fc2ブログ

気に入らなくてもいいのです

今、しあわせですか?
「しあわせです」って、言えますか?

ためらってしまう人は、何が原因だと思いますか?
今、しあわせでない毎日を我慢しているのはなぜですか?

「○○が変われば、きっと今よりしあわせになれる」と、想っていませんか?

○○には、
パートナー、上司、部下、子供、親、環境など、いろんなものが当てはまります。

でも、あなたの力でそれらの対象が変わるのはいつですか?
それは本当に変わるのでしょうか?
一体いつ、あなたはしあわせになれるのでしょう?

「○○が変われば…」というのは、今の○○が気に入らないということです。
あなたは、
 今の夫(妻)が気に入らない
 今の上司(部下)が気に入らない
 今の子供(親)が気に入らない…と、言っているのです。

その人の今の在り方を、否定しているのです。
否定の感情は言葉や態度にどうしても現れます。
「今のあなたは良くないから、変わりなさい」
そんなメッセージが、無意識のうちに相手に伝わっています。

「今のあなたは良くないから、変わりなさい」と言われたら、
あなたは素直に自分を変えることが出来るでしょうか。

思い出してください。
あなたはきっと子供の頃に、
このようなメッセージをご両親から受け取ったことがあるはずです。
そして、とても悲しく辛かったのではないですか?



いつ変わるか分らないものにエネルギーを注ぎ続けること。
それは注ぐ方も、受ける方も、どちらもとても辛いのです。
エネルギーを注いだ方は、自分の労力と同等かそれ以上の見返りを期待してしまいます。
注がれた方は、例えその人なりの進歩があったとしても、
注いだ側の認定ラインを超えない限り、評価してもらえません。

あなたの目的はいつのまにか「しあわせになる」ことではなく、
「相手を変える」ことにすり替わってしまっています。
そして、もしも念願かなって相手が変わったとしても、
あなたが確実にしあわせになれるという保証はありません。


いつか来るかわからない未来のしあわせに、
あなたはこのかけがえのない人生を賭ける覚悟が出来ていますか?
「相手を変える」ことに、人生を費やして良いのですか?

しあわせは、『今ここ』をどれだけ味わえるか、です。
あなたが未来の希望を生きているのだとしたら、
今この瞬間を生きていません。

それでは、あなたの想定した未来が『今』になったとき、
あなたはそこには居ないでしょう。
今度は、しあわせな『今』を、いつ失ってしまうのかという、
未来の怖れに苛まれるからです。
または、新たな「○○が変われば…」が生まれてしまうからです。

今目の前に居る人の在り方を、どうぞ認めてあげてください。
彼等は、あなたと同じく学びの途中なのです。
たとえ好きになれなくてもいいから、その人やものの在り方を認めるのです。
「そういうこともあるよね」って。
そして、それらを認めたくないって駄々をこねる自分自身の心にも
「そういうことってあるよね」と。

自分以外の人をありのままに受け入れる。
自分自身をありのままに受け入れる。
そうすると、『気に入らない』かもしれないけど、『気にならなく』なってきます。
『気にならない』というのは、
あなたの人生から『気に入らないもの(人)』が減ったことになります。

生きるのはきっと、少しラクに楽しくなってくるはずです。






テーマ : 自分にできる事から
ジャンル : 心と身体

崖っぷち

人生の崖っぷちに立つような経験なんて、誰だってしたくない。
だけど、自分が何かを乗り越えて来た時のことを思い出してみて欲しい。

きっと、崖っぷちに立たされて、もう他に選択肢がなかった時だと思うんだ。

状況としては、
背後には燃え盛る炎、または獰猛な獣か槍を持った原住民(?)。
目の前は崖。
そして、はるか下の方に見える海…。

今までいろんな人に聞かせてもらった崖っぷち話は、
最後『思い切って飛んで良かった』って終わる。
『あの時飛ばなかったら、今の私はいません』って、みんな言う。


じゃあ、崖っぷちってシチュエーションは、
臆病な私たちが、『えいっ!』って飛ぶために用意されているのかもしれないね。
それっくらいの状況にならなきゃ、私だってきっと無理だった。

そして、後悔はしていない。
感謝はしてるけど、ね。


テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

点と線

私たちは、私たちの心は『安定』を求めます。

よくわからないことや、知らないことは、なんだか怖く感じてしまいます。
だから、何か理由を付けて、自分の納得するような落としどころへ、
物事を落とそうとするクセがあります。

そうして『安定』しようとするのです。

ある朝、「おはようございます」と挨拶したのに、上司が振り向きもしなかった。
これが第一の“点”。
また別の日に、上司に声をかけたら、上の空の返事をされた。
これが第二の“点”。

ど、どういうこと?
私なんか悪いことしたの?
どうしよう…、嫌われてるのかもしれない(>_<)。
これが、点と点を結ぶ“線”。

“点”は単なる事実ですが、“線”はまったくもって『妄想』です!

それなのに、私たちは点と点を線で結び、結論を作り出します。
「あの人は私をいつも無視する。だからきっと私を嫌ってるんだ」
ついでに、たった二回の事実がいつもと、格上げになっています(汗)。

本当はあの朝上司は奥さんとケンカして来て、
とても冷静になれなくて困っていたかもしれない。
上の空だったのは、トイレに行きたくて急いでいたからかもしれない。

現実って案外こんなものだったりします。
それに、その時のその人の気持ちなんて、本人以外正確に知ることなんて不可能なのです。
(厳密に言うと、本人ですら自分の感情を正確に把握しているとは言いがたいものです)


さあ、三回目にあなたはまたその上司に出くわしました。
今度は、あなたの方がなんだかよそよそしく、小さな声で挨拶をして、
目を合わせないように通り過ぎてしまいました…。
(はい、ココであなたの言動は上司にとっての“点”になりました!
 上司はどんな線で点と点を結ぶでしょうか…!?)


「ああ、やっぱり私はあの人が苦手だ」
こんなふうに自分を納得させることで、
よくわからない上司との関係を『安定』させてしまいました。

これはあなただけがやっているのではありません。
相手もいろんな場面で、同じように点と点を線で結び、
「あの人は~だから…」と、自分を安定させようとしてしまうとしたら?

あなたも誤解を受けていることが、たくさんあるかもしれませんよ。

『安定』はこの場合、あんまり良い働きをしていません。
だって、安定してても楽しくないですもの☆

もし、「これは『安定』させているだけで、ホントは違うのかも」と気付けたなら、
それはチャンスです。
あなたが「良く知っている」と思っている人ほど、本当はよくわかっていないのです。
ニュートラルな目で、もう一度その人を見てみてください。

人はそんなに恐いものではありません。
あなたはそれほどカンタンに嫌われる人でもありません。
点と点を敢えてホジティブな線で結んでみるのも、ゲーム感覚で面白いですよ。

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

メールカウンセリング有料モニター募集中!

当店の裏メニュー(?)だった、
メールカウンセリングの有料モニターさんを募集いたします。

対面や電話のカウンセリング後のフォローなどで、
メールでのやりとりをさせていただく機会が増えてきました。

クライアントさんが、自分の悩みを文章に落とすことで問題が整理されたり、
こちらからのお返事も何度も読み返して理解を深めて頂けたり、と
手軽なツールながらも、メリットはたくさんあります。
ですが…、
お返事をどこまで掘り下げるか、など毎回悩んでしまうため(-_-;)、
メールカウンセリングのご希望は以前から頂いていたのですが、
メニューには載せておりませんでした。

内容はかなり濃い目です(^-^;)。
体験してみたいと思われる方、お待ちしております。


☆今回はメール2往復・モニター価格3,000円
☆募集人数2名様
☆原則パソコンのメールでやり取り出来る方


メールカウンセリング有料モニターお申込みはこちら


テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

理想を疑ってみること

生きているだけで、私たちは『悩み』が尽きません。

で、悩みって具体的にはなんなんだろう?
それは、「こうありたいライン」と「現状のライン」の間に、
ギャップがある状態を言うようです。

こうありたいライン

          ↑
     この間のギャップの存在が“問題”
          ↓
現状ライン


この現状ラインを、
こうありたいという理想のラインまで持って行くにはどうするのか?
というのが問題解決なわけですが、
いろんなお話を聞いていて、まず『こうありたい(理想の)ライン』そのものが、
妥当なものであるかどうか?の、方が重要じゃないかと思います。

『こうありたい(理想の)ライン』が、
過剰に高かったり、ゆがんでいたりすると、
このギャップを埋めようとする行為そのものも、健全でなくなる場合があります。

あなたの中の「こうあるべき」を、まず見直してみること。
すると、今まで問題であったものが、問題ではなかったことに気付くことがあります。
現状は何も変わらないのに、問題は消滅してしまうのです。

ものごとを、過大評価するでもなく、過小評価するでもなく、
ありのままの等身大のサイズに受け止めてみる。
その方が他人の考え方や環境などを変えようとするよりも、
ずっと早くて、しかも自分も他人も傷つけない方法かも知れません。

あなたの「こうであるべき!」に、
“それは本当?”と、問いかけてみてください。


テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

テレパシー

どんなときもね、こころとことばがケンカしていないか、
ちょっと立ち止まって確認してみて。

あなたが、だれかに伝えたかったことが、
そのことばで本当に伝わるように表現されているか、
紙に書いてみるといいかも。

ほんとは淋しいのに、
「あなたたなんてもうどうでもいい!」って言ってしまったり、
「どうせあなたは私のことを理解してくれない!」なんて言い方をしたり。

ね、このセリフから“淋しい”を読み取ってよ!、というのは、
「テレパシーで私の心を読んで行動しなさい」って言ってるのです。

自分の中で、もうすでにこころとことばが行き違っているのに、
それを他者に「理解するべきだ!」と迫るのは無理があります。


「連絡がなくて、淋しかった」
それが本心なら、飾らず、問題をすり替えず、
ありのままに伝えてみてください。

もし、ありのままの本心を伝えることが、怖いと感じるのなら…、
“怖い”の元を自分の中に探してみる必要があるかもしれません。
それを、“相手が怖い”に置き換えてしまわないように。

答えはあなたの中にあるのであって、
相手の中に、相手があなたを理解することにあるわけではないのです。


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

リハビリの悪夢

肩が痛くて目が覚めたのは昨夜。
その前からちょっと違和感は感じていたのだけど、
これは放置してはおけないな~、と、整骨院に行ってきました。

「五十肩だね」とI先生。
「やっぱりぃぃ?(T_T)」

少し言い訳させてもらうと、20代の頃に肩関節を痛めているのです。
「そういう人はこの症状が早く出るよ」とは以前から聞いていて、
今回の痛みは、多分そうだろうなぁ、と思ってはいたんです。

あの時の肩のリハビリ、辛かったなあ…。
思い出しても泣けてくる。
先生が腕をぐぐぐぐ~っと、
もうそこでカキンって関節が止まったところから、ぐ~~~っと(ぎゃ~!)。
その時肩が『メリメリ』って音がするんですよ…。
気絶しそうでした、まじで。

だからホントに関節が硬くなる前になんとかしなくては!
と、急いで治療に行って大正解です。
まだ充分に肩関節も回ってるそうで一安心。。

しばらく整骨院通いになりそうです。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

穴あきパズル

あなたのよーく知っている人を
思い浮かべてみてください。

あの人のことはなんでも知ってる?
それは本当ですか?


私たちは誰かのことを
100%把握して理解することは、
多分不可能です。

だけど、心の中で
「あの人はこんな性格」なんて、
ちゃんと“あの人像”を持っています。


実際には、あの人についての
ほんの数ピースの事実を
知っているだけなのに、
まるですべてが分って
いるかのように。


5000ピースのジグソーパズルの、
輪郭程度しかピースを見つけて
いなくても、私たちは
穴あき部分を自分の“想像”で補って、
「あの人はこんな性格の人」と、
人物像を結ぼうとします。


その“想像”が、その人を
好きか嫌いか決めています。

知らない部分を
ネガティブな“想像”で埋めるか、
ポジティブな“想像”で埋めるか、
の違いです。



また、パズルの空白部分で
オセロゲームをやってしまう
人もいます。


Aさんは、
初めは白の“想像”ピースで
Bさんを埋め尽くし、
自分にとって理想の人物として
崇拝にも近い気持ちを抱きます。


けれども、ある時Bさんの
新たな“事実(実際のピース)”
を発見し、それがAさんの
お目金に適わなかった時には、
一瞬にして、Bさんの空白の中の
白のピースが黒へと
ひっくり返ります。


そしてAさんは、
「あの人は私を裏切った」

または
「そんな人とは思わなかった」と、
言うのです。



現実は、Bさんの事実が
ひとつ見つかっただけです。

それを良いとか悪いとか、
判断しているのは
Aさんの心です。

そしてそのひとつのピースを
悪いと判断した時、Aさんの中の
Bさんパズルは真っ黒に
塗り替えられてしまったのです。


けれども、そのパズルは
Bさんその人、
そのものなのでしょうか?

一体、そのパズルは
どこにあるのでしょうか?

答えは、
BさんはただBさんであり、
パズルはパズル。

Bさん=パズル、
ではありません。


そしてそのパズルは
Aさんの心の中に存在しており、
現実には実体を持ちません。



これほど極端な
白黒思考ではないにしろ、

私たちは自分の心の中に
作り上げた想像の人物と、

ケンカしたり、好きになったり、
駆け引きしたりします。

駆け引きは大抵の場合、
上手く行きません。


それは何故か?

あなたがシミュレーション
しているのは、あなたの中の
パズルが相手だからです。

パズルと本人は≠だからです。


あなたがよーく知っている人。

多分パートナーをイメージ
した人がほとんどでしょう。

それからもう一人…。
あなたといつも一緒にいて、
片時も離れない『あなた自身』。


あなたがあなた自身と
想っているのは、本当の姿ですか?

穴あきパズルを、
自分の姿だと
思い込んではいませんか?


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

りにゅーある

この連休は、泊まりがけのセミナーに行っておりました。

ものすごく気になる!でも高い!
それに…怖い!!

受講が決断出来なくて、最後の最後まで迷いましたが、
「迷ったら、近づけ」で、カードで支払いしてしまい…、
もう行くしかなくなり、二日間カンヅメになるため出かけて行きました。

そうして、セミナーを終えて出て来たときは、
鼻の皮が一枚ぺろりとむけた(泣き過ぎ)、トナカイ状態。
でも多分文字通り脱皮したのだと思います。

NEWになったわけですが、外見は変わってません。
マイナーチェンジです。
どう変わったのか?、それは会ってのお楽しみ♪
ぜひ愛に、いえ、会いに来て下さいね(^^)v。


人生には、何度も何度も脱皮の機会が訪れます。
それは私たちが、ものすごく辛い時。
もうこんな状態は嫌だ!
絶対に、何をしてでもこの状態から抜け出したい!!
と、いう強い想いが背中を押してくれるのです。

『ラクになれるんだったら、なんでもやります』
こんな言葉が出たときは、実は人生最大のチャンス。
そう、ピンチがチャンス。

人は怖がりだし、辛いことからは逃げたい。
でも、目の前の『もうこれ以上耐えられない』ほどの何かがないと、
崖っぷちからジャンプは出来ません。

今、あなたが辛いなら、大きなチャンスが差し出されています。

どんな人にも、辛い経験を必死の思いで乗り越えたことがあるはずです。
そして、その経験の前と後では、後の方が少しだけ、強く、やさしくなっているはずです。
「あの時にくらべたら…」と、目の前の困難を乗り越える強さをもらったはずです。

辛く苦しい出来事は、あなたを今よりももっとしあわせにしてくれるギフトです。
私たちは脱皮を繰り返しながら、成長していくのです。



テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

お茶会企画

お茶でも飲みながら、心のことをお話してみませんか?

ミンクールとかでそんなお茶会をやってみたいなー、と思っております。
自助グループは『言いっぱなし・聞きっぱなし』がルールですが、
もう一歩踏み込んで、ディスカッション形式のシェアをしたいなぁ、と。

気軽に参加出来る会費で、2時間程度。
問題をシェアしてくれる方がいれば、公開のミニカウンセリングも。
カードやワークシートなども使って、楽しい時間にしたいです♪

ご参加希望の方がいらっしゃったら、メッセージをお願いします。

今のところ、土日の日中ならいろんな人が来れるかな?と思うのですが、
希望の曜日、時間など教えて頂けたら参考に致します。

よろしくお願いします。


テーマ : 悩み解決とくとく情報
ジャンル : 心と身体

わかりたくない

しあわせになることを阻む、最大の壁は、『わかりたくない』ココロ。

あなたのしあわせを阻害していると思う誰か、のことを思い浮かべてください。
その人のことをわかってしまったら、あなたはもう恨めません。
自分の不幸の原因を、人のせいにできません。
しあわせは自己責任です。

だから、『わかりたくない』

この『わかりたくない』を手放さないかぎり、
ほんとうのしあわせは掴めません。
両手にがっちり『わかりたくない』ココロを、握りしめているのですから。

『わかりたくない』人、コト、物こそが、
あなたのしあわせを誰よりも応援してくれているんだって、
今はわかりたくないけど、そうらしい…。
そう思っておいてください。
今はそのままでも良いです。

あなたはまだ『わかりたくない』、それが現実です。
無理に『わかろう』としても、たぶん難しいです。

本当に『わかりたい』と、思うときがいつか来ます。
それはベストタイミングに。


テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

あいたたた

ちょっとハードな週末です。
仕事っていうのは、どうして同じタイミングに重なるんでしょうか?
今週は整骨院にも行けず…、なんだか五十肩が進んだ気がします。
自主的リハビリって、どーしても自分に甘くなってしまい、
痛いところで腕を逃がしてしまうんですよね。。

心の問題もそうかもしれません。
見たくなかった自分の内面と、向き合い続けること。
否定していた人の中に愛を観ること。
あいたたた、ってところで逃げ出したくなります。

それでも頑張るのは、それを乗り越えた先に希望があるから。
腕が治ったらゴルフがしたいとか、
まず痛みのない日常に戻りたいとか。

心のリハビリの先には、今までと違うしあわせのカタチがあります。
今自分の足かせになっている、あらゆる状況が変わるより先に、
あなたの心が変わる。
先にしあわせになることで、状況の変化は後から付いて来ます。

心のリハビリをする、しないはあなた次第。
でも、いつでも始められるし、遅すぎるということはありません。


来週は肩のリハビリに励みます…(T-T)痛い…。



テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

マザーワーク@札幌のご案内

開催日時:2008年10月10日
開催場所:北海道(札幌)


マザーワーク@札幌

~あの人とワタシ間にある「神話」と葛藤からのメッセージ~

--------------------------------

北海道にお住まいのみなさま、こんにちは。DAYAです。
東京で続けてきたプロセスワーク (プロセス指向心理学)のワークショップをついに札幌でも開催することになりました。 託児つきです。

子供を預けてまでワークショップの参加は・・・など今まで躊躇していたお母様にこそ、ご参加していただきたいワークショップです。 どうぞお子様連れでご参加下さい。

また、「マザーワーク」はお母さん達だけの為の ワークショップではありません。未婚・既婚・子供の有無、性別などに関係なくどなたでも参加できます。

沢山のご参加をお待ちしています!


【日時】10月10日(金) 10:00~16:30

   (約1時間の休憩をはさみながら進めます)

【参加費】7000円

【会場】ほこはうす

【定員】15名 (託児は5名まで)
【講師】DAYA http://mixi.jp/show_profile.pl?id=578137
http://www.shantidaya.com

【お申込は】石川よりまで
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=82980
   

【託児について】

託児希望の方は、別途託児料金がかかります。

お申込の際、希望時間と、お子さんの人数、年齢をお知らせ下さい。

10時~13時の間は自分と向き合う時間を確保していただくために託児をお願いしています。13時のお昼休み以降はお子様づれで参加できるようにデザインしてあります。午前中のみ託児をご希望する方は3時間コースを、集中をするために最後まで託児をご希望の方は6時間コースでお申込ください。

料金はお子様の年齢、託児時間により変わりますので、御了承ください。


託児はほこはうすさんとの連携でお願いしていますので、

託児ご希望は9/25でいったん締め切らせていただきます。


ご希望の方は、お申し込みの時にお知らせ下さい。

託児は5名が定員となっておりますので、お早めにお知らせ下さい。   



-------------------------------------------------------------------------

★★テーマ:【関係性】気になるあの人からのプレゼント★★


私たちは様々な関係性の中で日々を過ごしています。

今回のマザーワークでは「気になるあの人」、問題を感じている人、

逆にすごく惹かれる人などとの関係性の神話や、メッセージをみていきます。


パートナーや親しい友人など、気になるあの人との間に、どんな神話や夢があるんだろう?

なぜ、私とあの人は出会ったのだろう?

自分がその人に求めているものはなんだろう?

自分や人間関係に興味のある方はぜひご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★マザーワークとは?★

誰かの子供である私達が、自分の中に内在化されている母親をはじめ あらゆる社会の価値観や考え方、習慣、夢、希望などを見ていくワークショップです。

「マザー・ワーク」はお母さん達だけの為のワークショップではありません。

未婚・既婚・子供の有無などに関係なくどなたでも参加できます。


プロセスワーク(プロセス指向心理学)の アプローチを使って、

様々な自分と向き合っていく時間と空間を提供いたします。


「マザー・ワーク」は、DAYAが妊娠したときに自分と自分の母親との関係性を見つめなおし、自分の癒しと成長のためにはじめたものでした。

結局は母親との関係性にとどまらず、社会やこれまでの出来事などとのつながりをみていきながら、自分をよりよく理解し、様々なことに気づき、成長していくための広いワークと発展しました。


自分自身のあらゆる面と出会い、 それに気づいていくことで、無意識に過ごしている日常を より深く、豊かに、より自発的に、よりクレアティブに歩んで生きませんか?


少しでも多くの人にプロセスワークを日常生活の場面で使ってもらいたい!

子供がいて、自分の時間がなかなかとれないお母さんも参加しやすいように託児付のワークショップがしたい!

そんなDAYAの願いが込められています。


【会場の詳細】ほこはうす

  http://hoco.petit.cc/

【その他】昼食・お飲み物は各自持参でよろしくお願いします。

    近くにコンビニエンスストア、飲食店もあります。




==========================================================

OHカードを教えて下さった、DAYAさんのワークショップです。
地元で受けられるとは嬉しい限りです!
ご都合の合う方は、ぜひ♪

Mixiにログイン出来ない方は、こちら へお問い合わせ下さい。



テーマ : 悩み解決とくとく情報
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード