ARCHIVES 2010年09月
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム
Read more

リレー・フォー・ライフ in 室蘭が終って・・・

  リレー・フォー・ライフ、室蘭で3回目の開催当日、心配されていたお天気は『快晴』実行委員さんとボランティアさんの手で、着々と準備が進められています。ゲートにチラシの虹のデザインが・・・なんと手書きです!OHカード体験ブースも準備完了♪そして、正午。虹のゲートをくぐって、サバイバーズ・ラップからリレーがスタート。「24時間の命のリレー」 あなたと歩くその先に 勇気と希望をつなげたい。今年のテーマとなっ...

 03, 2010   6
No image
Read more

祈りのことば

私が愛情深い優しさに満たされますように。私が健康でありますように。私が穏やかで、安らかでありますように。私がしあわせでありますように。出典は、確か「聖なる愛を求めて」だったと思いますが(定かでないです…ごめんなさい)、この祈りの言葉を毎日唱えていた時期があります。私の心の傷はまだパートナーと癒着したまま、それでも必死に距離を取ろうとしていた頃でした。私たちは、心理学で言う『共依存』の罠に首までつか...

 04, 2010   0
No image
Read more

心理カウンセリングのご感想をいただきました。

こんにちは。昨日の電話カウンセリングありがとうございました。 対面と違って電話も良いですね。電話だと、望さんの姿は見えませんが、お話ししながら、大切な言葉は書き留めることが出来るし、夜と言うこともあって、間接照明にして、リラックスしながら話しができるところが良かったので、対面との間に入れていけたらと思っております。 昨日、望さんに言われたとおり、初めてのカウンセリングに比べたら、今は仕事していないか...

 08, 2010   2
Read more

【OHカフェ@むろらん vol.8】

▼次回【OHカフェ@むろらん vol.8】の日程が決定しました▼残暑厳しい今日この頃、皆様お元気ですか?「暑いのは平気」と思ってたワタクシも、今年は夏バテしまくりでした☆だけど昨晩あたりからは、夜の寝苦しさを感じなくなりましたね。それはそれで、ちょっと淋しく感じたりするのだから人間って勝手なものです。さぁ9月もOHカフェ、やりますよ~♪季節の移り変わる今、ふっと素のココロに帰る時間を自分にプレゼントしませんか?...

 09, 2010   0
No image
Read more

インナーチャイルドと怒り

あなたは怒りを「悪い感情」だと思っているかもしれない。だけど、怒りは本当に「悪い感情」だろうか?もしかしたら怒りは、私たちに大事なことを教えてくれているのかもしれない。あなたは、どんなときに怒りを感じるだろう。たとえば・・・身に覚えのないことで非難されたとき。容姿や歩き方をからかわれたとき。話し方や方言をばかにされたとき。考えや意見を、きちんと聞いてもらえなかったとき。頭ごなしに叱られたり、失礼な...

 10, 2010   0
No image
Read more

我慢の連鎖

ワガママを言っちゃダメ、自分の意見を通しちゃダメ、辛いって思っちゃダメ、悲しい様子を見せちゃダメ、「助けて」って言っちゃダメ、自分を大切にしちゃダメ、誰にも嫌われちゃダメ、良い人でなくちゃダメ、ダメダメダメ・・・!! って、いつも自分に言い続けていませんか?『自分に禁じていること』が多いほど、人生は生きづらくなります。どうしてそんなにまで、自分にダメ出しをしてしまうのですか?「もっとラクに、しあわ...

 11, 2010   0
No image
Read more

サトラレとエスパー(1)

【サトラレは実在するか?】サトラレって、知ってますか?映画だったかドラマだったかで、昔観た記憶があるのですが・・・。心の中で思ってることが、半径1キロくらいの周囲の人にダダ漏れになってしまう体質の人(うろ覚えの説明)のことです。例えば。あなたが食堂に入って『お蕎麦が食べたい』と考えながら、店員さんに「ラーメンください!」と言ったとします。当然、ラーメンが出てきますね?『お蕎麦が食べたい』という考え...

 14, 2010   0
No image
Read more

サトラレとエスパー(2)

同じような展開を、別のシチュエーション・別の方向から見てみましょう。例えば、昨夜の夫婦喧嘩でむしゃくしゃしてる上司さん、がいたとします。そこへ「おはようございます♪」と、あなたが挨拶しました。すると上司さんはそっけなく「ああ…(-_-メ)」と、応えて行ってしまいました。この上司さんは、“自分の問題” でむしゃくしゃしてて、その感情を処理しきれないでいるだけです。キャパ越えした不機嫌さが、滲み出ていただけです...

 15, 2010   0
No image
Read more

マイ チャイルド

あなたの子は何があっても、どんなことをやらかしても、やっぱり我が子。やっぱりかけがえのない、愛する子ども。反抗したって、万引きしたって、口を利かなくたって、「うるさい」って言われたって、抱きしめようとして振り払われたって。そして…、たとえ恨まれたとしても、あなたは『親』であることをやめないと思う。「私が今、我が子に注いでいる愛情を思うと、どうして私の母は、そんなふうに私を愛してくれなかったんだろう…...

 16, 2010   0
No image
Read more

マイチャイルドに寄せて

鍵コメントさま、コメントありがとうございました。そう、お母さんはみんな「こんなにも子供を愛してる」のです。そのことに自信をもってくださいね。あなたがどんなに(自分が思うところの)理想の母親になったとしても、我が子に「ぷい」って、そっぽ向かれることはあります。その時、あなたが『ごめんねママ』になってしまえば、「ごめんね、ごめんね」「私の悪かったところを言って、直すから…」と、平謝りに謝ったとしたら…、...

 17, 2010   0
No image
Read more

『失踪した○○』

『引き寄せの法則』を、著者自身の体験を通して、楽しく・分かりやすく書いてある本です。ストン!―あなたの願いがかなう瞬間(2005/04)藤川 清美商品詳細を見る中でも面白かったのは、『失踪したダイヤモンド』というエピソード。著者である藤川さんは、セミナーなど人前でマイクを持って話をしなければならない時は、気分を盛り上げるために4カラットほどの大きなダイヤモンドの指輪をすることにしているそうです。といっても大き...

 19, 2010   0
No image
Read more

被害者/加害者

被害者と加害者は、コインの裏表のような関係です。子供を虐待する人は、この世に生まれ落ちた瞬間から「今生は我が子をなじったり、叩いたりして虐待するでしゅ!」なんて決意していたわけではありません。学校でいじめをしている子だってそうです。会社で部下の尊厳を踏みにじる勢いで怒鳴る上司も、家庭で奥さんを殴る旦那さんも、サークルで誰かを『シカト』する奥さんも、誰一人、生まれた時からそんなことをしようと思ってい...

 20, 2010   0