fc2ブログ

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

ゆっくり朝寝をして、カーテンを開けたら、ふんわりと積もった雪の木立の間に、真っ青な空が広がっていました。

雪はいつかとけて消えていきます。厳しい冬も、必ず終わって新しい春が来ます。

「今年は春が来なかったら、どうしよう」って心配はしないけど、今抱えている問題は、永遠に無くならないように感じてしまう時もあります。


あなたがもし、10年前とおんなじ悩みを、今も抱えているのだったら、今年はその悩みを “小さくする、軽くする”、ということにトライしてみてください。

ほんの小さなことを変えるだけで、10年後は大きな変化が起こっているはずです。小さなことを目標に、無理せず、楽しく出来ることから。


私も改めて、小さな目標を立ててみようかな…、と思っています。
一緒にがんばりましょう♪

愛の目

お正月は実家に泊まって来ました。 車で10分のところですが、携帯の電波も届かない陸の孤島です。

一応持って行ったiBookもネットに繋がらず、予定の行動はまったく出来ず☆でした。

そして、2日間。 持参した数冊の本を読み、時々寝たきりの愛犬を撫でること。 母と一緒にバラエティ番組を見て笑うこと。 父と雪かきをしながら、話すこと。

そんななんでもないことが、しみじみ有り難いと感じるような年齢になったみたいです。


実家に寄り付きもしなかった時期もありました。 両親を敵のように感じていた長い長い間、私は苦しんでいたのです。

きっとその頃も今も、両親は(根底は)変わっていないのでしょう。 変わったとしたら、それは私の心のほうです。 心が変わったから、目に見えるものが変わったんだって、今は思います。


そうすると「あの時も、あの時も、本当は愛だったんだ」と、ひとつの出来事がそう思えたら、あとは芋づる式に、 あるいはオセロがひっくり返るように、本当のことが見えて来たのです。


今目の前に見えている人やことやモノが、 “とてもそうは見えなかったとしても” 本当は愛からだった、と、 そう思って見てみて欲しいんです。



だってね、 10年経ってから「あれも本当は愛からだったんだ」って、 気付くのもいいけれど、 “今” そう思えたら、今すぐしあわせになれるってことでしょう? 10年苦しむことなく、今すぐ、愛を受け取れるようになれたら、その方がいい。


今年は“愛を(その場で)受け取る”、を目標にしたいです。
 

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

『自分をしあわせにする』

人は自分をしあわせにする
ことだけが使命です。

親もまた自分自身を
しあわせにすることに、
責任があります。

子どもは、親をしあわせに
するために、生まれたのでは
ないのです。


か弱い小さな存在として
生まれる私たち人間は、

成長するまでの間、
親の庇護のもとでしか
生きられません。


そんな小さな存在に、
自分のしあわせの責任を
“まったく無自覚に”
負わせてしまう親も、
いるのです。


その人は、身体は立派に
大人になったけれども、
心はか弱い小さな存在のままです。

そういう意味で(とても残酷に
聞こえるかもしれませんが)、
あなたには本当の意味での
親はいなかったのです。


小さな存在のまま親になった人は、
あなたと同じように、安心と安全、
そして無償の愛を
十分にもらえませんでした。

だから、愛は奪うものだと…、
誰も与えてくれる人など
いないのだ、という信念を
育ててしまいました。


だから、目の前の人
(自分の小さな子ども)から、
愛を吸い上げる行為を、
止めることができませんでした。

子どもは、生まれた時から、
無条件に親を愛しているから。

自分の命を削ってまでも、
親を救おうとしてしまうから。


今、愛に飢えているあなたは
自分の持てる愛を、
すべて親に捧げてしまった経験を
持っているはずです。

空っぽの心を、どうやって
埋めればいいのかわからなくて、
途方に暮れている、
小さなさびしい子どもです。


あなたは、今、人生の
大きな分かれ道に来ています。

このままさびしい道を
行くことも出来ます。

でも、もうひとつは
しあわせの道です。


自分がしあわせになることを、
どうかどうか許してあげてください。

自分で選んで、一歩を踏み出す
ことでしか、変えられません。

しあわせの道を行く!と
宣言してください。



そうしたらね…。

たくさんの手が差し伸べられて
いることに気付けます。

その手は、
いままでもそこにあって、
あなたが気付くのを
待っていてくれました。


どんなことも、
あなたが決めていいのです。

いいえ、あなたしか
決められないのです。


「しあわせにならない!」と、
決めていたのも、
実はあなた自身です。

不幸な自分の姿を見せ続ける
ことが、唯一の親への復讐に
なると、心の深いところで
信じていたからです。



本当は、あなたが愛に満ちた
しあわせな人生を歩む姿を
見せてあげることが、
親への最大で最高の復讐です。

あなたが苦しみの中から、
一歩一歩、
しあわせに向かって
進む姿を見てもらうのです。


しあわせになってください。

誰に遠慮することなく、
どこまでもしあわせに
なっていいんです。

不幸を選び続けることは、
両親に勝つことにはなりません。


自分に選択権がある、
ということは、
神様がくれたギフトです。


人は誰も、
自分がしあわせになる為に、
他者を必要としてはいないのです。

だからこそ、あなたが
『しあわせになる』と、
決められるのです。


親や他の誰かの愛や謝罪が必要だ、
と考えるなら、その人は自分の
しあわせを人任せにしています。

そうして、
そのことに気付くことすら、
その人に任されているのです。


両親が気付くのを待って待って待って、
…そして死んでしまったら? 

このかけがえのない人生はもう、
取り返すことが出来ません。

10年後も今と同じように
生きていたいですか? 

それとも、しあわせに
笑っていたいですか?


もう、十分にがんばったんです。

だからもう、さびしい人生で
がんばらなくてもいいんです。


『自分をしあわせにする』
そう今声に出して、
自分に言ってあげてください。

『今まで辛い想いさせて、ごめんね』
『ありがとうね。ほんとうに
がんばったね』

想いのままに伝えてあげてください。

涙が出て来たら、
気の済むまで泣いて下さい。


“しあわせ” も初めて体験する時は、
なんだか居心地が悪かったり、
訳の分からない恐れを
感じてしまうことがあります。

でも、一人で怖くなったら、
友達やカウンセラーの力を
借りてもいいんです。

そうして、明るい方、
ワクワクする方へ進んで下さい。

あなたがしあわせを感じる方向へ。


一緒に、しあわせを生きましょう。


テーマ:自分をしあわせにする  子ども インナーチャイルド 


テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード