fc2ブログ

愛を捨てる行為

5965c314b7039727e8c94f965428fae7_s.jpg

ケンカって、
とっても気分が悪いもの。

むしゃくしゃ、イライラ、
相手の言動すべてがムカつく。


でも、今からすごいことをポン!
と言うよ?

『ケンカって、
その人と仲良くなりたい
からするんだって。』



え~~~~っ?

冗談じゃない!
あんっなイヤなやつ!!
絶対許せない!!!

・・・って、思ったでしょう。



そんなに怒ってるのはどうして?

だって、
あの人は私にこう言った。
あんな態度を取った。
私を侮辱した・・・。


うん。それって、
本当はこういうことじゃないかな。


『私はあの人に、
大切にされたかった。
認めて欲しかった』って。

それなのに、相手が
自分の予想と違う言動をした。




あなたが、大切にされ、
認められたいと思う相手。
それは本当に大嫌いな人なのかな?


ちょっと考えてみて欲しいんだ。

今ケンカしてるその人は、
以前、大好きだった人じゃない?

そしてケンカをしてまで、
『分かってもらいたい』
と思ってることを。



で、
ここにひとつの観念があって、

『分かってもらう』=『愛(好意)』
『分かってもらえない』=『愛がない(悪意)』


という公式が、
あなたの中に存在してる。



ケンカの中のセリフって、
みんな同じことを言ってる。

「あなたは私を(に)~~した!」

それは私への愛がないって
ことなんでしょう?…と。


つまり、ケンカは、

どうして私を愛してくれないの?

という怒りを
相手にぶつけているってことで、

私を愛して!!

という叫びなんだ。




きっと過去に
何度も書いてるけど…、


『分かってもらう』=『愛(好意)』
じゃない。

『分かってもらえない』=『愛がない(悪意)』
じゃない。


『私を愛しているなら分かるべきだ』
という観念そのものが、
実は誤った公式だってこと。


↑この件はこちらの記事参照



現実には、私たちは
相手の願っていることの
すべてを理解はできないし、

すべてを体現することもできない。
エスパーじゃないからね。


たいがい、私たちは
相手のためによかれと
想ったことをしているんだ。

あなたがそうであるように。




でも、それが、
相手の望むこととは違ったり
するのは日常茶飯事なんだよね。


でもまあ、
微妙な違いだったりして、
あなたも「ま…いっか」と
やり過ごしてきた出来事が、

何度か積み重なってきたころ
(それを我慢と言う☆)に、
ちょっとした相手の言動が、
堪忍袋の緒をパチッと切る
スイッチになった。


だからケンカのときは、

「あなたはあの時もこう言った!」
「この時はああ言った!」

って、過去の小さな我慢を全部、
相手に浴びせかける。



長々と書いてしまったけど・・・。

言いたいことは、

それも愛だったとしたら?

ってこと。





あなたが相手に
「こんなもの!こんなもの!」
と投げ返しているものが、

それが、

もし愛だったとしたら、

あなたへの愛を、
あなた自身が投げ捨てている
ことになりませんか?




本当はその人と仲良くやれたら、
何も問題はなかったはず。
あなたは、相手と仲良くなりたい。

ね?



ああでも、それを認めるのは、
きっと『負けた様な気がする』
からね・・・。

本当に、本音を受け入れるのって
むずかしいんです☆

ふ~(-_-;)。

メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

一滴の水

地層の奥深くから湧き出た、
清廉な一滴の水があった。

それは湧き水として、
ひと筋の流れとなり、
やがて川になった。

水はどんどん川を下り、
ある時、分岐点にさしかかった。

さて、右に行くべきか、
左へ行くべきか・・・?


水は迷った。

水はより良い人生を
送りたいと願っていた。

より人のために役立つことを
したいと思っていた。

より、地球のためになる
流れ(道)を選びたかった。


でも、どちらが “正しい” 流れか
分かる方法はないのか?

自分を活かす流れが分からずに、
考え続けて時は過ぎた。

水はずっとそこに留まっていた。



水が動かなかったら・・・、
それは淀みになる。

『それこそ水を活かす流れ(道)
ではない』と、いうことだけが、
今分かることだ。


選んだ流れが、
どぶ川に繋がっているのか、
澄んだ湖に繋がっているのか、
それは『神のみぞ知る』。

そして、
間違いなく確かなことは、
『どんな流れも最後は海に行き着く』
ということだ。

これは疑う余地がない。


ならば、
右を選ぼうと左を選ぼうと、
どっちでも構わない。


必ず海へ行けるのだ、
ということを信頼していれば。


そして、このことが
『人生を信頼する』ということなのだ。


私たちは生まれる前にいたところへ、
必ず帰還出来るから。




それなら、自分が “楽しそう” に
感じる流れに乗ってみよう。

『選べない』ってことは、
50:50ってことなのだから、
『選んだ方』をアタリと思って
進めばいい。



そして、海にたどり着くまでの
冒険の物語を、いつか雲の上で
再会したときに聞かせて欲しい。

一緒にお月見でもしながら。






関連記事:どっちだろう?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

親子鏡に映る『罪悪感』

eye-2644086_640.jpg
もしも・・・、
『清く、正しく、美しい人』
ばかりの家庭があったとしたら、
それぞれがとっても辛い想いをするだろう。

『清く、正しく、美しい人』で
い続けるのは、とても苦しいだろう。

完璧ではない私たち人間が、
完璧なふりをしなくてはならないから。


自分に厳しい人は、人にも厳しい。
「彼は~~であるべきだ」
「私は~~でなければ」
という言葉が、子供たちの心にも
染み込むだろう。


そして、子供たちは未熟な自分の
本当の姿を、隠すようになるだろう。

強烈な光を放つ親の足下には、
暗くて濃い陰が出来る。

『良い人でなければ、愛してもらえない』
『正しくなければ、認めて貰えない』



ということは、
『不完全な自分は、いつか
最愛の親から見捨てられるのでは?』

と、感じないだろうか。

親の庇護を必要とする年齢の
子供たちにとって、
それはどれほど恐ろしいことか。





また、そんなふうに感じていた
子供の頃の自分
が、
今もまだあなたの中にいるのではないだろうか・・・?

子供の眼は鏡だ。

そこには、
あなたが映っているかもしれない。


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


テーマ : 思った・感じたこと 直感/感性/感受性
ジャンル : 心と身体

I love you.


I love pug.




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

お悩み解決♪

『悩み』って、ほんとうに
この一言に集約出来るんだな☆
  ↓    ↓    ↓
『あの人が思い通りにならない』



だから自分の悩みも、
ちょっと立ち止まって
客観的に見てみると、

『あの人が思い通りにならない』
ってことを、言葉を変えて
あーだこーだと言っているんだ、
って気づきます。


仕事柄よく相談を受けますが、
その人の求める解決方法は、
『どうしたら相手が変わってくれるのか?』
ということなわけです。

それは残念ながら、
コレっていう答えをあげられません。



カウンセリングやセラピーで出来るのは、
たとえ相手が変わってくれなくても、
しあわせに生きられる知恵♪を身につける
ことです。

え~、って不満顔になる方もいます。
でもこの知恵は万能なんですよ!

『Aさんを変える方法』は、Bさん
には通用しないかもしれないけど、

相手が誰だろーが、自分はしあわせ♪
ならば、どこに行っても誰に会っても、
しあわせでいられるわけですから。

もちろん自分のしあわせのために、
誰かを犠牲にすることも一切ありません。




それで、クライアントさんが
しあわせを感じられるように
なって来た頃、

悩みのタネだった相手が、
変わってしまう・・・


という、不思議な展開は
多々あるんですけどね ( ̄m ̄* )ムフッ♪


face-2936245_640.jpg



あ、そうそう。

『自分が思い通りにならない』
という悩みもありますね☆

でも、これも基本的にはおんなじです。

『思い通りにならない自分』を
受け入れられるようになってくると、

「あれ?最近変わったね」とか、
「キレイになった?」とか、
「元気そう、いいことあった?」とか、

まわりの人から言われるようになります。

知らず知らずに、しあわせに
変化していた自分に出逢うよろこび・・・(*^.^*)。

これはぜひぜひ味わって
いただきたいものです。



メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ゴン、ありがとう。

gon-nozo.jpg

愛犬・ゴンが亡くなりました。

17歳と3ヶ月。
パグとしても、ワンコとしても本当に長生きしてくれました。

晩年は5年間寝たきりだったけど、
私たち家族に、どれだけの恵みを与えてくれていたことか。

ご飯を食べられなくなって、水だけで1週間以上がんばって生きました。
そして、父の腕に抱かれての、最期でした。



両親の献身的な介護に本当に感謝です。



この17年は、いろいろなことがありました。
ゴンの思い出を抜きにしては語れない17年。

ゴン、ほんとにありがとう。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ありがとうございました。

ゴンの訃報にたくさんの方から励ましのメールやコメントをいただき、
本当にありがとうございました。

お礼が遅くなって申し訳ありません。
見守って下さった皆様に心から感謝します。



gon.jpg

寝たきりだったゴンのための黄色いベビーベッド。
リビングの真ん中にあったベッドが消えて、ぽっかりと穴があいています。


ゴンは丁寧に火葬され、白い小さい骨になりました。
小さな頭蓋骨なんか、そのまんまのカタチでキレイに残りました。

いつも撫でていた頭のカタチのまんま。
骨になってもかわいい。。

今、骨壺はリビングに父が作った祭壇に鎮座しています。




家族はゴンのために出来ることはやり切ったので、
「もっとこうしておけば・・・」なんて悔いが残らなかったのが幸いでした。

今はもう天国で、自分の足で走り回って、きっと喜んでいるでしょう。





先週はゴンにかこつけて、ことごとく仕事をサボり倒してしまいました☆
今日から仕事週間です・・・(自業自得)。

うんと落ち込んでいたのか? 
というと、最初の3日はさすがに辛かったけど、
その後は友達の電話やお誘いに乗っかって、なるべく出かけるようにしていました。
普段は行かないようなところにも、顔を出してみたり。

そして、ちゃんと笑える自分を確認したりして・・・。


ゴンからもらったものは、本当に喜びと感謝だけです。
ゴンが病に倒れたことをきっかけに、私はどん底から抜け出せたから。

これからも、笑顔で生きよう!
ゴンにまた会える日まで。




ゴンじゃないけど、パグ好きさんへプレゼント♪



かわい~ぃ!

こちらもつい、見ながら首を傾げてしまいます。
肩凝りを感じた時には、ご一緒にどうぞ(笑)。




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

若者たちと『あらまカード』

友人であり、素敵なファシリテーター・ジョイさん(愛あるフィードバックの達人!)のお招きで、毎月1回のユースグループの集まりに参加させていただくようになったのは、最近のことです。

中学生の子供たちが教会に集まって、ゲームをしたりおやつを食べたり、楽しく交流します。悩みの多い現代の10代・・・いじめや友人関係、家庭環境などの問題について話し合ったりもします。



実は、この年代の子供たち、私の私生活ではあまり接点がないんですね。
「うちの子をカウンセリングしてください」と来られるお母さんが多いのですが、私は「では、まずここにいらしているお母さんがカウンセリングを受けてみて下さい」と、言います。

そして、結果的にはお母さんがご自分と向き合っていくうちに、なぜか子供さんの問題は問題ではなくなってしまいます。だから、子供さんに会わないうちにカウンセリング終了~♪ という事例が多いのです。




前置きが長くなりましたが・・・。
そんなこんなで今までなかった10代の若者たちとの接触に、新たな刺激やたくさんの気づきをいただいてます。どんな反応をするのかな?と、毎回ドキドキしながら楽しんでいます。


さて、先日のユースのクリスマス会では、「子供たちとOHカードで遊んで欲しい」との提案を受けました。

いつもは女の子ばかりなのに、男の子がいっぱいでたじたじ。
女の子以上に接点のない男の子たち・・・「OHカード、やってみたい?」と聞くと、みんな「やりたーい!」と超元気!


それでは、と、サガ・ミトス・1001で『ストーリーテリング』の始まりです。
なるべく短い文章で、次々に出て来るカードでお話を作っていきます。
上手い話にしようとしない、はちゃめちゃでいい、オチもつけなくていい・・・


なんと男の子もノリノリで遊んでいます。
RPGとかに馴染んでるからかなぁ? わいわいがやがや、大盛り上がり。
「早く置けよ」「なんだよそれー」「わかんねぇよ」なんて声も聞こえます。


「じゃあ、次はね。誰かが喋ってる時には、その人のことを“尊重”してください」
「“尊重”ってわかる? 今みんなが私の話をきちんと聞いてくれてるから、
 私は自分が大事にされてるのを感じてます」

「でももし、人の話を全然聞かないでそっぽを向いてたり、
『ちがうよ~、それ変じゃない?』なんて“否定”するようなことを言われたら、
 自分が大切にされてるな~、って感じられないよね」

「だから今喋ってる人に耳も心も向けて、聞いてあげてね。
 ということは、自分の番がきたら、自分もそうやって大切にしてもらえるってことなんだ」


「はーい」 おお~、良いお返事です (*^-^*)。

「早くやろう!」あ、はいはい (^▽^;)。


そして、今度は『尊重』というルールがちゃんと守られてます。
ついどこかから突っ込みが入ってしまったりすると「否定したらだめなんだぞ」なんて言い合いながら。
すると自然に、出て来るストーリーもなんだかやさしくなっている・・・。


「ねえ、さっきよりここの空気がやさしくなった気がしない?」って聞いてみました。
みんなが口々に「するー」「するする!」と。

「じゃあ、人の話を“尊重”しながら聞けたと思う人?」
「はーい」「はーい」って、一斉に手が挙がります。

そして「もう一回やろう!」「早く!」と、最終的には予定の時間をちょっとオーバーしてしまうほどでした。
思っていた以上に盛り上がって、良かった~♪


この日は、他にケーキとお菓子をいただいて、グドール先生の『身体』にまつわるクイズ、賛美歌などをみんなで楽しみました。そして最後はお祈りをして、クリスマス会は無事に終了したのでした。
楽しい時間は、ほんとにあっという間でした☆




あ、それでタイトルの『あらまカード』というのは、初めにOHカードの「オー」は英語の感嘆詞の「OH」なんだよ~、と言ったら、それを聞いてたクリさん(英語の先生です)が、「“あらま”カードだね♪」と、おっしゃったからです。

確かに。。
ストーリーテリングは “あらまぁ” な展開の連続でした(笑)。



一緒に遊んでくれたみんな、どうもありがとう♪ また遊ぼうね!

そして子供たちに真剣に関わっている大人の皆さん、ありがとうございました。





室蘭聖書教会では、毎月第二土曜日の夜に、ユースグループを開催しています。
ボランティアによって運営されている、中学生の子供たちが中心の交流会です。
気軽にご参加くださいね。





テーマ : 思った・感じたこと 直感/感性/感受性
ジャンル : 心と身体

OHカードで遊んだ♪vol.2

今日は室蘭もぐっと冷え込みました。
が、OHカードは熱かったです(^^)v。

【OHカードで遊ぼう!】at Garden Crystal Vol.2 が、開催されました。


今日のメンバーはリピーターさんと、グループでのOHは初めての方。
前回と同じ遊びをしても、その時によって選ぶカードも感じ方も違います。

新しいメンバーさんからは、また新しい視点をシェアしてもらえて新鮮です。
リピーターさんからは、「前回より話すのが楽になった」とか、
「想像力が出て来たみたい」なんて声が・・・。

よりリラックスして、楽しんでもらえたみたいでうれしい(^^)。


いつも、「今日はどの遊びをしよう」とは決めていません。
流れにまかせて・・・、今日はペルソナとペルソニータを使いました。

ゴシップペルソナも笑ったけど、今日のメインは『褒めるやつ』。

 たぶん、ここでOHのベーシック・アドバンスのメンバーから笑いが漏れます。
 OHの遊び方の命名の仕方って『~~のやつ』っていうのが多い☆から。



これはアドバンスの中で生まれた遊び方で、私は好んで使っているもの。
前に専門学校生の生徒さんとの講座でも、すごくいい感じになれたから。


顔のカードを使って、ひとりの『褒められる人』に、残りの皆が、
引いたカードの人物になりきって『あなたのこんなところが好き』って伝えます。

褒めるのも褒められるのも、なんだか照れくさいものですが、
架空の人物を同じく架空の人物同士だから、大丈夫。

そして、褒められた人は「ありがとう」って返事を返します。


これがなんだかうれしくなって、心がほっこりあたたまるのです。
言うほうも、言われるほうも、笑顔になります。


今日はこの『褒めるやつ』の中で、すごい人物相関図が出来上がりました。
なんと生き別れになっていた兄弟が再会し、喜び合うという・・・(爆)。

ああ、読んでくださってる皆さんには、意味がわからないですよね?
ごめんなさい。でもすごい感動的だったんですよー!
これは、その場にいなければ体験できません。


毎回ドラマの生まれる【OHカードで遊ぼう!】、どうぞ体験しに来て下さい。
今日も楽しかった(*^-^*)。
ご参加の皆様、ありがとうございました。



---------------------------------------------------------

ご感想をいただきました。

●OHカードで遊んでみて感じたことをお書き下さい。

個人セッションでは体験することができない、
他の人の感じたことをみんなで一緒にシェアする機会がもてたこと。
内側で感じていることをカードを通してみることができ、
日々の生活に良いヒントがもてました。
   
(OHカード個人セッション経験者・Aちゃん)


ありがとうございました。



ひとりごと:
いつも写真を撮るのを忘れてしまいます。次回こそ~!


テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

税務署に行って来ました

『開業届』というものを、税務署に提出してきました。

自営業になってからもう15年ほど。
ですが、開業届け? 出した覚えがない・・・。

そしてそんなものが必要とも知らずに、
2年前からこのカウンセリング関係の会計も、
もともとの仕事と合算して申告していたんですよね☆


もしかして、すごくマズいことをしてたのかしら?
何かペナルティがあったらどうしよう(-_-;;;)。

と、悶々しててもしょうがない。税務署へGO、です。
年が明けたら21年度の確定申告もあることだし。。



窓口のお兄さんお二人にこれまでの経緯をお話して、調べてもらいました。

すると、もともとのデザイン業のほうも、なんとなく流れで(!?)、
白色から青色へ移行し、開業届なるものは提出しておりませんでした。

でも、特別問題はなかったらしく、
「今この場で、両方とも届け出されますか?」と聞かれました。
でも、「デザイン業は何年何月何日に開業したか?」なんて、もう全然わかりません。
初めは趣味みたいなものだったし☆

それでまあ、デザイン業はもういいわ。
15年あまりの既成事実があるし~(^-^;)。
と、いうことで、現在の本業のほうだけ提出することにしました。


開業日もその場で考えて決めたんですけど、そんなものなのか・・・?
(法人ならこんないーかげんな決め方出来ないだろうけど)

で、平成19年11月1日を開業日にしました。
1並びで覚えやすいから。

わお、開業からすでに2周年!(笑)



でも、改めて開業届を提出して、ちょっと身の引き締まる年末でした。


来年は、やりたいことがいっぱいあります。

とくに最近とても相談の多い、ウツや不登校のお子さんのこと。
そのことで心を痛めているお母さんのケア。

少しずつでもカタチにしていけたらな~と思います。




税務署の方って、親切ですね☆
お手数をおかけしました。
ありがとうございました。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

温泉だー♪

温泉っていいですよねぇ。。

今晩は登別に一泊・・・(*^-^*)。
日帰り温泉もいいけど、やっぱりビール飲んでそのまま寝ていいって、最高です♪

今日の仕事は早々に切り上げて、お食事前にひと風呂浴びよう。
と、いうわけで本日午後から電話に出ません!
ご了承下さい☆




--------------------------------------



実は、この日は誕生日☆


ハッピーバースデーを歌ってもらうなんて、いったい何十年ぶり!?

キャンドルつきのケーキを吹き消すなんて、これまた何十年ぶり!?


なんだか神様からご褒美をいただいたみたいな、しあわせな一日でした。


biarthday.jpg

帰って来たら、「おめでとうメール」がたくさん届いていて、
一通ずつお返事を送りました。

大切な友達に、心からありがとう!です。




今、ゴンがいなくなってしまったことだけは、たとえようもなく淋しいけれど、
ここまで生きてくれたことに感謝しています。

去年でも、一昨年でもなく今年まで生きてくれた。
きっとわかっていてくれたんじゃないかと、私は思っているのです。

去年までのいつの時点であっても、きっとこんなふうに見送れなかったから。


私の人生の節目をちゃんと見届けてくれて、ありがとう!



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

奇跡

その人が生きている。

それは奇跡です。



電話をかけたら、
その人に繋がる。

手を伸ばせば触れられる。

抱きしめる。

話し合う。

見つめ合う。



どれも、肉体をもって
生かされているから出来ることです。

『魂』という目に見えないものが、
確かにある・・・と私は信じています。

でもその『魂』が肉体に宿って
いるうちにしか出来ないことは、
どれほどに素晴らしいものだったのか。



ケンカや無視だって、
相手の肉体がなければ出来ないのです。



今ここで別れて、それが
その人との最期の瞬間だったら・・・?

そう思って相手を見てみて下さい。

大切にしなくてもいい人なんて、
ひとりもいないのです。




ある人との和解を、
ある人への謝罪を、
ある人への感謝を、

後回しにしないように。




あなたにとって大切な人が、
今も生きていてくれるのなら。





ゴンに会いたいな・・・。




テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

これは!

徒歩1分・プールブールで買ってきたガトーショコラです。

cake.jpg


これは、下手なケーキよりも美味しい!

『さっくり』した表面の軽~い口あたりに「おっ」とびっくり。
それから、中のしっとりとしたチョコレート生地・・・美味し~い!

「軽くて甘さ控えめがいいんだけど、濃厚なチョコも味わいたい」
というワガママに見事に答えてくれるお品です。


クリスマス柄のカップに入っていますが、
ぜひとも定番商品にしていただきたいです。

今日も買いに行ってしまいました☆
でも1個しかなかった・・・(T-T)。


「もうないんですか~?」と聞いたら、
別のカップに入ったものを出して頂き、5つ購入(^^)。



サク・サク・しっとり♪
フォークよりスプーンでいただいた方が良いかもしれません。

求む!定番化!!



テーマ : おすすめスイーツ♪
ジャンル : グルメ

Merry Cristmas !



クリスマスを、皆さんはどんな過ごし方をするのでしょう。
やさしい一日でありますように。





テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

こんな講座が欲しかった。

『すてきな恋愛をするために。まずは自分を大好きになることから』講座
『親に対して素直になれない自分。もてあました気持ちをどう表現したらいい?』講座
『あの人がわからない。学校や職場の人間関係で困った時』講座
『悲しい時や落ち込んだ時のイヤな気持ちとのつき合い方』講座



「学校時代にこんな授業で教えてくれてたら・・・、
私たち、こんなに苦労しなくてもよかったかも知れないですよね~」



と、クライアントさんと笑い合いました。




『より良い恋人・夫婦関係のために』なんて学科は、もちろんなかったでしょう?

学校でも家庭でも教えてもらっていないのに、

 まあ、家庭が唯一学べる場所ですが、
 ご両親だってそんなことを誰からも学んでいない・・・
 見よう見まねなわけですから・汗


私たちは手さぐりでこの難題に取り組んでいるのが現実です。


そして、今、夫婦関係や親子関係に悩んでいらっしゃる方の多さ。
私だってそうだったんです。

そんな、誰も教えてくれなかったことを、
カウンセリングは、親切丁寧にマンツーマンで教えてくれました。
だから、もっと気軽にカウンセリングを利用してもらえたらな~と思います。

でも、カウンセリングの敷居(イメージ?)は相変わらず高いらしい☆

 精神的に病んでいる人が行くもの
 自分の心の中を分析されるのが恐い、など

 
 


・・・ので、来年度は上に書いたような、
気軽に参加出来る【ミニ講座】を、たくさんやろうと決めました。




テーマはいろいろあるのだけど、
今年何度も話があった『不登校』、『夫婦関係』が気になっています。

『不登校の子供を持つ、悩めるお母さんのために』とか、
『結婚10年目、どうしてやさしくなれないの?』とか、
『世間話が上手に出来ない話下手さんのコミュニケーション』など(^^)。



もちろん、OHカードも使いますよ~(^-^)/
OHカード好きのみなさん、ご希望のテーマをお寄せ下さいませ。

他にも「こんな講座があったら」というリクエスト、お待ちしております。



メールはこちら(24時間以内に返信いたします)

電話はこちら(9:00~18:00)



テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

「自分が正しい」って思う時

「自分が正しくて、
相手が間違っている!」
って思ったときに、
どれだけ踏みとどまれるか。

「自分が正しい」って思う時には、
きっと1万通りは、
他の『正しさ』がある。

だって、その『正しさ』は、
『私にとって』だから。

主語を何にするかで、
180度反対の『正しさ』
だってあるってこと。



だから、
『自分の』正しさで、
相手を責めないこと。

『相手の』正しさも、
聞いてあげること。

それから、二人ともが 
“楽しい” 方向を探すこと。

それには、
『こうでなければならない』
という執着を捨てること。

『それもいいかもね』
という目で、見てみること。



『正しさ』で、たとえその場は
あなたが勝ったとしても、
それは、あなたには
何の得にもならないことが多い。


負けた相手はイヤな気持ちになるし、
あなたに対して恨みを抱くことも
あるかもしれない。



『相手に勝つこと』のメリットって
どんなことがあると思う?

相手より上位に立つ。
相手をコントロールする。
相手を牽制する・・・

こうしてみると、まるであなたは
“恐れている”みたいだ。

上位に立たれることを。
コントロールされることを。
押さえ込まれることを。



だから、自分が先に相手を刺す。



本当に正しいことに確信があるときは、
違うことを言っている人がいても、
気にならない。


例えばだけど・・・、
「地球は平らな円盤だ」と言う人が
いても、あなたは平気だと思う。

怒りもわかないだろうし、
どうにかして分からせなくては!
とも思わないだろう。


でも『怒りを感じる正しさ』ならば、
『相手に分からせなくては、
と感じる正しさ』ならば、

それは、
ひっくり返される恐れのある正しさだってこと。

だから必死になって、
『勝とう』とする。

自分の『正しさ』を守ろうとする。


でも、本当のところは、
その『正しさ』がひっくり返った
ところで、別に何も恐いことは起こらない。

あなたの価値もまったく変わらない。
支配もされない。


でもあなたは、過去にある人
支配されて苦しんだことがある。
だから恐い。


『正しさ』の裏に潜んでいる
、『恐さ』を見据えてみよう。

そして『正しさ』で相手に
詰め寄るのではなく、
『恐さ』をそっと打ち明けてみよう。


相手にある人
投影していることに気づこう。

その人は全く別の、あなたを
大切にしてくれる人かもしれないから。


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

やさしくない(T-T)

<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
(2004/04/08)
山田 真哉

商品詳細を見る


図書館でこの本を借りてきました。

基本一日一冊ペースの私ですが、これはまだ1/10くらいしか読んでません。
いえ、読めません(T-T)。





テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

多面体の自分と仲よくなるには

ある人の評価が、
コロコロと変わる人がいる。

初めは、まるで崇拝しているかの
ような持ち上げ様だった相手を、
数日後には「恩知らずの最低の人間」
などと罵倒していたりする。



これは『投影』という
心理的な自己防衛機制が、
極端に働いている状態。

本人は、
目の前の相手が自分に敵意を持っている
かのように感じて、
自分の怒りは正当である、と、
怒りを表明する。


でも本当は、
その人自身の潜在意識が、
相手に対して感じている
ネガティブな感情を、
本人が自覚してしまうと、
自分が責められるように
感じているために、
自己防衛として『投影』を使っているのだ。


本人が、絶対に感じたくない
感情ってなんだろう?

たとえば、嫉妬心羨望敵対心罪悪感劣等感・・・。

自分でこれらを感じてしまえば、
とってもイヤな気分になるし、
こんなネガティブな感情が
自分の中にあるなんて、
絶対に認めたくないもの。

だから、『抑圧』する。


でもその人が抑圧している感情は、
どうしても上がって来る。

それは罵倒している本人の
言葉を聞けばわかる。

人の語ることの90%は、
自分のことだからだ。

「あの人は卑怯だ。許せない!」
と言う人は、自分の中にある
卑怯な一面を抑圧している。

「あの人は失礼だ。許せない!」
と言う人は、自分の中にある
失礼な一面を抑圧している。

「あの人は冷たい。許せない!」
と言う人は、自分の中にある
冷たい一面を抑圧している。


これは言い換えると
『私にはそんな一面はありませんよ!』
と、周囲に知らしめようとしているんだ。


そして、もしその卑怯な面、
失礼な面、冷たい面を、
誰かに知られたら、
決して許してもらえないとも感じている。


なぜって、自分が
『そういう人は許しません!』
と言う人だから。

他人もきっと、自分の中の
それらの面を許さないに違いない、
と感じてしまうから。






私自身、どれほど『投影』で
人を責めて来たか、と思う。

いい加減な人が許せない。
軽薄な人が許せない。
要領のいい人が許せない。
ずるい人が許せない。
ケチな人が許せない。
『女』を前面に出す人が許せない。


ううっ。
・・・いっぱいありすぎて書き切れない(T-T)




これらを自分のものとして
受け入れるのは、とっても勇気がいる。


でも、一個ずつ手に取って、
「ああそうだよね~、
そんなとこあるよね~、わかるよ」
って受け入れるほど、私は人と
上手くつき合えるようになっていった。


同時におおざっぱで、
い~かげんで、お気楽な自分を
発見していくのも楽しかった。

もう15年来一緒に仕事をしている人が、
「あんた、ほんっとに変わったねー」と、
笑う。


人間は多面体。

『誰でも同じようにそんな一面を
持っているもので、自分だけじゃない・・・』

『たとえ自分の中のネガティブな
面が暴露されたとしても、
私を好きでいてくれる人はいる』

って、ことが分ってからは、
ずいぶん楽になった。

だって、(あんまり)人を
責めなくてよくなったから。


人を責めてるときの自分の心の状態
・身体の状態をイメージしてみて欲しい。


手はぎゅうっと握りしめられている。

心の中はものすごい不快感が
激しく渦巻いている。

心臓はバクバクと激しく脈打っている。
口が乾き、ノドが締め付けられる。

気持ちがいいはずがないし、
健康的じゃない。

そして、何より人間関係に
悪影響を及ぼしてしまう。



相手はあなたの想定とは違う反応を
したのかもしれない。

あなたの言って欲しかったこと
とは別のことを言ったのかもしれない。

でも、それは相手が本当に
あなたを攻撃しようとしての
言動なのかどうか?




そんな時に、

『ま、それはないでしょう♪』

と、思ってしまうのはどうだろう?



自分は相手に攻撃されるような
理由は思い当たらないな~と、
感じているのなら尚更だ。

(ココにはパラドックスが隠れているけど☆それはまた別の機会に)



相手の言動には
何か理由があるはずなのだ。

だから、やさしく聞けばいい。

「あのとき~~したのは、
どうして?」って。


そして相手が本当に、理不尽に
自分を攻撃して来る人ならば、
その時は離れればいい。

そうでないなら理由がわかって、
「なーんだ、そうだったの」で終る話♪



そして、自分の日常で
『信じていた人に裏切られた』とか、

『とても好きだった人が、
ある時に大嫌いになった』とか、

『誰を信じていいのかわからない』
なんて感じることが多い人は、

やっぱり、人と良い関係を
長く続けることが、困難に
なりがちなクセがあるのかもしれない。


私もずっとそうだったし、
生きることが辛くて、
淋しくて仕方なかった。

でも今は、
かなり楽しく生きていける。
大好きな友達がいっぱいいる。

少なくとも、このくらいは
楽に生きられるようになるよって、
自信を持って言える。

カウンセリングに出逢って、
私は本当に生き返ったと思っている。

死ななくて良かった、とも。





それで、

結論は何を言いたかったのかというと・・・

誰かを責める人は、苦しんでいる

ってこと。



しあわせでなにもかも上手く
いっていてハッピー♪ 
って人は、人を責めない。

(責めようとも思わない)でしょ?


だから、
その(怒りで覆い隠している)
自分の辛さや淋しさを、
ちゃんと見てあげる。

ちょっと勇気はいるけど、
実際にはそんなに大変じゃない。

それよりこれから先の人生が、
とっても楽しくなるから。


多面体の自分と、
たくさん出会って、好きになる。

ネガティブな面があるほど、
ポジティブな面も
いっぱいあるって気づくから、
自分が好きになっていきます。



すると、何かあっても

『ま、それはないでしょう♪』

なヒトに、いつの間にか
なっている自分を発見します。



その時はもう、きっとしあわせです。




関連記事:自戒
     「自分が正しい」って思う時
     その『クセ』はあなたをしあわせにしてくれますか?




テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

ミュートする

誰かを責めている人がいるとします。

どんなに酷いことをされたか、

どんなに分からず屋か、

どんなに理不尽か、

どんなにイヤな人かって。



それを聞くのは辛いことだけど、

もしもそれがテレビ画面だったら
・・・と、イメージして、

リモコンで声のボリュームを下げて行きます。



どんどんボリュームを下げて、
声が聞こえなくなりました。

そうしたら、その人の顔をよく見ます。






その表情は、

まるで、泣きたいのを我慢して
いるように見えませんか?


テーマ : こころ
ジャンル : 心と身体

ブックリスト2009

2009年1月(4)

運命は変えられる―納税日本一億万長者が語る(CD付き)
 /斎藤一人/★★★★★

私は神!―リズ・ブルボー自伝
 /リズ・ブルボー/★★★★★

釈迦の教えは「感謝」だった
 /小林正観/★★★★★

クリエイティング・マネー―光の存在オリンとダベンが語る豊かさへの道
 /サネヤ・ロウマン、デュエン・パッカー/★★★★

2009年2月(5)

あなたは誰?―すべてを引き寄せている〈自分〉をもっと知るために
 /リズ・ブルボー/★★★★★

ここ―食卓から始まる生教育
 /内田美智子・佐藤剛史/★★★★☆

心を軽くする言葉-宇宙を味方の「か・が・み」の法則
 /小林正観/★★★★☆

 客家大富豪 18の金言
 /甘粕正/★★★☆

 癒されながら夢が叶う! 問題解決セラピー
 /矢野惣一/★★★★


2009年3月(14)

まじめをやめれば病気にならない (PHP新書)
/安保徹/★★★★★

エニアグラム 9つの性格物語―エニアグラムで癒される!あなた自身の気づきの物語
 /鈴木秀子/★★★★

 一瞬で心をつかむできる人の文章術―1日たった15分10日間で上達!
 /高橋フミアキ/★★★

 お金儲けセラピー (〈ムック〉の本)
 /斎藤一人/★★★

1/4の奇跡―もう一つの、本当のこと
 /入江富美子/★★★★☆

本当のことだから―“いつかのいい日のため”の宇宙の秘密
 /山本加津子/★★★★☆

エニアグラム 9つの性格物語―エニアグラムで癒される!あなた自身の気づきの物語
 /鈴木秀子/★★★★☆

 なぜ人は神頼みするのか?
 /佐藤康行/★★★★

 アダルトチルドレン 恋愛・結婚症候群―「自分探し」の処方箋
 /中村延江/★★★★

人生には何ひとつ無駄なものはない (朝日文庫)
 /遠藤周作・鈴木秀子/★★

光と影の法則
 /心屋仁之助/

「き・く・あ」の実践―今すぐ幸せになれる方法
 /小林正観/★★★★★

 北欧コペンハーゲンの子ども部屋
 /ジュウ・ドゥ・ポゥム/★★☆

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分
 /比田井和孝・比田井美恵/★★★★★


2009年4月(4)

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード
 /苫米地英人/★★★

ちょっとした習慣であなたの人生は変わる ―思いのままに望みが叶い、最高の自分を手に入れる!
 /佐藤富雄/★★★
 
アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
/和田文緒/★★★★★

斎藤一人大宇宙エネルギー療法―無償の愛の奇跡の連発!
/柴村恵美子/★★★★★


2009年5月(3)

ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力
 /安保徹/★★★★★

 微光のなかの宇宙―私の美術観 (中公文庫)
 /司馬遼太郎/★★★

 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
 /石川拓治/★★★★★

2009年6月(2)

歎異抄 (講談社学術文庫)
 /梅原猛/★★★

壁 ~カリスマ・セラピストが教える!どんな壁も乗り越えることができるセラピー~
 /石井裕之/★★★★★


2009年7月(11)

心にズドン!と響く「運命」の言葉
 /ひすいこたろう/★★★★

富を手にする『ただ一つ』の方法
 /ウォレス・ワトルズ/★★★☆

オーラの素顔 美輪明宏のいきかた
 /美輪明宏/★★★★

幸せになる9つの法則
 /鈴木秀子/★★★★

モモ
 /ミヒャエル・エンデ/★★★★

 検索は、するな。
 /安田佳生/★★★

 人生の贈り物
 /アレックス・ロビラ/★★★☆

 奇跡の脳
 ジル・ボルト・テイラー/★★★

 私が出あった世にも不思議な出来事
 /鳩山幸・池田明子/★★★★

 会話から始めるコーチング
 /伊東守/★★

 次の地球へ
 /関野あやこ/★★


2009年8月(9)

自分の居場所の作り方~仕事とプライベートがうまくいく!認められるための18の方法~
 /森下裕道/★★★☆

あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 ~傷ついた心を癒す恋愛セラピー~
 /阿妻 靖史/★★★★★

 人に優しくされる技術 (中経の文庫)
 /にらさわあきこ/★

運命を拓く―天風瞑想録
 /中村天風/★★★★★

一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想
 /佐藤康行/★★★

「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか
 /石原結實/★★★★★

「遺伝子とサムシング・グレート」は教える―こころが元気になる偉大な力
 /村上和雄・佐藤康行/★★★★

母から学んだ、きちんときれいな暮らしかた
 /丹生谷真美/★★★★

 新訂 福翁自伝 (岩波文庫)
 /福沢諭吉/★★★


2009年9月(6)

 世界が愛した日本
 /四条たか子/★★★★

お客のすごい集め方
 /坂尾圭司/★★★★★

 出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!
 /中村文昭/★

 仕事で大切なこと
 松下幸之助/★★

 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
 /斉藤正明/★★★★☆

 樹木たちはこう語る
 /ドロシー・マクレーン/★★★


2009年10月(10)

死んで私が体験したこと―主の光に抱かれた至福の四時間
 /ベティー・イーディー/★★★★★

新・自分で治す「冷え症」 (マガジンハウス文庫 た 1-1)
/田中 美津 /★★★★

 すべてを味方 すべてが味方
 /小林正観/★★★★★

 非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書)
 飯間浩明/★★

 マスターの教え
 /ジョン・マクドナルド/★★★

 リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)
 /木村秋則/★★★★

 上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え
 喜多川泰/★★★☆

 マーフィー 眠りながら巨富を得る―あなたをどんどん豊かにする「お金と心の法則」
 /ジョセフ・マーフィー/★★★☆

斎藤一人のちょっとしたこと大切なこと
 /小俣和美・小俣寛太/★★★★★

あなたの心が光でいっぱいになる本
 /鈴木秀子/★★★★★


2009年11月(3)

すぐにケータイをかけなさい!~頭でわかっていても、なかなか行動できない人を、「すぐやる人」に変える50の方法~
 /井上裕之/★★★

逃(TAO)―異端の画家・曹勇の中国大脱出
 /合田彩/★★★★☆

日々の暮らしを楽にする
 /小林正観/★★★★★


2009年12月(10)

宇宙人生 幸せ人生の究極法則
 /佐藤康行/

「損する生き方」のススメ (Forest 2545 Shinsyo)
 /石井裕之×ひろさちや/★★★★

 「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に"大切な人"を間違えるな (DAIWA SELECT)
 /加藤諦三/★★★★

普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
 /磯部 潮/★★★★

クレンズの魔法―母たちが娘に伝えてきた秘伝の幸福書
 /田口ランディ/★★★★★

 「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~
 /野崎美夫/★

 天使の世界へようこそ!
 /越智啓子/

大丈夫!うまくいくから―感謝がすべてを解決する (幻冬舎文庫)
 /浅見帆帆子/★★★★

9割の病気は自分で治せる (中経の文庫)
 /岡本裕/★★★★★

 <女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
 /山田真哉/★★★★



今年新しく読んだ本/81冊

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

心の痛み、身体の傷み。

「すべての病気に、微生物の活動が関わっています。でも、覚えておいて下さい。微生物はただ、自分のすべきことをしているだけです。酸性の状態を作り出した食べ物こそ、真の原因なのです」

「このことを完全に理解して下さい。人間はアルカリ性の高いエネルギー状態にあるか、酸性、つまり体内に澄む微生物と外部からやって来る微生物に、分解してもいいよという合図を送っている状態にあるかのどちらかなのです。病気とは、まさに私たちの身体の一部がくさることです。私たちがすでに死んだという合図を、周りの微生物に送っているのですから」

人生を変える力―第十一の予言からの抜粋です。



今年はひどい風邪をひいたり、
胃腸の調子を崩したり・・・と
体調はいまいちでした。

いかんいかん、
微生物に分解されちゃう前に、
身体を造り直さなきゃ~(-_-;;;



本では、
酸性のカスを残しやすい食べ物を、
肉、小麦粉、菓子類、アルコール、
コーヒー、甘い果物、しつこいもの、
加工しすぎたもの、甘いものなど・・・、
としています。


これらは、緩慢な分解を
進める環境を作り出して、
長い年月をかけて
私たちに害を与えるのだそうです。


そして、アルカリ性の食べ物は、
緑のもの・新鮮なもの・
活きのいいもの、
野菜やそのジュース、
緑の菜っ葉類、もやし、
若芽、アボガド、トマト、
グレープフルーツ、レモンなどの
果物などと書いています。



↑ 特に目新しい情報ではありません。

TVでも、本でも、インターネットでも、
しょっちゅう目に飛び込んで来るようなこと。

なんですが、このような食生活が
出来ていたかというと、否です。

改めてもう一度、
身体を見直す時期に
入ったみたいです(自分的に)。


そういえばこの10年くらい、
自分の身体を見返ってあげる
余裕がない時期も多かったなぁ。

それでもよく頑張って
大病しないでこれたことに感謝。

身体よりも心の方が痛みが強くて、
そっちを治すことにばかり
ウェイトを置いていた。

その間、身体は黙って
耐えてくれていたんだよね。


身体にいいことの基本は、
心が明るく穏やかなこと。

それから次に、
やっと行けるようになった、
ってところでしょう。

アロマ、整体、マクロビ、
ヨガ、鍼、マッサージ・・・
あらゆる身体に良いことが、
世の中にはいっぱいあって、
素晴らしい先人がたくさんいて、
情報がすぐに手に入る時代。

だけど、それを
手に取るかどうかは自分次第。

どれを選ぶか、何が私に必要なのか、
自分にききながらゆっくりと。




「幸いなことに、たとえ身体がすっかり酸性になっていて分解し始めていても、もし栄養を改善してアルカリ性の高エネルギー状態にすれば、その状況を変えることができます」


おお、有り難いことです♪

微生物さん、
まだやりたいことがあるから、
分解するのは待ってください。


2010年は、身体改革も
ひとつの目標にしていこうと思います。



2009年、残すところ
今日一日となりました。

今年一年、
新しくご縁を頂いたみなさまも、
これまでも親しくおつきあい
いただいているみなさまも、
本当にお世話になりました!

ありがとうございました。

来年度もまた、あなたに
お会い出来るのを楽しみにしています。

良いお年をお迎え下さい。

皆様の幸福とご健康を、
心からお祈り申し上げます。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード