨機応変に対応し、目指す所・・・あの山の頂上(クライアント様がかけがえのない自分を愛し、慈しみながら、人の間で生きられるようになること)を見失うこと無く、歩いて行ける自信を持てるような人材を育てたいと思います。

「これでもか!」というくらいの、クライアント体験を必須科目にした講座にするつもりです。自分の中に未解決なものがあれば、クライアント様の問題に吸い込まれますし、ニュートラルな視点をキープすることも難しくなりますから。

とは言え、私自身もひとりの人間です。悩みもあるし、モノを見る時に100%主観を排除することなど不可能です。その【不完全さ】をどれだけ受け入れられるか、その上で、今できる最善の努力をするしかありません。

I'm not OK.
You are not OK.
But, we are OK.


カウンセラーもまた、クライアント様と関わりながら成長していきます。そして、『一番大切なクライアントである自分自身を、きちんとケア出来ること』が、カウンセラーの第一条件と思っています。

室蘭にココロのシェルパ集団を作りたい・・・なんて、密かな野望を抱いていたのですが、とうとう公にしてしまいました。近い将来、ここでご報告出来る日が来ることを祈って。。



●セラピストのための心理学講座(仮)

人の体や心に触れるお仕事は、たくさんあります。たとえば医師や看護師さん。マッサージやアロマテラピー、リフレクソロジーなどのボディーワーカーさんから良く聞く話は、大きく分けて2つあります。

1)お客さんの個人的な悩みを打ち明けられて、どう対応したら良いのかわからない。
2)施術中や施術後に、お客さんのグチなどの聞き役になり、その話が心に残ってモヤモヤしてしまう。

『癒し』を求めてくるお客様の心理を学ぶことと、お客様に向き合うセラピスト自身のセルフケアを中心に。実は『他人は鏡』なのです。相手に見えるものは『自分自身』のある一面かもしれないわけです(そうは思えなくても)。

それをそのままにしないで、成長のための糧に変えて行くサポートとしてご利用頂きたいと思います。私たち心理カウンセラーも、自分の頭の後ろは見えないのです。悩みやストコーマ(盲点)で、行き詰まってしまうこともあります。

そんなときはどうするか? といえば、「師匠、カウンセリングお願います」と、セッションの申し込みをするのです☆(^^)v 早め早めの解決が、結局は自分のため・クライアント様のためですから。




最後までおつき合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m。

宣言しちゃいましたから、もう動き出すしかありません。あ、もう一つ。今年はぜひお引っ越しをしたいです。夢は単独のカウンセリングルーム♪です。

今の部屋もすごーくお気に入りなんですが、もうそろそろお別れの時が近づいている予感がします。ここで学んだこと、出会ったお客様、なにもかもが必然だったと思います。

でも、この章は終わりに差しかかっているような気がして仕方ない。そして次に私は何処へ行くのかなぁ? となんだかワクワクしているのです。



皆様の2011年の夢、目標はなんでしょうか? どこかに書き出してみてください。そしてじっくり見てみます。

その中に、自分が決めれば出来ることはどのくらいありますか? それから、誰かに承認を得なければ出来ないことはどのくらいありますか?

たとえば『引っ越し』 それには希望の物件があり、そこに空き部屋があり、大家さんが「いいですよ」と言わなければ入ることは出来ません。でも、「いつチャンスが来ても大丈夫なように、準備をしておくこと」は、誰の承認も必要ありません。

その夢には「環境が変わらなければ・・・」「あの人が良いっていわなければ・・・」などという “障害” があるかもしれませんが、どこかに “自分がやりたいと思えばやれること” はあるはずです。

それをやりながら、ワクワクしながらチャンスを待つ。その過程を楽しめればいいのです。結果は、想像していた通りにはならないかもしれませんが、宇宙は私たちの想定外の喜びや楽しみを用意してくれています。

いつでも受け取れる準備をして、あとは日々を楽しむこと。心配性で宇宙を信頼していなかった私が、こんなにお気楽に生きていける日が来るなんて、思いもよらなかったけど・・・人って変われるものなんですねぇ。。



『自分を変えたい』と言われる方は、たくさんいます。今の自分が嫌いな方がたくさんいます。

でも、あなたは自分の大嫌いな人を “喜ばせたい” と思いますか? 多分思えないですよね。そう、自分を幸せにしたかったら、まずは自分と仲直りして自分を好きになるんです。 

今年も『自分をしあわせにする決意』をした人のサポートを、バリバリやっていきますので、どうぞよろしくお願いします!




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

【OHカフェ vol.13】告知(時間訂正)

▼【OHカフェ vol.13@むろらん】開催決定しました▼

次回OHカフェの日程が決まりました。1年で一番寒い季節ではありますが、OHカフェの会場は『熱い』です! 興味のある方、ずーっとこのブログを見ながら「どうしようかな~」と考えているのなら、とにかく『きてみて触って』ください。

実際に味わわなければ分からない。事実、私がいくら頑張って説明を書いても、「来てみてやっとわかりました!」と皆さんおっしゃいます。

それほどに、『食べたことの無い、知らない国の料理』みたいに未知な体験なのです。さあさあ、カモ~ン♪



----------------------------------------------------------


【日 時】2/16(水)10時30分~13時

      お時間のある方は、終了後にランチをご一緒しませんか?
      お隣の姿寿司さんの並握りランチは、500円でお得感いっぱいです!


【場 所】フェアトレードショップ ほしのおくりもの さん
     北海道室蘭市東町2丁目27-4 セミナービル2階 
     TEL・FAX:0143-45-1690

【参加費】2,500円
    (ペア割引/リピーター割引2,000円)

【定 員】10名

【お申込】
メールフォームはこちらです
     (24時間以内に返信いたします)
      ◆電話でのお問い合わせはこちら(9:00~18:00)

     仕事中は電話に出られない場合もございます。
      留守番電話になった場合は、お名前と電話番号を残してください。
      後ほど折り返しご連絡させていただきます。



----------------------------------------------------------



【OHカフェ vol.12@むろらん】が、ほしのおくりものさんで開催されました~♪

10名様のご参加をいただきました。なんと、男性が2名も!
うち、お一人は札幌から駆けつけて下さいました。ありがとうございました。

いつものように話し手・聞き手のエチケットを守りながら、カードを通して語っていきます。初対面、カードを見るのも初めての方も多く、今年の初回ということもあり、私も初心に戻ってカードの紹介を(いつもより?)丁寧にさせていただきました(笑)。

DSC_0100s.jpg DSC_1104s.jpg



そして、今回は豪華なおやつがあったのです。
友人で、現在は静岡の富士屋ホテルで活躍中のパティシエ戸田さんから、丁度届いたチョコレートケーキをご覧下さい!

DSC_0097s.jpg

ほしのおくりものの大谷さんがおいしいコーヒーを入れて下さって、皆でありがたくいただきました。

でも、私が切り分けたら、とっても美しくなく切れてしまって・・・。戸田さん、ごめんm(_ _)m。形が崩れる前に写真に収めておいて、ホント良かった! 

それから、Hさんのドイツ土産のタフィーも美味しかったです。ありがとうございました。



そんなこんなで・・・、今回のご感想いってみましょう。

●他の人の話が色々同時に聞かせてもらえるので、楽しかった。

●人との出会いが楽しいです。

●ペルソナのカード、エコーの抽象的なカードが、感覚的に楽しい。

●OHカードのことを初めて知って、触れてみて、とっても興味がわきました。また参加したいです。

●初対面で自己紹介するのはとても緊張するのですが、カードとともに話すと少し楽でした。

●グループでのOHカードは、他の人の人の考えが聞けます。他人と自分との違いが分かり、楽しめます。

●みんなの意見が聞けて楽しかった。モレナは絵がかわいくてやさしい気持ちになれました。

●インスピレーションで話を生み出すところが面白かった。

●モレナとエコーの絵がキレイで、引き込まれました。

●最初は緊張したけど、居心地が良かった。今の自分で可能な範囲で関われたと思う。

●モレナは一番しっくりきた。あたたかかった。


などなど、雪で道路状況の悪いなか、また遠方からもお集り下さった皆様に感謝です。いつもとっても楽しいんですが、今回は特に充実感いっぱいのOHカフェでした。

お見送りするのが名残惜しかったなぁ。もっとゆっくりじっくりOHカード三昧出来る1DAY企画なども、やってみたいと思った1日でした。

次回はどんなメンバーになるか、今から楽しみ・・・。
画面の前のあなたかも(^m^)。



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

「そうとは思えない」人へのメッセージ

両親との確執・・・特に、母親と子供の関係で
苦しんでいる人は多いですね。

(私も “ソレ” で立派に苦しんだし)

そんな親とのぶつかり合いのパターンを、
あるクライアント様の許可を得て書いてみました。


------------------------------------------------


そのクライアントさんはこう思っていた。

「私の人生はお母さんのせいでこんなに辛くなった!あなたは、その償いをしなくてはならない!!」と。


地団駄を踏んで怒る子供のように、
母親に向かって恨みつらみを吐き出すことを
止められなくなっていた。

ほとんどの場合、膿を出し切るまでそれは止められない。

彼女は泣きながら母親に膿を吐き出し、
母親もまた泣きながら、膿をかぶり続ける。
そんな場面を何度も繰り返してきた。

後には言いようのない悲しみと、罪悪感が残る。
「どうして私は親を泣かせてまでも、感情を止められないんだろう?私はなんて悪い子なんだろう・・・?」と。


母親はまた、
「あなたを愛さなかったことなどない!」
「兄妹を差別したことだってない」
「淋しい想いをさせて、悪かったと思ってる」

そう何度も何度も繰り返す。

でも、そうとは思えない自分が居る。

愛して欲しいと叫んでいるのに、
「それでも愛しているんだよ」と言われたら、
即座に「そんなのウソだ!信じられない」と否定してしまう。


そうして、・・・母親は黙ってしまう。
歯を食いしばって、涙を溜めて、言葉を飲み込む。


【そうとは思えない (心理学では「思いたくない」になる)】と、決めている人間を変えることは、どうしたって不可能だ。

だから・・・母親は黙るしかない。

その黙り込んだ母親に、
「どうして本気で向き合ってくれないんだ!」と、
彼女はさらに責め続けてしまう。

ある日。
何を言っても、何をしても納得しない我が子を前に、
もう万策尽きた母親が言った最後のコトバは・・・

「わかったよ。あんたは一生私を恨みなさい」だった。

「私はこの親の言葉で、“見捨てられた”と感じたんです!!」
と、涙にくれるクライアントさんに、私は言った。


「ところで、あなたは犬を飼っていますよね?」と。

a0158df9844afe53f53af1673c6ec33c_s.jpg


(は? 突然何の話? と思うだろうけれど)
(犬でも猫でもなんでもいい)

犬や猫は無条件にかわいい。
彼らは文句を言わない。

「大好き!大好き!」と尻尾を振って、
じっとあなたを見つめてくるものだ。

でも、人間の子供は違う。

「私の人生はあなたのせいでこんなに辛くなった!」
「あなたの育て方が悪かったから、こんな人間になってしまった」
「あなたは、その償いをしなくてはならない!!」

そう言って、親を責めるものだ。


「大好き!大好き!」と、
あなたを好いてくれる相手を愛するコトほど、カンタンなことはない。


でも、

「あなたのせいで私は不幸だ!」
「あなたが私を愛さなかったからだ!」

と、あなたを恨み、
何年も何年も責め続ける相手を愛し続けること
は、
どれほど辛いか分かるだろうか?

それがどれほど凄いことなのか、分かるだろうか?



あなたの親が、
今もあなたの親としてそこに居てくれるのだとしたら、
それは愛以外の何ものでもない。

一生恨まれても、憎まれても、
それでも親でありつづけようとする愛だ。

74ea00d828ff3822d8bfffc759b74b31_s.jpg


「お母さんは、昨日あなたに膿を吐かれたとしても、今日はまた何事もなかったようにご飯を炊いて待っていてくれるんじゃありませんか?」

「そうです。そうです・・・」と、涙が溢れるクライアントさん。


あなたは見捨てられてなんかいない。

それが真実だ。

でも【そうは思えない(思いたくない)】あなたがいた。


『本当は愛されていた』と認めることが、
あなたの辛かった人生を否定するのとは違う。

あなたは確かに辛い人生を
サバイブしながら生き延びてきた。

でも、どんなときも親の愛はそこにあったのだ。
それが事実。


親は伝え方を間違っていたかもしれないし、
あなたは本当に淋しい想いをしてきた。
それも事実。


愛はそこにあった。
でも、あなたも辛かった。

その事実を、
ありのままに受け入れることが出来たら、
その瞬間から世界が変わる。



そうだった。

私の母も、私がどれだけ膿を吐きかけても、決して
そこから動こうとしなかった。

そこに居続けて、私の母であることをやめようとしなかった。

そのことに私が気付くまで、じっと待っていてくれた。

(いや、たとえ気付かなかったとしても変わらずそこにいたはずだ)


それを思えば、どんなことも乗り越えられる。
心の中にちいさな灯がいつも点っているから。

その灯は決して消えることがないから。



あなたがこれから先も
「いや、やっぱりそうは思えない!」
と頑張るというなら、それでもいい。

それでも、あなたの親はそこに居てくれる。


もしくは、
「ああ、それこそがあの人の愛し方だったんだ・・・」
と受け入れる、という選択もある。

それを受け入れると、生きることが怖くなくなる。

(この安心感を体験したら、今までの生き方に戻りたくなくなると保証します!)



私が生き証人だし、
多くのクライアントさんたちもきっと証言してくれるだろうと思う。



関連記事:無償の愛シリーズへ
     生きてるだけで
     おくりびと


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード